ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

スポーツをインターネット中継で無料観戦する方法(2)

今日になって、「StreamHunter.eu」に接続できなくなったので、急遽、別サイトを探す。

http://apullotennis.seesaa.net/article/314203191.html

を参考にヤってみました。

まず、以下のサイトに接続します。

そして、とりあえず、右上の時間帯設定を「GMT+09」にしておきます。

そして、「Tennis」タブをクリックします。

http://www.hahasport.com/

hahasport01.png

「Nishikoro」の文字がありましたので、それをクリック。

hahasport02.png

映像の上部に「Close the ads in 18 seconds」と表示されてますが、18秒待てということです。

hahasport03.png

画面上部の「Close the ads in ?? seconds」表示が消えたら、小さなバツマークが表示されますので、それを慎重にクリックします。間違えて、その内側をクリックすると、画面が大変なことになるこうとも有りますので、気を付けて・・・

hahasport04.png

バツマークが押せたら、クリアな画面になります。

しばらくすると、また、バツマークができことも有りますので、その度に、慎重にバツマークをクリックします。

nishikori.png


スポンサーサイト

「ワンクリックウェア駆除ツール」によるあやしいポップアップの駆除

最近は、ウィルス駆除ソフトを入れていても、ちょっとしたブラウザの操作で、あやしいポップアップが起動しちゃいます。

そこで、それを自動で駆除してくれるフリーソフトがあったので紹介します。

まず、以下からアプリをダウンロードします。

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se485314.html

そして、ダウンロードした「ocwRmv????.exe」を実行すると、以下の画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。

ocwRmv01.png

以下の画面で、「同意する」を選択して、「次へ」をクリックします。

ocwRmv02.png

以下の画面で、「次へ」をクリックします。

ocwRmv03.png

以下の画面で、「次へ」をクリックします。

ocwRmv04.png

以下の画面で、「カスタムインストール」を選択し、「ワンクリックウェア駆除ツール」以外のチェックを外し、「次へ」をクリックします。

ocwRmvzzzzzz.PNG

以下の画面で、「インストールすることにより・・・・」のチェックを外し、「次へ」をクリックします。

ocwRmv06.png

以下の画面で、「次へ」をクリックします。

ocwRmv07.png

以下の画面で、「次へ」をクリックします。

ocwRmv08.png

以下の画面で、「インストール」をクリックします。

ocwRmv09.png

以下の画面で、「完了」をクリックします。

ocwRmv10.png

以下の画面で、「はい」をクリックします。

ocwRmv11.png

ワンクリックウェアを発見すると、以下のような表示になります。

「駆除実行」で駆除できますが、間違って消されては困る物が「駆除対象」として表示された場合は、その項目をクリックして「駆除対象外」に切り替えます。

(赤の×が黄色の!に変わります)

ocwRmv12.png

駆除実行で駆除完了です。

「OK」をクリックして下さい。

ocwRmv13.png

「ワンクリックウェア駆除ツール」助かった方で、お金に余裕のある方は寄付をしてあげてください。

モチロン任意です。

ocwRmv14.png

右上の「バツマーク」をクリックすると、プログラムを終了します。

ocwRmv15.png

 

<参考>

http://hobby.under.jp/software/security/oneclick.html

 

 


USB・PS/2変換ケーブルのサーバー対応

最近のサーバーにはPS/2ポートが付いておらず、CPU切替器をそのまま使うとなると、USB・PS/2変換ケーブルが必要になる。

ただし、なかなかサーバーOSの動作を保証してくれるメーカーはないようです。

実際、試してみないとわかりません。

ただ、DELLサーバーは、親切にもUSB・PS/2変換ケーブルを購入の際に追加オプションで選べます。

今回、日立のサーバーを導入する方向で進んでいるのですが、日立で操作保証できるUSB・PS/2変換ケーブルないとのこと。。。怒。

となると、実績のあるものを選ぶしかない。

 

AREA PS2キーボード マウスUSB変換 コンバティーノ SD-PS2CUSB (773円)

http://t.co/jBKxR32Puk

これは、Windows Server 2008とWindows Server 2013では、動作することを確認しました。

たまに、認識するのに時間がかかる場合もあります。

USB-SD-PS2CUSB.jpeg

 

HENKANMEIJIN の 変換名人 PS/2接続キーボードとマウス → USB 変換アダプタ 日本語/英語キーボード用 USB-PS2 (474円)

http://t.co/bVojvN4KK5

これは、安かったので買ったのですが、Windows7などは動作しましたが、Windows Server 2008では、動作しませんでした。

USB-PS2.jpeg

 

サンワサプライ USB-PS/2コンバータケーブル USB-CVPS2 (900円)

http://t.co/Od5caZ57O6

これは、サンワサプライの問合せページから質問してみたのですが、OS標準ドライバで認識されるため、サーバーOSでも動作する可能性もございますが、弊社では一切のサポートが出来ません。 と返事をいただきました。

USB-CVPS2.jpeg

 

 


Word 2013 罫線削除のボタン

Word 2013 から「罫線の削除」ボタンの位置が変更されています。

2007、2010とも違うので、探すのに苦労しました。

以下に説明がありました。

 

http://www.relief.jp/itnote/archives/word-2013-table-eraser.php

 

Word 2010 の場合、「罫線の削除」ボタンは、「デザイン」タブにありましたので、罫線を選択状態にしただけで、以下のように表示されました。

word2010ksendl.png

 

しかし、Word 2013 からは、「罫線の削除」ボタンが「レイアウト」タブに移動されたので、罫線を選択して、「レイアウト」タブを選択しないと、「罫線の削除」ボタンが表示されません。

また、下図の下段の表示は、ウィンドウが小さい時の表示です。

word2013ksendl.png

 


Chromeで保存したパスワードを忘れた時

ウェブサイトでパスワードを保存して使っていて、いざ、パソコン変えたりした時、パスワードが分からないことありませんか?

今回は、Chromeで保存したパスワードを調べる方法を説明します。

まず、chrome右上の設定ボタンをクリックし、「設定」を選択します。

choromepwddsp01.png

設定画面を一番下までスクロールし、「詳細設定を表示...」をクリックします。

choromepwddsp02.png

「パスワードとフォーム」の「パスワードを管理」をクリックします。

choromepwddsp03.png

一覧から散りたいパスワードを選択し、「表示」をクリックします。

choromepwddsp04.png

Windowsパスワードを入力し、「OK」をクリックします。

choromepwddsp05.png

すると、パスワードは表示されます。

choromepwddsp06.png


02/20のツイートまとめ

bubble2sei

RT @nekotoriya: 本日の一枚。尾道の猫です。昨日の別カット。 #ねこ #猫 #ネコ #cat #neko #neco #nyanko http://t.co/LDrIlIV0PV
02-20 14:23


スマートホンの物理アドレス(macアドレス)の確認

Wi-Fiでつながってる俺のスマホの物理アドレスって、わかるんかなと、ぐぐってみたら、以下のサイトで説明してありました。

http://www.akakagemaru.info/port/android-mac.html

だいぶ、メニューが違うので、自分のスマホで確認してみます。

左下の設定ボタンをタップし、「本体設定」をタップします。

次に、「接続」タブで、「Wi-Fi」をタップします。

Screenshot_2015-02-20-19-19-43.png Screenshot_2015-02-20-19-19-57.png

左下の画面で、左下の設定ボタンをタップし、「詳細設定」をタップします。

すると、下の方に「MACアドレス」と「IPアドレス」が確認できます。

Screenshot_2015-02-20-19-20-09.png Screenshot_2015-02-20-19-20-32.png

 

 


エクセルパスワード瞬時解除

パスワード保護したEXCELシートの保護をフリーソフト「エクセルパスワード瞬時解除」を使って解除してみます。

使い方は、以下のサイトで説明してありました。

http://n-hirahira18.at.webry.info/201302/article_5.html

まず、EXCELの設定を確認します。

今回は、EXCEL2010を使います。

メニューより、「ファイル→オプション」を選択します。

ExcelPasswordRemover01.png

以下の画面の左ペインで「セキュリティセンター」を選び、右ペインの下の方の「セキュリティセンターの設定」をクリックします。

ExcelPasswordRemover02.png

左ペインで「メッセージバー」を選択して、「ActiveX コントロールやマクロなどのアクティブコンテンツがブロックされた場合、すべてのアプリケーションにメッセージバーを表示する」を選択します。

ExcelPasswordRemover03.png

左ペインで「マクロの設定」を選択して、「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」を選択し、右下の「OK」をクリックします。

ExcelPasswordRemover04.png

以下の画面でも、右下の「OK」をクリックします。

ExcelPasswordRemover05.png

以下から、ファイルをダウンロードします。

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se499814.html

そして、解凍したフォルダ「ExcelPasswordRemover」の「アドインインストール.xls」を開き、セキュリティ警告の「コンテンツの有効化」をクリックします。

ExcelPasswordRemover06.png

なぜか、以下のエラーが表示されますが、構わず、「終了」をクリックします。

ExcelPasswordRemover07.png

以下の画面で、「アドインをインストール」をクリックします。

ExcelPasswordRemover08.png

解凍したフォルダの中の「エクセルパスワード瞬時解除.xlam」を開きます。

ExcelPasswordRemover09.png

以下の画面が表示されたら、「OK」をクリックします。

ExcelPasswordRemover10.png

そして、これからが本番です。

保護を解除したいEXCELファイルを開き、目的のシートを表示させた状態で、リボンの「パスワード解除」を選択し、「シートパス解除」をクリックします。

ExcelPasswordRemover11.png

以下の画面が表示されたら、解除終了です。

「OK」をクリックし、シートの保護が解除されているか確認して下さい。

ExcelPasswordRemover12.png

そう頻繁には使わないと思うので、「エクセルパスワード瞬時解除」は、アンインストールしておきましょう。

インストールしたシートを表示させ、「アンインストール」をクリックします。

ExcelPasswordRemover13.png

「エクセルパスワード瞬時解除.xlam」を開きます。

ExcelPasswordRemover14.png

以下の画面が表示されたら、「OK」をクリックします。

ExcelPasswordRemover15.png

以下の画面が表示されたら、「「エクセルパスワード解除ソフト」のチェックを外し、「OK」をクリックします。

ExcelPasswordRemover16.png

以下の画面で「はい」をクリックしたら、アンインストール終了です。

ExcelPasswordRemover17.png

 

 


スポーツをインターネット中継で無料観戦する方法

テニス、サッカー、野球、ゴルフなど 世界のスポーツをインターネット中継で無料観戦!!

 LiveScoreHunter/StreamHunterの使い方

http://apullotennis.seesaa.net/article/360384474.html

 

上記サイトの説明に従って、挑戦してみました。

 

まず、以下のサイトにアクセスします。

http://www.drakulastream.eu/

「---Select Sports---」から、「Tennis」を選択します。

freenettv01.png

さっそく、一覧に「Nishikori・・・・」の文字が見つかったので、そこをクリックします。

freenettv02.png

以下の画面から、Link#1とかLink#2と書かれているリンクをクリックすればOKなのですが、説明サイトに書かれていた「Castasap」のLink#1をクリックしてみました。

freenettv03.png

映像が表示されますが、じゃまなウィンドウがいくつか表示されますので、バツマークを探して、全て閉じます。

バツマーク小さいんで、間違って広告をクリックしないようにしてください。

押してしまうと、よろしくないファイルをダウンロードしたり、パソコンが不安定になったりする可能性があります。

freenettv04.png

すると、以下のように中継画面が、きれいに表示されます。

freenettv05.png

じゃまなウィンドウを閉じた時に、背面にもいくつか怪しい画面が開きますので、バツマークをクリックし、閉じておきます。

freenettv06.png


無線LAN「WRH-150」でアドレス重複

無線LANでエレコムの「WRH-150」を社内LANに接続していると、
パソコンとアドレスが重複し、
重複したパソコンはネットワーク接続ができなくなります。
もう、2度目です。

http://www2.elecom.co.jp/network/wireless-lan/hotel/wrh-150/

 

WRH-150.jpg

イベントビューアには以下のようなログが残されてます。

前回もアドレスは「172.16.20.251」だった気がします。

個人向けなので、Bクラスのネットワークまで考えてませんってか。。。。

20150212_112119.jpg

ブラウザでこのアドレスにアクセスし、ユーザー/パスワードを[admin/admin]でログインし、LAN設定でIPアドレスを使いそうにないアドレスに変えたら、パソコンは復旧しました。

elecom-airlan.PNG

以下に簡単な「WRH-150」の設定方法が記載されていました。

http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=4945

 

 

 


Googleドライブが無料で2Gバイトもらえる「セキュリティ診断」

Googleドライブが無料で2Gバイトもらえる「セキュリティ診断」の以下記事があったのでやってみた。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1502/12/news060.html

ずいぶん、使ったのでありがたい。

まず、以下にアクセスして、Googleドライブにログインします。

https://accounts.google.com/ServiceLogin?continue=https://security.google.com/settings/security/secureaccount&hl=ja&sarp=1&passwdsession=true&osid=1&authuser=0

以下の画面で、「すべて完了」をクリックします。

googledriveseqcheck01.png

以下の画面で、最近のアクティビティに問題なかったら、「問題ありません」をクリックします。

googledriveseqcheck02.png

以下の画面で、どちらかを選び、「完了」をクリックします。

googledriveseqcheck03.png

以下の画面で、接続アプリに問題なかったら、「完了」をクリックします。

googledriveseqcheck04.png

以下の画面で、「アカウント設定に移動」をクリックして、セキュリティ診断完了です。

今月末までに自動的に2GBが追加される見込みのようです。

googledriveseqcheck05.png

 


「クイックフォーマット」と「通常のフォーマット」の違い

新しく買ったHDDは、「クイックフォーマット」で、大丈夫か。

という問で、以下のサイトでは、圧倒的に「通常フォーマット」すべきという意見が多かったようです。

http://qa.atmarkit.co.jp/q/175

 

それで、「クイックフォーマット」と「通常のフォーマット」の違いをあらためてググってみると、

以下のサイトがわかりやすく説明してありました。

http://www.data-company.net/2014/04/post_6.html

 

「通常のフォーマット」をすると、の場合、データの管理情報の部分にある領域を消去後、クラスターやセクターなどの不良領域のチェックし、そのあとにデータを読み込みと書き込みを出来ないように再構築します。

「クイックフォーマット」は、不良領域のチェックは行わず、データの管理情報の部分にある領域を消去するだけです。

 

 


スマートホンでパソコンメールを受信する設定

まず、メールを常時簡単に使えるように、アイコンをホームに出します。
ホーム右下のアプリケーションボタン をクリックし、グループ「Google」の「メール」を長押しし、「ホームへ追加」をタップします。

Screenshot_2015-02-07-13-15-58.png Screenshot_2015-02-07-13-18-02.png

ホームへ戻ると「メール」のアイコンが追加されていますので、そのアイコンをタップすると、メールが起動します。アカウントの追加画面が表示されますので、「その他」をタップします。

Screenshot_2015-02-07-13-18-45.png Screenshot_2015-02-07-13-18-58.png


メールアドレスを入力し(1)、メールパスワードを入力し(2)、「手動セットアップ」をタップします(3)。そして、次の画面で、「POP3」をタップします。

Screenshot_2015-02-07-13-19-37.png Screenshot_2015-02-07-13-21-08.png

ユーザー名にあなたのメールアドレスを入力し(1)、パスワードにあなたのメールパスワードを入力し(2)、POP3サーバー名を入力し(3),ポートは「110」のまま(4)、セキュリティの種類は「なし」で(5)、サーバーからのメールを削除は「削除しない」を設定し(6)、「次へ」をタップします(7)。
次の画面で、SMTPサーバー名を入力し(1)、ポートは「587」のまま(2)、セキュリティの種類は「なし」で(3)、「ログインが必要」にチェックを入れ(4)、ユーザー名にあなたのメールアドレスを入力し(5)、パスワードにあなたのメールパスワードを入力し(6)、「次へ」をタップします。

Screenshot_2015-02-07-13-21-51.png Screenshot_2015-02-07-13-22-29.png


次の画面で、受信トレイを確認する頻度で「自動確認しない」を選択し(1)、「いつもこのアカウントでメールを送信」はチェックせず(2)、「メールの着信を知らせる」はチェックを入れたまま(3)、「このアカウントからメールを同期する」は必ずチェックを入れ(4)、「次へ」をタップします。
次の画面で、「あなたの名前」を漢字で入力し(1)、「このアカウントに名前を付ける」を確認し(2)、「次へ」をタップし、メール設定終了です。

Screenshot_2015-02-07-13-23-57.png Screenshot_2015-02-07-13-24-22.png


メールを確認するときは、メール起動画面で以下のマークをタップします。
これで、未読のパソコンメールをスマートフォンで受信することができます。

Screenshot_2015-02-07-13-47-01.png

 


「ドライバからの通知を格納中にプロバイダが失敗しました」というエラー

イベントログに「ドライバからの通知を格納中にプロバイダが失敗しました」というエラーがたまに出ているようです。

driverprperr01.png

気になって調べたのですが、マイクロソフトTechNetのフォーラムオペレーターが、

「実害が無ければ無視されても構わないイベントではないかなと思われます」と書いてあるので、無視していいかな・・・・

 

https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/640b4f58-b36e-491c-88ee-8dab8bea6715/vds-dynamic-provider

 

サポート情報では、「仮想ディスクサービス」を再起動しろとありますが、再発が止まるわけではないので、無視ですね。

 

http://support.microsoft.com/kb/948275/ja

 


Wordpressに「W3 Tatal Cache」を設定

サーバーのオーバーロードが発生しているとのことで、

ワードプレスにキャッシュ機能を利用するように勧められました。

ので、以下を参考に設置してみました。

http://viral-community.com/wordpress/wp-high-speed-tech-5581/

ただ、設定方法は以下がわかりやすかったです。

http://kyoheixxx.com/w3-total-cache-2228

設置前のパフォーマンスは、以下のとおりでした。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

で確認したパフォーマンス

w3cha01.png

http://gtmetrix.com/

で確認したパフォーマンス

w3cha02.png

ワードプレスで「プラグイン」画面へ行き、「キーワード」に「w3 Tatal Cache」と入力し、検索し、ヒットしたら、その「今すぐインストール」をクリックします。

w3cha04.png

以下の画面で、「OK」をクリックすると、インストールを行います。

w3cha05.png

以下の画面で、「プラグインを有効化」をクリックすると、「w3 Tatal Cache」が有効になります。

w3cha06.png

あとは、説明サイトのオススメ設定をして終わり。

翌日、パフォーマンス確認した結果です。

少し向上したように感じます。

「Google PageSpeed Insights」

w3cha07.png

「GT Metrics」

w3cha08.png

 

 

 


クライアントパソコンをドメインコントローラ(Windows Server 2012)の時間に合わせる設定

http://blog.syo-ko.com/?eid=1051

ドメインコントローラ(Windows Server 2012)でスタートボタンを右クリックし、「コントロールパネル」を選択します。

dom3timedoki01.png

以下の画面で、「管理ツール」をクリックします。

dom3timedoki02.png

以下の画面で、「グループポリシーの管理」をダブルクリックします。

dom3timedoki03.png

以下の画面が表示されたら、「OK」をクリックします。

dom3timedoki04.png

以下の画面の左ペインで、「グループポリシーの管理→フォレスト→ドメイン→ドメイン名→グループポリシーオブジェクト→Default Domain Policy」を右クリックし、「編集」をクリックします。

dom3timedoki05.png

以下の画面の左ペインで、「Default Domain Policy→コンピューターの構成→ポリシー→管理用テンプレート→システム→Windowsタイムサービス→タイムプロバイダー」を選択し、右ペインで「Windows NTP クライアントを構成する」をダブルクリックします。

dom3timedoki06.png

以下の画面で、「有効」を選択し、「NTPServer」に「ドメインコントローラーのアドレス,0x9」を入力し、「Type」で「NT5DS」を選択し、「OK」をクリックします。

dom3timedoki07.png

これで、ドメイン配下のパソコンはこのサーバーに時間同期しにくるはずですが・・・・

 

 

 

 

 


 BLOG TOP