FC2ブログ

ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

Exchange 2000 が匿名の電子メール メッセージを解決しないようにする

http://64.4.11.252/ja-jp/library/aa997792(EXCHG.65).aspx

スプーフィング(なりすまし)防止のため、Exchange 2000 が匿名の電子メール メッセージを解決しないようにするには、次の操作を行います。


1)レジストリ エディタ (regedit) を起動します。

2)レジストリ内の次のキーに移動するか、または作成します (ここで、1 は SMTP 仮想サーバー番号を示します)。

HKEY_LOCAL_MACHINE/SYSTEM/CurrentControlSet/Services/MsExchangeTransport/Parameters/1

注 :
Parameters キーと 1 キーの両方の作成が必要になることもあります。

3)[編集] メニューの [値の追加] をクリックし、次のレジストリ値を追加します。

Value name: ResolveP2

Data type: REG_DWORD

4)以下のフラグを使用して、どの値を使用するかを判断します。

       Field                  Value
      -----------            -----
      FROM:                  2
      TO: and CC:            16
      REPLY TO:              32                    

5)使用する値を判断するには、解決するすべての要素に対する値を追加します。たとえば、送信者を除くすべてのフィールドを解決するには、16 + 32 = 48 なので「48」と入力します。受信者のみを解決するには、「16」だけを入力します。既定では、Exchange 2000 ではすべての要素が解決されます。この動作は、このキーを削除するか、または、この値を数式 2 + 16 + 32 = 50 に従って設定することにより指定できます。

6)レジストリ エディタを終了します。

7)SMTP 仮想サーバーを再起動します。

 

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bubble2sei.blog69.fc2.com/tb.php/2695-3ec20143

 BLOG TOP