ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

OneDriveビジネスの設定方法

OneDriveビジネスは、クラウド上に1TBの保存領域が利用でき、OneDriveアプリをインストールすることにより、ローカルファイルと同期し、バックアップとしても、複数パソコンでの作業でも効果を発揮します。

<設定方法>

Office365のトップ画面で「OneDrive」をクリックします。

onedrivebz01.png

以下の画面で「OneDriveアプリの入手」をクリックします。

onedrivebz02.png

ダウンロードした「OneDriveSetup.exe」を実行します。

onedrivebz03.png

インストールを開始します。

onedrivebz04.png

以下の画面で「メールアドレス」にOffice365アカウントを入力します。

onedrivebz05.png

以下の画面で「パスワード」を入力し、「サインイン」をクリックします。

onedrivebz06.png

以下の画面でOneDriveのクラウドデータと同期するフォルダを変更したい場合、「場所の変更」をクリックします。
「次へ」をクリックします。

onedrivebz07.png

既にOneDriveデータがクラウド上にある場合、以下の画面で同期するファイルやフォルダを選択できます。選択したら、「次へ」をクリックします。

onedrivebz08.png

以下の画面で、「OneDrive – XXXXX フォルダを開く」をクリックすると、OneDriveのローカルフォルダが開きます。ここに保存したファイルは、基本的にクラウドデータと同期し、バックアップしたり、複数のパソコンで作業しても、同期状態を保ちます。

onedrivebz09.png

通常、OneDriveフォルダを開く場合は、タスクバーの「青い雲のアイコン」(以後、OneDriveアイコン)を右クリックして、「OneDrive – XXXX フォルダを開く」をクリックします。

onedrivebz10.png

同期フォルダを再設定する場合、OneDriveアイコンを右クリックし、「設定」をクリックします。

onedrivebz11.png

「アカウント」タブを選択し、同期設定の「フォルダーの選択」をクリックします。

onedrivebz12.png


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bubble2sei.blog69.fc2.com/tb.php/4661-488da03f

 BLOG TOP