ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

SQL Server へのODBC設定でエラー

SQL Server へのODBC設定で以下のようなエラーになる。

他のパソコンでは、問題なく接続でき谷に・・・と思ってたら・・・接続プロトコルがもんだいでした。

sqlodbcerr01.png

以下の画面で、「クライアントの設定」をクリックします。

sqlodbcerr02.png

以下の画面で、「名前付きパイプ」になっていたのでエラーだったようで、「TCP/IP」を選択したら、接続成功しました。

sqlodbcerr03.png

 


スポンサーサイト

Esurf.biz ウイルスを削除する

IE、Chrome、Firefoxすべてのショートカットが書き換えられていました。

ショートカットのプロパティ画面を開き、「"http://esurf・・・・」を削除すると直ります。

esurfbiz01.png


「カメラロール」、「保存済みの写真」というフォルダが消しても消えない

Windows10では、ピクチャフォルダ内に「カメラロール」、「保存済みの写真」というフォルダが追加されていました。
これらを使うつもりはないので削除したのですが、PC再起動を行うと同じフォルダが勝手に作成されてしまいます。
その都度フォルダを削除してまた再起動しても、また勝手にフォルダが作成されます。

その対応をググっていたのですが、以下のサイトが見つかりました。
結局、PowerShell上で、コマンド「Get-AppxPackage *camera* | Remove-AppxPackage」でアンインストールすることができるようです。

主たる記事は以下のサイトで、
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/apps_windows_10-camera/windows-10/af34c0de-ba4b-4808-b03e-161c726db660

その具体的な手順は、英語ですけど、以下のサイトにありました。

https://thomas.vanhoutte.be/miniblog/delete-windows-10-apps/

手順を説明すると、

まず、スタートメニューから、「すべてのアプリ」をクリックします。

win10cameradel01.png

次に、「Windows PowerShell」をクリックし、展開された一覧から「Windows PowerShell」を右クリックし、「その他→管理者として実行」をクリックします。


win10cameradel02.png


以下の画面で、コマンド「Get-AppxPackage *camera* | Remove-AppxPackage」を入力し、リターンキーを押します。

win10cameradel04.png

以下のようにカーソルが戻ってきたら、「カメラ」のアンインストール終了です。
ピクチャフォルダ内に「カメラロール」、「保存済みの写真」というフォルダを削除して再起動してみてください。
もう、「カメラロール」、「保存済みの写真」というフォルダは、作成されないと思うます。

win10cameradel05.png

FBで自分の過去の記事へジャンプ

FBで自分の過去の記事を見るのは、下へスクロールしていけば見れるのですが、何年も逆上るのはたいへんです。
見たい年月がわかれば、以下の方法でジャンプできます。
まず、自分の名前をクリックします。

fbdatesrh01.png

右側の年をクリックすると、月が表示されますので、ジャンプしたい月をクリックします。

fbdatesrh02.png

画面によっては、表示されない場合があるので、そのときは、「タイムライン→年→ハイライト」をクリックして、月を選択することもできます。

fbdatesrh03.png

Googleマップでの自分のクチコミ確認

Googleマップでの自分のクチコミを確認するには、画面左上のメニューをクリックします。
googlemaplocalgrireki01.png


そして、「自分の投稿」をクリックします。
googlemaplocalgrireki02.png

以下の画面で、「クチコミ」をクリックすると、自分の投稿件数と履歴を確認することができます。
googlemaplocalgrireki03.png

クチコミ投稿200件で1TBのストレージが貰える!?Googleマップのローカルガイドプログラム

クチコミ投稿200件で1TBのストレージが貰えるGoogleマップのローカルガイドプログラムの参加方法が以下に説明してありました。

http://www.appps.jp/202194/

やてみようかな。

https://www.google.com/local/guides/
にアクセスして、以下の画面で、「参加する」をクリックします。

googlemaplocalg01.png

以下の画面で、「GOOGLE+にアップグレード」をクリックします。
googlemaplocalg02.png

以下の画面で、「名前」「性別」「誕生日」を入力し、「プロフィール作成・・・」にチェックを入れ、「作成」をクリックします。
googlemaplocalg03.png

以下の画面で、「続行」をクリックします。
googlemaplocalg04.png

以下の画面で、「登録」をクリックし、登録完了です。
googlemaplocalg05.png

クチコミの投稿は、グーグルマップで施設をクリックし、左側に出た説明の下の方の「クチコミを書く」をクリックして行います。
googlemaplocalg06.png

以下の画面で、5段階評価を選択し、クチコミを書き、「投稿」をクリックしたら完了です。
がんばって、200件投稿しよう。
googlemaplocalg07.png

ディスクミラーリングツール のWindows10対応状況

Windows10対応状況って、ずいぶん前にホームページもなくなって、
作者の方のご厚意でソフトだけは配布されいているのですが、
Windows10でも使えるようなので、ご報告します。

http://www5.wisnet.ne.jp/~mercury/

ただ、バックアップフォルダ指定するときに、ネットワーク上のフォルダを「・・・」ボタンを押してダイヤログ画面から指定すると、ものすごく時間がかかります。
固まったかと思うくらい・・・・

win10dmt.png


Windows10 スタートアップのフォルダの場所

Windows10 スタートアップのフォルダの場所は、以下のページで説明してあった。

http://miso.hamazo.tv/e5669294.html

以下のフォルダになるのですが、ユーザー名の下のAppDataは初期設定では見えません。
Cドライブ
 └ユーザー
  └(ユーザー名)
   └AppData
    └Roaming
     └Microsoft
      └Windows
       └スタートメニュー
        └プログラム
         └スタートアップ

「表示」タブを選択し、「隠しファイル」にチェックを入れると見えるようになります。

Windows10 スタートアップのフォルダの場所

IJCADのWindows 10 の対応状況

IJCADのWindows 10 の対応状況がわからなかったので、メーカーに問い合わせてみました。

以下に対応状況は記載されているようです。

https://ijcad.zendesk.com/hc/ja/articles/202831175

ですが、Windows 10 の正式な動作対応は、次バージョンの IJCAD からとなる予定です。

現在のところ、簡易的なチェックで、 IJCAD 2015 の 32bit 版であれば、おおむね問題なく
動作しているという報告が出ているようですが、
USBキーの認識については Windows 10 32bit では動作しているという報告が上がっておりますが、
Windows 10 の 64bit での対応はまだのようです。

。。。。。残念。
俺、Windows 10 の 64bit で、USB版のIJCAD・・・・・(泣)。



Windows 10 のビルドの確認方法

Windows10がメジャーアップデートしたと木々が出てて、

Windowsのビルドを「10240」から「10586」に更新とあったが、自分のビルドがわからない。

http://news.livedoor.com/article/detail/10835604/

そこで、Windows 10 のビルドの確認方法を調べたのでメモっておきます。

(1)スタートアップ横の検索ウィンドウで、「WINVER」と入力し、エンターキーを押す。

(2)「Windowsのバージョン情報」画面が起動するので、そこで確認できる。

winver.png

 

 


Runtastic で履歴を見る

Runtastic で履歴を見る方法を簡単に説明します。

Runtastic を起動し、左上の「三」マークをタップし、「履歴」をタップします。

Screenshot_2015-11-16-13-58-23.png Screenshot_2015-11-16-13-58-37.png

履歴を見たいデータをタップします。

Screenshot_2015-11-16-13-59-03.png

左下の画面が表示され、ウォーキングの経路と距離、時間、カロリー(kcal)が表示されます。

右下が「SmarTranning」の同じウォーキングルートのマップデータなんですが、あっちこっち、飛びまくってます。

Screenshot_2015-11-16-13-59-36.png Screenshot_2015-11-16-14-00-47.png

また、グラフタブをタップし、右下の「ペース」を「速度」に切り替えると、平均速度がわかります。

ウォーキングペースの目安になるかなと・・・・

Screenshot_2015-11-16-14-00-50.png

ただ、広告がうっとうしい・・・・・泣。

 

 


【ランタスティック】始め方、やめ方

【ランタスティック】始め方、やめ方

http://apicodes.hatenablog.com/entry/Runtastic

ずっと、ウォーキングのとき、「Smart Running」というアプリを使っていたのですが、最近、距離測定がおかしくなったので、「Runtastic」を使うことにしました。

docomoから1ヶ月無料版とか出ているようですけど、あくまでも、ずっと無料版です。。。ちょっと、広告うざいですけど。

「Runtastic」を起動する前に、まず、「位置情報」をONにします。

ギャラクシーの場合、上端部を下へスワイプし(1)、「位置情報」をタップします(2)。

そして、右下の画面のユーザー登録ですが、面倒なので、FBアカウントを使います。

右下の画面で「f 続ける」をタップします。

Screenshot_2015-11-16-11-14-20.png Screenshot_2015-11-16-11-14-26.png

FBアカウントで利用すると、左下の画面が表示されますので、「OK」をタップします。

右下の画面で「国」「身長」「体重」を入力し、右上の「保存」をタップします。

Screenshot_2015-11-16-11-14-46.png Screenshot_2015-11-16-11-15-39.png

左下の画面で、「アクティビティ開始」をタップします。

右下の画面が表示されたら、うざいので、「・・・声援を受ける」で「キャンセル」をタップします。

Screenshot_2015-11-16-11-16-11.png Screenshot_2015-11-16-11-16-34.png

右下の画面で、「タップして今すぐ開始」をタップすると、計測開始です。

Screenshot_2015-11-16-11-16-50.png

計測を終了する場合は、右下の画面で、「鍵マーク」をタップし、

右下の画面で、「停止」をタップします。

Screenshot_2015-11-16-11-17-05.png Screenshot_2015-11-16-11-17-14.png

2回目以降の起動からは、いきなり、下記画面が起動しますので、「アクティビティ開始」をタップしたら、計測開始です。

ただし、ときどき、広告が表示されますが・・・・

Screenshot_2015-11-16-11-32-42.png

 


Outlook2013で添付ファイル名が入れ替わる問題の対応

Outlook2013で添付ファイル名が入れ替わる問題は、以下に解決方法が記されていましたが、最近買ったWindows7では、Office2013は、「Click-To-Runバージョン」のようですので、以下の手順で対応します。


http://blogs.technet.com/b/outlooksupportjp/archive/2015/10/05/outlook-13.aspx

 

Outlook2013を起動し、[ファイル]-[Office のアカウント] をクリックし、[更新オプション]-[更新プログラムを無効にする] をクリックします。

outlook2013tmpmeierr01.png


 
ユーザーアカウント制御の画面で変更を許可しますかと聞いてきますので、「はい」をクリックします。
Outlookを含め、ExcelやWordなどのOfficeソフトをすべて終了します。
アクセサリーの「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
ユーザーアカウント制御の画面で変更を許可しますかと聞いてきますので、「はい」をクリックします。

outlook2013tmpmeierr02.png

 

以下のコマンドを実行し、
「cd %programfiles%\Microsoft Office 15\ClientX64」
C:\Program Files\Microsoft Office 15\ClientX64
に移動し、以下のコマンドを実行します。
「officec2rclient.exe /update user updatetoversion=15.0.4745.1002」

outlook2013tmpmeierr03.png


 
しばらく、以下の画面が表示されますが、
ユーザーアカウント制御の画面で変更を許可しますかと聞いてきたら、「はい」をクリックします。

outlook2013tmpmeierr04.png


 
メッセージが消えたら、Outlook を起動して、[ファイル] タブ -[Office のアカウント] より以前のバージョンに戻っていることを確認します。

outlook2013tmpmeierr05.png


 


まぎらわしい「Displayport」と「HDMI」

パソコン裏側見て、ディスプレイのアナログポートの横にHDMIポートが付いていると思い、HDMIケーブル買えば、マルチモニタができると思うと大間違いです。

2014-01-22_1532.jpg

 

最近は、DisplayPort(ディスプレイポート)なるものがあるようで、微妙に形状が違います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/DisplayPort

以下がDisplayPort・HDMI変換ケーブルなんですが、ポート形状もそうなんですが、HDMIケーブルと見間違えそうです。

Displayport-Male-HDMI-Male-Cable.jpg

以下のように並べて近くで見るとわかるのですが、ほんと、まぎらわしいです。。。怒。

HDMICABLES.jpg

 

間違ってHDMIケーブル買っても、400円程度で以下の変換アダプタもありますので、それ買って変換するのもいいかもしれません。

https://t.co/rRlgrPQmud

 

実際のDisplayPort to HDMI ケーブルは、千円ちょっとであります。

https://t.co/e6MrDZH8up

 

ただ、けっこう品質に影響されやすいケーブルなので、以下のような相性保証付きとか、有名メイカー品を買ったほうがいいかも・・・

https://t.co/3LrEnjDr0F

 

 

 

 

 


Symantec Endpoint の製品ダウンロード方法

ライセンス証のシリアル番号を使ったSymantec Endpoint の製品ダウンロード方法をメモっときます。

 

http://www.symantec.com/ja/jp/

にアクセスし、「製品とソリューション」をクリックし、「FileConnect」をクリックします。

symantecfileconnect01.png

以下の画面で「ライセンス証のシリアル番号」を入力し、「SUBMIT SERIAL NUMBER」をクリックします。

symantecfileconnect02.png

以下の画面で「・・・・Japanes」をクリックします。

symantecfileconnect03.png

以下の画面でダウンロードする製品にチェックをし、「DOWNLOAD SELECTED FILES」をクリックします。

symantecfileconnect04.png

以下の画面が表示されたら、javaをセットアップするとダウンロードが始まります。

ただし、Chromeではうまくいかないようです。

IEを使うのが無難のようです。

symantecfileconnect05.png

 


アクセス権をリセットして親フォルダから継承

アクセス権の設定が壊れたり削除されたりしたら、全設定のリセット後、親のアクセス権を継承させるとよい。

 

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1007/09/news104.html

 

<手順>

フォルダのプロパティを開き、「セキュリティ」タブを選択し、「詳細設定」をクリックします。

accessreset01.png

以下の画面で「アクセス許可」タブを選択し、「アクセス許可の変更」をクリックします。

accessreset02.png

以下の画面で、「子オブジェクトのアクセス許可すべてを、……」をチェックし、「適用」をクリックします。

accessreset03.png

以下の画面で、「はい」をクリックします。

これで、同じACL(アクセス制御リスト)がこのフォルダ以下のすべてファイルやフォルダに再帰的に継承されます。

accessreset04.png

 

 


プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました

Excelファイルをダブルクリックして開こうとしても、

「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。」

と表示され、EXCELが起動しない場合があります。

excelcommandoerr01.png

 

以下の方法で解決しました。

http://blogs.technet.com/b/cs3_office/archive/2014/01/29/excel-2013.aspx

 

Excel を起動し、[ファイル] > [オプション]を選択します。

excelcommandoerr02.png

[詳細設定] > [Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する] のチェックを外します。

excelcommandoerr03.png

 

 

 


Outlook 2013 で送信時サーバーエラー554.5.7.1

Outlook 2013 でメール送信時に「サーバーエラー:’554.5.7.1<送信先メールアドレス>:Relay access denied’」と表示されると問い合わせがありました。

outlook2013err554571-01.png

 

http://answers.microsoft.com/ja-jp/office/forum/office_2013_release-outlook/outlook/33a5dcb6-8a95-4960-b7df-5d97fdd205a1?auth=1


設定を確認したところ、Outlookのアカウント設定で、送信サーバーの設定がデフォルトのままでした。
メールサービスによると思いますが、以下の送信サーバー設定をすることにより、メール送信できるようになりました。
ちなみに、同じサーバーのあて先にはメール送信はできているようです。


(1)「送信サーバー」タブをクリック。
「送信サーバー」タブの「□送信サーバーは認証が必要」にチェックをつけ、
「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択します。

outlook2013err554571-02.png


(2)「詳細設定タブ」をクリック。
「詳細設定」タブの「送信サーバー(SMTP)」の「25」を「587」と書き換えます。

outlook2013err554571-03.png

 

 


 


Outlook で複数ファイルを添付し送信すると添付ファイル名が勝手に変わる

Outlook で複数ファイルを添付し送信すると添付ファイル名が勝手に変わるというトラブルが有り調べたのでメモしておきます。

受信した添付ファイルを開こうとすると、以下のようなメッセージが表示され、開いても文字化け状態で開きました。

送信した人に確認すると、文字化けしたファイルはPDFファイルのはずとのことですが、拡張子がEXCELになっていました。

outlooktenpukakucyo01.png

ぐぐってみると、以下のような記事がありました。

(Outlook 2013)

http://blogs.technet.com/b/outlooksupportjp/archive/2015/10/05/outlook-13.aspx

(Outlook 2010)

http://blogs.technet.com/b/outlooksupportjp/archive/2015/09/01/outlook-2010.aspx

Office Updateによるののとのこと。

Outlook 2013の場合、バージョンが15.0の次が「4753」か「4763」のとき発生する可能性があるとのこと。

Outlook 2010の場合、バージョンが14.0.の次が「7155」「7157」「7160」のとき発生する可能性があるとのこと。

以下は、Outlook 2010のバージョン確認画面です。

「ファイル」タブをクリックし、「ヘルプ」クリックすると表示されます。

outlooktenpukakucyo02.png

現在のところ、アップデートをアンインストールするのが、一番確実のようです。

Outlook 2013の場合、以下の2つのアップデートをアンインストールします。

1)Update for Microsoft Outlook 2013 (KB3085579) XX-Bit Edition

2)Update for Microsoft Outlook 2013 (KB3085495) XX-Bit Edition

Outlook 2010の場合、以下の3つのアップデートをアンインストールします。

1)Update for Microsoft Outlook 2010 (KB3085604) XX-Bit Edition

2)Update for Microsoft Outlook 2010 (KB3085522) XX-Bit Edition

3)Update for Microsoft Outlook 2010 (KB3055041) XX-Bit Edition

 


 BLOG TOP