FC2ブログ

ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

Windows Server 2016 にSQL Server 2008をインストールする

https://blogs.msdn.microsoft.com/osamum/2011/01/07/sql-server-2008-r2-express/

を参考にSQL Server 2008をWindows Server 2016 にインストールしていたが、
「.Net Framework 3.5」がインストール出来ないと中止された。

インストールメディアで「.Net Framework 3.5」を有効にしないといけないようです。
以下は、2012の例ですが、ほとんど同じでした。
https://www.desknets.com/neo/download/doc/install/win2012dotnet.html


スポンサーサイト

ACCESSのSQL関数「MID」は、SQL Serverでは「SUBSTRING」

SQLServerではACCESSのMID関数が使えない。
かわりに、SUBSTRINGを使う。
引数は同じで、

SUBSTRING(文字列,開始位置,文字長)


ACCESSのSQL関数「IIF」は、SQL Serverでは「CASE」

ACCESSで条件を評価する場合、SQL関数「IIF」を使うが、

IIF(評価式,評価が真のときの処理,評価が偽のときの処理)

SQL Serverでは「CASE」を使う。




ACCESSのSQL関数「INSTR」は、SQL Serverでは「CHARINDEX」

ある文字列から指定した文字列の文字位置を取得するSQL関数は、
ACCESSでは、「INSTR」ですが、

InStr ([検索の開始位置, ] 検索の対象となる文字列, 検索する文字列[, 文字列を比較するモード] )
 * []は省略可。
 * 文字列を比較するモード(0:バイナリの比較/1:テキストの比較)

SQL Serverでは「CHARINDEX」です。

CHARINDEX('検索する文字列', '検索対象となる文字列'[, 検索開始位置])
 * []は省略可。



Officeクリップボード無効化

レジストリ
HKey_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0(*1)\Common\General の「AcbControl」の値を「1」にする。


http://www.attrise.com/ceo/archives/8652


ラックサーバーはうるさい

熊本地震であっちこっちに転がったタワーサーバーを見て、
今後はラックサーバーでボルト固定かなと、
初めてラックサーバーを購入したのだが、なにしろうるさい。。。(泣)

servers-poweredge-r230.jpg

ぐぐってみると、どこのメーカーもうるさいとのことだったが、
ダメ元でDELLのサポートに投げてみた。
すると、iDRAC の設定でファンに関する設定項目があるので試して下さいと回答があった。
以下を参照とのこと

https://goo.gl/ByfdxT

iDRAC のネットワーク設定とパスワード設定をしたら、リモートでアクセスし、
以下の画面で、「ハードウェア」左の「+」マークをクリックし、
展開したメニューから「ファン」をクリックします。
そして、右側画面の「セットアップ」タブを選択します。

r230fanurusai01.png

以下の画面の「サーマルプロファイル」で「最小電力(ワット毎のパフォーマンス最適化)」を選択し、
「適用」をクリックします。
そして、サーバーを再起動すると、設定が有効になります。

r230fanurusai02.png



スマホをWEBカメラに出来る「DroidCam」


ワイヤレスのWEBカメラってなかなかなく、あっても画像品質が低く、距離も短い。

https://t.co/lgpiW4zwNv

ぐぐっていたら、偶然スマホをWEBカメラに・・・という記事があり、設定してみたら見事認識して、ウェブ会議までできてしまった。

https://www.sim-jozu.net/archives/1809

まず、スマホの「Playストア」で、「DroidCam」で検索し、「DroidCam Wireless Webcam」をインストールします。

DroidCam01.png DroidCam02.png

「DroidCam」のアイコンが作成されますので、それをタップします。
そして、右下画面が起動しますので、「IPアドレス」を覚えておきます。

DroidCam03.png DroidCam04.png

左下画面で「OK」をクリックします。
フロント画面側のカメラを使いたいときは、右下の設定画面で「Use Front Camera」にチェックを入れます。

DroidCam05.png DroidCam06.png

パソコン側は、以下のURLにアクセスし、Windowsクライアントソフトをダウンロードし、]インストールします。

https://www.dev47apps.com/droidcam/windows/

そして、デスクトップのアイコン「DroidCamApp」で起動し(1)、スマホの「IPアドレス」を入力し(2)、「Start」をクリクします。

DroidCam08.png DroidCam09.png

ちなみに以下の画面はCiscoのウェブ会議画面です。Webカメラとして認識しています。

DroidCam10.png

Android 携帯を Web カメラにする 「WO Webcam」



https://oquno.com/log/eid2543.html


シャドウコピー復元機能を使ったファイル復旧方法


サーバー上のファイルを誤って削除した場合、シャドウコピー機能が有効なサーバーの場合、数日前の状態に復元することができます。

まず、対象のファイルがあるフォルダを右クリックし、「以前のバージョンの復元」を選択します。

shadowresq01.png

「以前のバージョン」タブが選択されているのを確認し、「フォルダのバージョン」から戻りたい日時を選択し、「開く」をクリックします。

shadowresq02.png

指定した日時の状態のフォルダが開きますので、任意の場所へコピーし復元します。

shadowresq03.png


 BLOG TOP