ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

Word & Excel 2013 「Officeにサインイン」を消す方法


http://nasunoblog.blogspot.jp/2014/12/word-excel-2013-office-signin-disable.html


AMD「MODEL GA658LCIIーV01」記述のグラフィックカード

AMDと書かれていて、「MODEL GA658LCIIーV01」と記述のグラフィックカードのドライバーを調べていたら・・・

20170302_173909.jpg

20170302_173923.jpg

以下にヒントが・・・

http://okwave.jp/qa/q9109473.html

http://support.amd.com/ja-jp/download
の「自動的にドライバーを検出し、インストール」を試してみよう。


Microsoft Edge の「Webノート」

あまりいい評判は聞かないMicrosoft Edge ですが、「Webノート」という面白い機能があります。
閲覧中のウェブページにしるしを付けたり、メモを書いたりできます。

ウェブ閲覧中に右上の「Webノートの作成」をクリックします。
webnote01.png

たとえば、一番左の「ペン」をクリックすると、閲覧中のウェブページにフリーでラインが引けます。
webnote02.png

左から2番めの「蛍光ペン」では、その名の通り、蛍光ペン的な使い方ができます。
webnote03.png

左から3番めは「消しゴム」です。
クリックして、記入したペンや蛍光ペンをなぞると消えます。
webnote04.png

左から4番目の「ノートの追加」は、吹き出しにコメントを入力できます。
webnote05.png

一番右の「クリップ」は、範囲を指定して、その部分をクリップボートにコピーします。
webnote06.png

右上の「終了」をクリックすると、保存するかどうか聞いてきます。
webnote07.png

保存するを選択すると、「OneNote」「お気に入り」「リーディングリスト」のどれかに保存できます。
webnote08.png




Windows 10 アップデートがふんづまり

ここ数週間、Windows 10 アップデートがふんづまりしているようだ。
シャットダウンの際に、毎回、「更新してシャットいダウン」が表示される。

Symantec Endpoint Protection を12から14にアップデートしたタイミングなのかどうかわからないが、
ウィルスソフトがアップデートを邪魔しているという記事を見かけたので、
Symantec Endpoint Protection 14 をアンインストールした。
そして、Windows Update の画面を開いたら、Defenderの定義更新中だった。
しばらく、ほったらかしにしていたら、Windows10 1607 の更新準備が完了し、
「今すぐ再起動」ボタンが表示されたので、それをクリックしたら、
今まで表示されなかった、以下のような更新画面が表示された。
ただ、この画面はなかなか終わらない。アップデート完了すればいいが・・・

20170126_174742.jpg



ブラザーの複合機で手差し口からはがきを吸い込まなくなったら

ブラザーの複合機で手差し口からはがきを吸い込まなくなったら、
給紙ローラーを清掃するよう、サポートページで説明されていますが、
なかなかわかりにくい。

http://support.brother.co.jp/j/b/faqend.aspx?c=jp&lang=ja&prod=mfcj6970cdw&faqid=faq00012049_012

フラップ(1)を手前に持ち上げて、記録紙トレイ(記録紙トレイ1)の給紙ローラー(2)の裏側を拭きます。
とあるが・・・・

brother01.jpg

倒れないように気をつける必要があるが、横方向に立てて清掃すると、やりやすいようです。

brother02.jpg


寒い朝サーバーが起動せず、オレンジのランプが点滅

寒い朝サーバーが起動せず、オレンジのランプが点滅していた。
どうしようもないので、電源ボタンを長押しして電源を強制的に落として、再起動したら起動した。
サーバーは、「DELL PowerEdge T130」。

「Server Administarator」でログを確認したら、「Memory is detected, but is not configurable.」のエラー発見。

T130samuiasamemoryerr.png

メッセージの意味としては、
システム BIOS がメモリを検知しましたが、システム動作用にメモリを設定できませんでした。ということで、
処置として、
システムメモリの取り付け状態を、サポートされているシステムメモリ構成と比較します。
とあった。
たぶん、寒さでメモリが認識できなかったのでなかろうか。

https://goo.gl/4KZpCW


組織のポリシーにより、この操作を完了できません

EXCEL 2013 でハイパーリンクをクリックすると
「『組織のポリシーにより、この操作を完了できません。ヘルプデスク担当者に問い合わせてください。」
と出てインターネットに飛びません。

6bb050fa-f0cb-4192-be7b-52db23546c7f.jpg

アプリケーションソフトなどを「インストール/アンインストール」された際に「レジストリ」が書き換わったために発生するもののようです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14139935169

以下に、グーグルクロームなどのブラウザーを再インストールすると治るともありましたが、
手っ取り早く、レジストリーを修正してみます。

http://www.drwks.com/hori-ch/net/909/

レジストリーエディタを起動し、
「HKEY_CLASSES_ROOT」の中にある「.html」フォルダを選択し、(規定)の値を「htmlfile」に変更します。
つでに「.htm」も変更します。
今回のパソコンでは、「.html」が「OperaStable」、「.htm」が「FirefoxHTML」になっていました。

6bb050fa-f0cb-4192-be7b-52db23546c7g.jpg

レジストリーエディタを終了し、ハイパーリンクををクリックしたら、きちんと飛ぶようになりました。。。ほっ。



SharePoint Onlineでのサイトの削除

SharePoint Onlineで作ったサイトを削除するには、まず、そこのサイトへ行き、
「歯車マーク」をクリックし、「サイトの設定」を選択します。

spoint-sitedel01.png

そして、「サイトの操作」の中の「このサイトを削除」をクリックします。

spoint-sitedel02.png

以下の画面で「削除」をクリック後、表示されたメッセージで「OK」をクリックしたら、削除されます。

spoint-sitedel03.png

ただ、削除後もユーザーグループ名が残っているようです。
再度、同じ名前でサイトを作成したら、ユーザーグループ名の後ろに数字が付いて作成されました。




SharePoint Onlineの記憶域サイズ

SharePoint Onlineの記憶域サイズは、
 (ユーザー数×0.5 GB)+ 1.0 TB
となるようです。

http://sharepoint.sdk-ltd.com/?eid=112



携帯アプリ「Microsoft Authentication」によるOffice365の多要素認証


Office365の多要素認証は、携帯電話やショートメールを使うとなると、海外で使う場合、環境が違う国もあるようなので、アプリを使うのがいいようです。

スマートホンに「Microsoft Authentication」をインストールして試してみました。

image001_20161221153910b18.jpg

Office365の多要素認証設定したユーザーが、初めてログインするときは、以下のの画面が表示されますので、「今すぐセットアップ」をクリックします。

image002_20161221153911eed.jpg

「追加のセキュリティ確認」の内容を確認し、「連絡方法」で「モバイルアプリ」を選択し、「確認個ウードを使用する」を選択し、「セットアップ」をクリックします。

image003_20161221153913a25.jpg

左下の画面が表示されますので、スマートホンで「Microsoft Authentication」を起動し、右下の画面が表示されたら、「アカウントの追加」をタップし、QRコードをスキャンします。
 
image004_20161221153914fe0.jpg image005_20161221153915bb4.jpg

右下の画面で「職場または学校アカウント」をタップし、6桁のコードが表示されたら設定完了です。

image006_20161221154141bc3.jpg image007_2016122115414355e.jpg
 
以下の画面で、「完了」をクリックします。

image008.png

以下の画面が表示されたら、「連絡する」をクリックします。

image009_20161221154146e9c.jpg


アプリで表示された番号を入力し、「確認」をクリックします。

image010_201612211541471a9.jpg

以下の画面で先頭の「0」を抜いた携帯電話番号を入力し、「次へ」をクリックします。

image011.png

以下の画面が表示されたら、設定完了です。

image012_201612211543269bc.jpg

次回からは、ユーザーとパスワードでサインイン後、「Microsoft Authentication」を起動し、表示された67ケタの数字を入力し、サインインすることになります。

image013_201612211543277e8.jpg

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE