FC2ブログ

ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

IDE接続タイプの古いパソコンでSATAのハードディスクを使う

古いタイプのサーバーでディスクが満杯になり、ディスク増設が必要になったが、
古いタイプのディスク取扱が少なく、唯一あったディスクが500GBで2万円もした。
新しいタイプのディスクを古いタイプのサーバーに接続するための変換装置を購入すると、
装置と1TBのディスク合せても、9,000円で購入することができた。

なぜか、現在は少し値上がりしてる。
http://t.co/SaqBG7tgtw

なお、ディスクは、
NAS用に高温に強いWESTERNDIGITAL の WD 内蔵HDD Red 1TBを購入。
http://t.co/AII8eFmJT1


以下が接続図である。

20141004_092020.jpg

以下が実際に接続した写真です。
タワー方であれば、問題なく付けるスペースはあると思います。

20141004_092029.jpg


ジャンパースイッチで、マスターとスレーブは切り替えます。

20141004_092057.jpg

 

 


スポンサーサイト



Excel 2007 から最大行数が従来の6万5536行から104万8576行に増えたはずなのに

Excel 2007 から最大行数が従来の6万5536行から104万8576行に増えてると思って、

VBA作ってたら、65537行目で止まってしまう。。。なんで、と思ったら、

以下に答えがありました。

http://okwave.jp/qa/q6994180.html

2003までの拡張子「.xls」で保存していたら、最大行数も従来のままのようです。

「名前を付けて保存」で、拡張子を「Excelブック(*.xlsx)」に変更するようにとのことです。

ただ、VBAを動かすので、「Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)」に変更します。

他に「Excel バイナリブック(*.xlsb)」も使えます。

 

また、ADOでオープンしてSELECTなどSQL文を利用するときは、

新しいファイル形式で保存しても、正常に動作しないようだ。

この場合、エラー表示とかなく、SQL文で得られた値が違うだけなので、注意が必要だ。

 


 BLOG TOP