FC2ブログ

ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

Outlook 2007 の受信トレイ修復ツール

受信トレイ修復ツールの保存場所は、Outlook 2007 の場合、

%ProgramFiles%\Microsoft Office\Office12\Scanpst.exe

となっています。

ちなみに、Outlook 2003 の場合、

%CommonProgramFiles%\System\MSMAPI\1041\Scanpst.exe

となっています。

 

以下のサイトで、使い方が説明されていました。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1001olpstrcv/olpstrcv.html

 

実行すると以下の画面が表示されます。

1)修復したい.PSTファイルのパスを指定する。

2)これをクリックすると、解析処理が始まる。

3)これをクリックすると、解析・修復ともにキャンセルされる。

4)これをクリックすると、解析・修復過程のログの追記/置換などを変更できる。通常は変更しなくてよい。

olpstrcv04.gif

1)解析した.PSTファイルの保存場所。

2).PSTファイル内で見つかったフォルダおよびアイテム(メールなど)の個数。これより詳しいエラーの内容を確認するには(5)をクリックする。

3)これをオフにすると、バックアップなしで.PSTファイルが修復される(元の.PSTファイルは失われる)。通常はオンにしておくべき。

4)これをクリックすると、より詳しいエラーの内容が表示される。

5)これをクリックすると、修復処理が始まる。

6)これをクリックすると、修復はキャンセルされる。

olpstrcv05.gif

以下が解析によって見つかった.PSTファイルのエラー。

特に重要なのは「見つからないアイテム」で、これが多いほど、破損によって失われてしまったアイテムが多いことを表す。

olpstrcv06.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bubble2sei.blog69.fc2.com/tb.php/2134-74c0ff08

 BLOG TOP