FC2ブログ

ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

Outlook Express 6 でのデータファイル修復

Outlook Express 6 でのメール送受信エラーや何通も同じメールが送信されるトラブルは、メールデータファイルの破損が原因のことが多いようです。
そこで、Outlook Express 6 でのメールデータファイルの復旧方法を説明します。

まず、現在のメールデータを別の場所に退避させます。
Outlook Express 6の「ローカルフォルダ」を右クリックし、「フォルダの作成」を選択します。

oedbrestr01.PNG
 
以下の画面でフォルダ名に「受信退避」と入力して、「OK」をクリックします。

oedbrestr02.PNG
 
もう一度、Outlook Express 6の「ローカルフォルダ」を右クリックし、「フォルダの作成」を選択し、以下の画面でフォルダ名に「送信退避」と入力して、「OK」をクリックします。

oedbrestr03.PNG
 
 
「受信トレイ」を選択し、すべてメールを「受信退避」フォルダにドラッグし、移動させます。

oedbrestr04.PNG
 
「送信済みアイテム」を選択し、すべてメールを「送信退避」フォルダにドラッグし、移動させます。

oedbrestr05.PNG
 
 
Outlook Express 6を終了し、エクスプローラで「C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Identities\{ランダム英数字}\Microsoft\Outlook Express」に移動します。
「受信退避」「送信退避」をファイルサイズを確認し、2GB前後あったら要注意です。
修復してもすぐ壊れますので、整理してください。
「受信トレイ.dbx」「送信トレイ.dbx」「送信済みアイテム.dbx」を削除し、再度、Outlook Express 6を起動します。
Outlook Express 6起動時に「受信トレイ.dbx」「送信トレイ.dbx」「送信済みアイテム.dbx」が初期状態で作成されます。

oedbrestr06.PNG
 
「受信退避」を選択し、メールを「受信トレイ」に移動します。

oedbrestr07.PNG
 
 
「送信退避」を選択し、メールを「送信済みアイテム」に移動します。

oedbrestr08.PNG
 
これで、Outlook Express 6 でのデータファイル修復完了です。

 

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bubble2sei.blog69.fc2.com/tb.php/3895-70ae3c37

 BLOG TOP