FC2ブログ

ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

WindowsでThumbs.dbファイルを作成しないようにする

クライアントPC設定を行っても、ネットワーク・フォルダの場合はフォルダごとに、
Thumbs.dbファイルが作成されることがあるようです。
以下の要領でサーバーで作成しないよう設定を行いました。

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0602/04/news012.html

なお、記事の対象はWindows Server 2008までですが、Windows Server 2012でも同じでした。

ローカル・グループ・ポリシー・エディタを起動し、
[ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]-[Windows コンポーネント]-[エクスプローラー]の
1)[縮小表示を無効にしてアイコンのみを表示する]を有効にする。
2)[ネットワーク フォルダーで縮小表示を無効にしてアイコンのみを表示する]を有効にする。
3)[非表示の thumbs.db ファイルで縮小表示のキャッシュを無効にする]を有効にする。
4)[縮小表示の画像のキャッシュをオフにする]を有効にする。



スポンサーサイト



個体値計算アプリ「Poke Genie」で個体値が確定されないとき

個体値計算アプリ「Poke Genie」で個体値が確定されないときの、
操作手順を・・・・

「Poke Genie」を起動した状態で、ポケモンの個体値確認画面に行くと、ポケモン名の右上あたりにオレンジの丸が表示されます。
通常はそれをタップするだけで個体値が計算されますが、右下画面のように、個体値が確定されないときが多々あります。
そのときは、右上の2番目のメダルマークをタップします。

Screenshot_20190326-104456.png Screenshot_20190326-104507.png

「ポケモンを調べてもらう」をタップします。(左下画面)
チームリーダーがポケモンを評価してくれるので、タップしていくと上の評価設定にチェックが自動で入力されます。(右下画面)
そして、評価表示が消えるまで数回タップします。

Screenshot_20190326-104518.png Screenshot_20190326-104534.png

評価が終了したら、「保存」をタップします。(左下画面)
すると、固定値が確定されます。(右下画面)

Screenshot_20190326-104545.png Screenshot_20190326-104730.png

ただし、それでも確定されない場合があります。
その時は一度強化し「パワーアップ&進化」ボタンで調べる方法がありますが、私は、面倒なので以下のサイトで調べなおします。

https://pokemongo.gamewith.jp/article/show/57539


「GooglePlay開発者サービス」を一度無効化

「GooglePlay開発者サービスが繰り返し停止しています」という通知が表示されるので、以下を参考に、「GooglePlay開発者サービス」を一度無効化して、再度有効化してみた。

https://did2memo.net/2018/07/15/android-google-play-developer-service-disable/

今のところ、「GooglePlay開発者サービスが繰り返し停止しています」という通知は出ていません。

以下が問題の通知です。
Screenshot_20160907-031223.png

まず、Androidの「設定」アプリを開きます。
Screenshot_20160907-031224.png

「ロック画面とセキュリティ」の設定を開き、「機器管理アプリ」を開きます。
Screenshot_20190322-104033.png Screenshot_20190322-104113.png

「機器管理アプリ」を利用するアプリの一覧が表示されますので、チェックされているアプリを外していきます。
まず、「おまかせロック」をタップし、「この機器管理アプリを無効にする」をタップします。
Screenshot_20190322-104123.png Screenshot_20190322-104154.png

これを繰り返してすべてのチェックを外します(今回は「おまかせロック」「端末を探す」「遠隔初期化」の3つを外しました)
そして、設定画面から「アプリと通知」をタップします。
Screenshot_20190322-104223.png Screenshot_20190322-104248.png

そして、「アプリ情報」をタップします。
そしてアプリ一覧の中から「Google Play開発者サービス」を開きます。
Screenshot_20190322-104258.png Screenshot_20190322-104319.png

「無効にする」をタップして、「アプリを無効にする」をタップします。
Screenshot_20190322-104328.png Screenshot_20190322-104334.png

次に「強制終了」をタップして、「OK」をタップします。
Screenshot_20190322-104356.png Screenshot_20190322-104401.png

ダイアログが閉じて「無効にする」だったボタンが「有効にする」ボタンに変わっていれば、無効化完了です。
ここで「有効にする」をタップします。
そして、設定画面の「ロック画面とセキュリティ」をタップします。
Screenshot_20190322-104423.png Screenshot_20190322-104446_2019032211120111f.png

「機器管理アプリ」をタップして、「おまかせロック」「端末を探す」「遠隔初期化」を有効化していきます。
Screenshot_20190322-104457_20190322111202128.png Screenshot_20190322-104523_201903221112042be.png

「おまかせロック」をタップし、「この機器管理アプリを有効にする」をタップします。
「おまかせロック」「端末を探す」「遠隔初期化」3つにチェックがついたら完了です。
Screenshot_20190322-104529_20190322111205c53.png Screenshot_20190322-104545_20190322111207edb.png

今のところ、「GooglePlay開発者サービスが繰り返し停止しています」は表示されません。


ノートで外部モニタをメインに使う設定Windows10ノートで外部モニタをメインに使う設定

ノートパソコンで外部モニタをメインに使う設定は、以下のサイトの説明がわかりやすかったんですけど、Windows8.1での説明なので、Windows10用の説明を作ります。

http://kshimizu.hatenadiary.jp/entry/2015/04/25/131602

デスクトップの何もないところを右クリックし、「ディスプレイの設定」を選択します。

image001_2019030918512580a.jpg

以下の画面で「識別」ボタンをクリックし、何番が外部モニタか確認しておきます。
外部モニタが2番だった場合、2番を選択します。

image002_20190309185126b5b.jpg

最適な解像度を選択し、マルチディスプレイの項目で、「2のみに表示する」を選択します。

image003_2019030918512869d.jpg

次に左メニューで「電源とスリープ」をクリックし、右側の「電源の追加設定」をクリックします。

image004_201903091851295cc.jpg

以下の画面で「カバーを閉じたときの動作の選択」をクリックします。

image005_2019030918513102c.jpg

以下の画面で「カバーを閉じたときの動作」で電源に接続時に「何もしない」を選択し、「変更の保存」をクリックします。

image006_2019030918514323b.jpg

これで設定完了です。


 BLOG TOP