ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

Outlook 2010/2007/2003 でメールを送信すると添付ファイルが消えたり、WINMAIL.DAT というファイルになる

Outlook 2010/2007/2003 でメールを送信した場合によく発生するトラブルとして以下のようなものがあります。

・Outlook Express で受信すると添付ファイルがなくなる。(一覧にクリップマークすら表示されない)

・添付ファイルをつけていないのに、WINMAIL.DAT というファイルがつく。

・添付ファイルが WINMAIL.DAT というファイルに置き換わってしまい開けない。

これらはすべて Outlook が Transport Neutral Encapsulation Format (以下、TNEF) というフォーマットによりメールを送信することで発生しています。

詳細は、以下のサイトで説明されてました。

http://outlooklab.wordpress.com/2007/06/23/outlook-20032007-%E3%81%A7%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%92%E9%80%81%E4%BF%A1%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E6%B7%BB%E4%BB%98%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%8C%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%9F/

<Outlook 2010/2007 の場合>

以下のサイトで、「Fix it」を実行することにより解決するようです。

http://support.microsoft.com/kb/958012/ja

<Outlook 2003 の場合>

以下のレジストリ設定を行うことで、解決するということです。

レジストリ キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Options\Mail

データの名前: DontEncodeCustomNote

データの種類: DWORD

データの値: 1

 

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bubble2sei.blog69.fc2.com/tb.php/4063-2fe6b988

 BLOG TOP