ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

Office365で予約情報をだれもが参照できるようにしたい


デフォルトでは、Office365の会議室の予定には、「予定あり」しか表示されず、予約のお時入力した内容が表示されない。
Office365yoyakudisp02.png

これを何とかしようとググっていたら、以下の手順でできるようです。
Powershellを使って変更します。
http://hhk.hatenablog.com/entry/2015/03/23/152257

Powershellを使ってExchangeOnlineにアクセスする手順は、以下に說明してありました。
http://techstorage.interlink.ne.jp/?p=1415

それでは、まず、準備を行います。

「IT プロフェッショナル 用 Microsoft Online Services サインイン アシスタント BETA」を以下からダウンロードし、インストールします。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39267

「Windows PowerShell 用 Windows Azure Active Directory モジュール」を以下からダウンロードし、インストールします。
32ビット用
http://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=236298
64ビット用
http://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=236297

これから実際の作業です。
以下がPowerShellの画面になります。
Office365yoyakudisp00.png

以下の手順で作業を進めます。
1)PowerShell を管理者権限で起動します。
2)MSOnline モジュールをインポートします。
 >Import-Module MSOnline
3)認証情報の設定(ダイアログが表示されるので、管理者の ID (メールアドレス) とパスワードを入力)
 >$LiveCred = Get-Credential
  認証ダイアログ
Office365yoyakudisp01.png

4)Microsoft Online サービスへの接続
 >Connect-MsolService -Credential $LiveCred
5)Exchange Online とのセッション確立
 >$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell/ -Credential $LiveCred -Authentication Basic -AllowRedirection
6)接続したリモートサーバーから各種モジュールをインポート
 >Import-PSSession $Session -AllowClobber -DisableNameChecking

これで PowerShell 上で Exchange Online を操作できる状態になりました。

7)予定表のアクセス権の変更
 >Set-MailboxFolderPermission -Identity "<対象のメールアドレス>:\Calendar" -User "Default" -AccessRights Reviewer
設定例では、ReviewerがPublishingEditorになっていたが、誰でも見るように変更しました。

8)リソースの予定表の表示変更

 >Set-CalendarProcessing -Identity "<対象のメールアドレス>" -DeleteSubject 0 -AddOrganizerToSubject 0 -DeleteComments 0 -DeleteAttachments 0

上記7)8)のコマンドを一行で入力し、リソースの分実行します。



こちらも対ごと実施してあげればOK。

太字の部分を0or1でステータスが変更できる。

DeleteSubject(0:スケジュールの件名を表示する)
AddOrganizerToSubject(1:件名に会議開催ユーザーの名前を表示しない)
DeleteComments(0:本文を表示する)
DeleteAttachments(0:添付ファイルを削除しない)

※1を指定すると、True 0を指定するとFalse/0:

いがの画面が適用後の予定表です。
Office365yoyakudisp03.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bubble2sei.blog69.fc2.com/tb.php/4474-d5734921

 BLOG TOP