FC2ブログ

ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

Hyper-Vライブ・マイグレーションの構築手順

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1002/10/news120.html

 

ライブ・マイグレーションは、Windows Server 2008 R2のフェイルオーバー・クラスタ機能を利用するため、Enterprise以上のエディションやActive Directory環境が必須となる。

 

 


スポンサーサイト



Windows Server 2012 Hyper-VでWindows 2000 Serverを動かす

Windows 2000 Serverは、Windows Server 2012 Hyper-V(Hyper-V 3.0)でサポートされるゲストOSには含まれません。

しかし、起動して使う事が出来ます。

SCSIディスクは使えませんし、ネットワークもレガシーネットワークアダプタになりますが使う事は出来ます。

SP4でないとマウスが使えなかったと思います。

http://ojaoki.blog.so-net.ne.jp/2012-09-27

 

仮想マシンを作成して、Virtual Serverのときに作成したVHDを割り当てたら、「ネットワークアダプター」(統合サービスが必要なデバイス)ではなく「レガシネットワークアダプター」を追加しておきます。

 

Windows 2000 Serverを「セーフモード」を選択して起動します。

 

レジストリエディター(Regedit.exe)を起動して、

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentCOntrolSet\SafeMode\Minimal

の下にキーを作成し、「MSIServer」という名前にします。

そして、キーの既定の値(空の値)のデータに「Service」と設定します。

 

そして、「コントロールパネル」の「プログラムの変更と削除」を開き、「バーチャルマシン追加機能」を選択して、削除します。

 

http://yamanxworld.blogspot.jp/2013/03/virtual-server-windows-2000-hyper-v.html

 

 


XCOPYで所有権やアクセス権限もそのままコピーするには「/O」

XCOPYで所有権やアクセス権限もそのままコピーするにはオプションで「/O」を付ける。

http://www.k-tanaka.net/cmd/xcopy.php

 

以下の使い方がベストかな・・・


「xcopy コピー元 コピー先 /c /f /i /e /k /d /r /y /o >ログファイル名」

/c
コピー時のエラーを無視する

/f
コピー元とコピー先のファイル名を詳細表示する

/i
コピー先のディレクトリが存在しない場合は新規にディレクトリを作成する

/e
ファイルが存在しなくてもディレクトリごとコピーする

/k
通常は解除される読み取り専用属性を維持したままコピーする

/d
コピー先に同名のファイルが存在する場合に更新日が新しいファイルのみコピーする

/r
読み取り専用属性のファイルも上書きコピーできるようにする

/y
同名のファイルが存在する場合、上書きの確認を行わない

/o
ファイルの所有権やアクセス権限もそのままコピーする


 

 


 BLOG TOP