ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

WindowsXPで別のユーザーでのネットワークアクセス設定

Windowsにログインしているユーザーとは別のユーザーでネットワークアクセスする必要がある時のWindowsXPでの設定をメモしておきます。
コントロールパネルの「ユーザーアカウント」を起動します。
ユーザーアカウントの画面で「詳細設定」タブを選択し、「パスワードの管理」をクリックします。

image001.jpg
 
また、画面が違い以下のような画面が表示されたら、今ログオンしているユーザーをクリックします。

image002.jpg
 
「ネットワークパスワードを管理する」をクリックします。

image003.jpg
 
 
以下の画面で「追加」をクリックします。

image004.jpg
 
以下の画面で、「サーバー」に「対象のサーバー名」、ユーザー名に「ユーザー名」、パスワードを入力し「OK」 をクリックします。

image005.jpg
 
以下の画面にサーバーが追加されているのを確認したら「閉じる」をクリックします。

image006.jpg
 
最後にWindowsを再起動してください。

設定したサーバーに最初にアクセスしたとき、 再度、ユーザーとパスワードを聞いてくることがあります。
そのときは、ユーザー名に「ユーザー名」、パスワードを入力します。

「パスワードを記憶する」をチェックしておくと、次回からは聞いてこないと思います。


スポンサーサイト

Windows7で別のユーザーでのネットワークアクセス設定

Windowsにログインしているユーザーとは別のユーザーでネットワークアクセスする必要がある時のWindows7での設定をメモしておきます。
「コントロールパネル」で「ユーザーアカウント」をクリックします。

image001.jpg


 
以下の画面で「Windows資格情報の管理」をクリックします。

image002.jpg


 
 
以下の画面で「Windows資格情報の追加」をクリックします。 

image003.jpg


 
以下の画面で「インターネットまたはネットワークのアドレス」に対象のサーバー名を入力し、「ユーザー名」に「サーバー名\ユーザー名」を入力し、「パスワード」を入力し、「OK」をクリックします。
これで、指定したサーバーには、ここで指定したユーザーでアクセスすることができるようになります。

image004.jpg


 


Windows 7から古いNASにアクセスできない

Windows 7から古いNASにアクセスできない場合の対処方法

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1112/16/news140.html

 

 


Windows2008の共有設定

Windows2008の共有ユーザーの権限は、基本的に以下の3つになっている。

・「所有者」と「共同所有者」はフォルダ内の表示、ファイルの表示、追加、削除

・「投稿者」はファイルの表示、投稿者が追加したファイルの変更と削除

・「閲覧者」はフォルダの表示のみ。

 

ただ、詳細設定で細かい設定はできるようだが、更新権限を与えているユーザーは、「共同所有者」にしておいたほうが無難のようです。

 

http://d.hatena.ne.jp/yoshiyoshi-1413/20101204/1291433109

 

 

 

 


まえだまえだ兄弟主演の映画「奇跡」のロケ地

まえだまえだ兄弟主演の映画「奇跡」のロケ地を探しに行ってきました。

まず、Google地図で入口っぽい場所の緯度、経度を調べ、Androidスマホの「マップ」に入力し、そこを保存しておきます。

以下がその緯度、経度です。

「32.651245,130.660675」



そして、ナビに従い、熊本市内から、ひたすら「うきうきロード」を南下します。

以下の写真の不動産屋さんの看板が入口です。

左折して、細い道へ入って行きます。

20141123_152231.jpg

以下の写真のような、細い道で、離合が難しいので、注意して進みます。

20141123_153220.jpg

そして、以下の写真が、新幹線のトンネルの上です。

20141123_153512.jpg

そこには、車2台ほどはいる離合スペースがありますので、そこの車停めて新幹線を待ちます。

20141123_155121.jpg

熊本駅から南は、本数も少なくなるので、時刻表を確認して、その時間に合わせて行ったほうがいいかもしれません。

けっこう、待ちました。

20141123_155617.jpg


 


P.S.あらためて映画のシーン確認したら、どうも、このトンネルの南側出口がロケ地のようです。。。泣



ネットワークカメラ「ESCAM QD520」の暗視モードを無効化

ネットワークカメラ「ESCAM QD520」を貰ったのですが、高級すぎて、暗視モードまで付いている。

20141121_072059.jpg

しかし、暗いサーバー室のネットワーク機器に付いているLEDを監視したかったので、

周りはくっきり見えるのですが、肝心なLEDが見えなくなってしまう。

escam-kurai01.png

メニューだけは、日本語化されているが、マニュアルはすべて英語なので、なかなか答えに辿り着かず、雰囲気でさわっていて、やっと答えが見つかりました。

(1)「システム設定」タブをクリックし、(2)下の歯車マークの設定ボタンをクリックし、(3)「カメラパラメーター」をクリックします。

escam-kurai02.png

「デイ/ナイトモード」を「カラー」に変更し、「OK」をクリックします。

escam-kurai03.png

以下の画面が表示されたら、「OK」をクリックします。

escam-kurai04.png

以下の画面の右上の「X」マークをクリックして終了です。

escam-kurai05.png

以下のように周囲は暗くなりますが、LEDは見えるようになりました。

escam-kurai06.png

 

 


PowerActProマスターをインストールする為のIIS7の設定

PowerActPro(マスター)をWindowsServer2008にインストールするためには、IIS7.0をオプションインストールする必要があります。
インストールされていなかったり、必要なオプションがなかったりすると、PowerActProインストール中に以下のようなメッセージが表示され、インストール出来ません。
その為のIISインストール方法を以下に説明します。

image001.jpg
 
まず、スタートメニューから「プログラム→管理ツール→サーバーマネージャ」を選択します。

image002.jpg
 
以下の画面の左ペインで「役割」を選択し、右ペインで「役割の追加」をクリックします。

image003.jpg
 
 
以下の画面で、「次へ」をクリックします。

image004.jpg
 
以下の画面で「Webサーバー(IIS)」をチェックし、「次へ」をクリックします。

image005.jpg
 
以下の画面で、「次へ」をクリックします。

image006.jpg
 
 
以下の画面で「CGI」と「ISAPI拡張機能」をチェックします。

image007.jpg
 
下の方へスクロールして、「IIS6管理互換」をチェックし、「次へ」をクリックします。

image008.jpg
 
以下の画面で「インストール」をクリックします。

image009.jpg
 


Inkscapeで矢印の色を線の色に

Inkscapeで矢印を付けると、線の色を変えても黒のままです。

inkscapeyairo01.png

線の色に合わせるためには、線分を選択し、メニューから、「エクステンション→パスの変形→マーカーの色をストロークに合わせる」を選択します。

inkscapeyairo02.png

以下のように矢印も赤くなります。

inkscapeyairo03.png


オムロンPowerActProの為のWindows2012でのファイヤウォール設定

Windows2012でのファイヤウォール設定画面が全然違うのに、全く、オムロンのマニュアルには触れていないので、メモっときます。

デスクトップ左下をクリックします。

image001.jpg
 
以下の画面で「コントロールパネル」をクリックします。

image002.jpg
 
「コントロールパネル」で「システムとセキュリティ」をクリックします。

image003.jpg
 
 
以下の画面で「Windowsファイヤウォール」をクリックします。

image004.jpg
 
以下の画面の左側の「詳細設定」をクリックします。

image005.jpg
 
以下の画面で「受信の規則」を右クリックし、「新しい規則」を選択肢ます。

image006.jpg
 
 
以下の画面で「ポート」を選択し、「次へ」をクリックします。

image007.jpg
 
以下の画面で「TCP」を選択し、「特定のローカルポート」を選択し、「4112」と入力し、「次へ」をクリックします。

image008.jpg
 
 
以下の画面で「接続を許可する」を選択し、「次へ」をクリックします。

image009.jpg
 
以下の画面で「プライベート」のみをチェックし、「次へ」をクリックします。

image010.jpg
 
 
以下の画面で「名前」を入力し、「完了」をクリックします。
ここでは、「名前」は、「PAPro1」とします。

image011.jpg
 
再度、以下の画面で「受信の規則」を右クリックし、「新しい規則」を選択肢ます。

image006.jpg
 
 
以下の画面で「ポート」を選択し、「次へ」をクリックします。

image007.jpg
 
以下の画面で「UDP」を選択し、「特定のローカルポート」を選択し、「4114,4117」と入力し、「次へ」をクリックします。

image012.jpg
 
 
以下の画面で「接続を許可する」を選択し、「次へ」をクリックします。

image013.jpg
 
以下の画面で「プライベート」のみをチェックし、「次へ」をクリックします。

image014.jpg
 
 
以下の画面で「名前」を入力し、「完了」をクリックします。
ここでは、「名前」は、「PAPro2」とします。

image015.jpg
 

これで、ファイヤウォール設定完了です。

 


DELL PowerEdge T320 の起動

OSなしモデルを購入したので、まず、OSのインストールです。

付属している以下のDVDをドライブに挿入し、起動します。

20141110_151151.jpg

電源は小さいのですが、以下の写真の左上のボタンを押します。

20141110_151217.jpg

以下の画面が起動したら、「サーバーOSのインストール」の「設定」をクリックし、先へ進みます。

20141110_152031.jpg

以前に比べてわかりにくかったのが、「サービスタグ」です。

マニュアルやドライバーのダウンロードの際に必要になるのですが、以下の写真のシールに書かれているのが「サービスタグ」のようです。

20141110_155140.jpg

 


DELL PowerEdge T320 のディスク増設にはお金がかかる

DELL PowerEdge T320 を買ったんだが、ハードディスクは最小構成で買い、必要な分は、後で追加しようと思っていたら、なんと、ハードディスクはご親切にカセット式になっていて、脱着は簡単なんだが、ディスクが取り付けられるトレイは、購入したディスク分、1個しかない。。。驚

20141110_151217.jpg

他の7つのベイには、右側のダミートレイが入ってるだけだった。。。悲

20141110_165436.jpg

 

追加購入しようとDELLのサイト検索したら、トレイのみは売ってない。

http://goo.gl/qHOynx

2TBで4万円以上する。。。。怒

ぐぐっていると、以下のサイトが見つかり、

パーツNo. 0G302D/G302D/0F238F/F238F/0X968D/X968D は互換性があるようです。

http://decomo.info/wiki/pc/dell_poweredge_t320_memo

アマゾンあたりで、ちらほら出品しているようです。

http://t.co/xU3IxOtEB1

http://t.co/TY6s8L0y41

http://t.co/lDGAVCbuyC

 


WESTERNDIGITAL の 色分けディスク

最近は、WESTERNDIGITAL の 用途別の色分け区分がわかりやすいので、ハードディスクはこのメーカーを選んでいます。

20141106_063756.jpg

<青>

通常のパソコン用のディスクです。

8時間5日の稼働を想定して設計されています。

保証は2年です。

http://t.co/Y4ajio2IoQ

3.5インチ 1TB ¥ 7,539 通常配送無料(アマゾン価格)

<緑>

通常パソコン増設用、外付けHDD用のディスクです。

8時間5日の稼働を想定して設計されています。

保証は2年です。

性能と消費電力のバランスを突き詰めるため、アクセス状況により回転数を変化させる「IntelliPower」搭載。

発熱を抑えた低温動作と静音動作を保証します。

http://t.co/aISEuG9XRU

3.5インチ 1TB ¥ 5,990 通常配送無料(アマゾン価格)

<黒>

ゲームパソコン用のディスクです。

8時間5日の稼働を想定して設計されています。

CPTを搭載し、停電やハードディスクドライブへの電力損失によるデータ消失を防ぎ、リスクを最小限にします。

保証はシリーズ最長の5年です。

http://t.co/2z9RMiwev6

3.5インチ 1TB ¥ 7,900 通常配送無料(アマゾン価格)

<赤>

NAS用に設計されたディスクです。

24時間稼働を想定して設計されています。

保証は3年です。

RAID対応でシリーズ最高の70度での稼働を保証しています。

「IntelliPower」搭載。

サバーディスクにはこれを採用してます。

http://t.co/J5rmFOdvs6

3.5インチ 1TB ¥ 7,314 通常配送無料(アマゾン価格)

<紫>

監視カメラ用のディスクです。

24時間稼働を想定して設計されています。

保証は3年です。

「IntelliPower」搭載。

http://t.co/pQadZhQmzd

3.5インチ 1TB ¥ 7,617 通常配送無料(アマゾン価格)

 


 BLOG TOP