FC2ブログ

ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

「Google 日本語入力」の新版公開

「Google 日本語入力」の新版が公開された。

以下のサイトからダウンロードできます。

すでにインストールされている場合、自動的にアップデートされます。

 

http://www.google.com/intl/ja/ime/

 

<新機能>

・郵便番号から住所に変換(法人番号にも対応)

・ひらがなから英単語に変換

 

<機能向上>

・変換精度

・ソフト自体の安定性

・テンキー入力への対応

・かな入力機能に関する修正

 

 


スポンサーサイト



WordPressでブログの更新通知を自動でTwitterに流すプラグイン「Tweetable」

以下のサイトの説明を参考に「Tweetable」をWordPressに設定しました。

 

http://www.ryuzee.com/contents/blog/2760

 

WordPressの「プラグイン」画面で「新規追加」をクリックします。

Tweetable01.jpg

 

検索窓に「Tweetable」を入力し、「プラグインの検索」をクリックします。

Tweetable02.jpg

 

以下が表示されますので、「インストール」をクリックします。

Tweetable03.jpg

 

以下の画面で「今すぐインストール」をクリックします。

Tweetable04.jpg

 

インストールされたら、以下の画面で「プラグインの有効化」をクリックします。

Tweetable05.jpg

 

WordPress左メニューの「設定」の下に「Twitter」という項目が増えているので、これを選択し、

ページ上部の「Register Application」をクリックします。

Tweetable06.jpg

 

Twitter側のアプリケーション登録画面が表示される(下図)ので、必要な項目を入力します。

 

Application Nameはブログの名前
Descriptionはブログの説明
Application WebsiteはブログのURL
Application TypeはBrowser
Callback URLは、前項の画面でページ下部の説明の5番目の項目にあるものをコピペ
Default Access TypeはRead & Write

 

入力が終わったら「保存ボタン」をクリックします。

Tweetable07.jpg

 

Consumer KeyとConsumer Secretが生成されるので、控えておきます。

Tweetable08.jpg

 

Tweetableのセットアップ画面に戻り、最下部の「Continue」ボタンをクリックします。

Tweetable09.jpg

 

以下の画面が表示されますので、先ほどTwitter側で発行されたConsumer Keyと

Consumer Secretを入力し、「Save and Continue」をクリックします。

Tweetable10.jpg

 

Twitterのアカウントを入力する画面が下図のように表示されるので、入力し、

「Save and Continue」をクリックします。

Tweetable11.jpg

 

Twitterアカウントの認証が行われるので、下図の「Sign in with Twitter」ボタンをクリックします。

Tweetable12.jpg

 

アクセス許可画面が表示されるので「許可する」をクリックします。

Tweetable13.jpg

 

wordpress側に戻されるので、画面右下の「finish」をクリックします。

Tweetable14.jpg

 

最後に以下の画面で必要項目を設定して、「Save Change」をクリックしたら終了です。

「Auto-Tweet Posts」で「Automatically tweet posts when they are published」にチェックしたら、

WordPress投稿時にTwitするという意味です。

「Auto-Tweet Posts Prefix」は、Twitter投稿時に付与するprefixです。

最低、以上の2つを設定すればいいようです。

Tweetable151.jpg


読み取れなくなったメディアのデータを復旧する「dvdisaster」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100126/343802/

 

dvdisasterは、メディアに保存されているデータを読み取り、独自のアルゴリズムで計算をして、計算結果を1つのパリティ・ファイルに保存する。

これはいわば、RAID-5構成のハードディスク装置に保存するパリティや、データ圧縮のファイル・フォーマットの1つであるrarで使用される「リカバリ・レコード」と同じ考え方に基づく手法だ。

メディアからデータが読み取れなくなるなどのトラブルが発生した場合には、このパリティ・ファイルを利用して元のデータを復旧させる。

パリティ・ファイルは、設定にもよるものの、おおむね保存されているデータの15%程度の容量となる。

このため、万が一のために複数枚のメディアを作成してデータを冗長化して保存するよりは、かなり効率的な予防的保管方法と言えるだろう。

 


 BLOG TOP