ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

今更聞けないTwitter

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0907/29/news054.html

Twitterは、「フォローする」「つぶやく」という2つの機能がキモだ。

フォローとは、ほかのユーザーの投稿「つぶやき」を受け取り、自分のページに表示すること。

このつぶやき一覧を、「タイムライン」と呼ぶ。

 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0907/28/news011.html

投稿は「つぶやき」(Tweet)と呼ばれ、文字数は140字に限られるが、その分気軽に素早く投稿できるのが特徴。

ユーザー同士は「フォロー」でつながる。

 

 


スポンサーサイト

WordPress から Twitter にポストする「Simple Tweet」

WordPress から Twitter にポストするプラグイン「Simple Tweet」です。

「Tweetable」と違い「Simple Tweet」だと、長いタイトルでもちゃんとTwitter にポストできました。

以下のサイトを参考にインストールしました。

http://wppluginsj.sourceforge.jp/simple-tweet/

 

インストール設定方法は、プラグインの管理画面で「新規追加」をクリックします。

 

検索キーワードに「Simple Tweet」と入力し、「プラグインの検索」をクリックします。

 

「Simple Tweet」が表示されたら、右側の「インストール」をクリックします。

 

以下の画面で「今すぐインストール」をクリックします。

 

以下の画面で「プラグインを有効化」をクリックします。

 

「設定→Simple Tweet」をクリックすると「Simple Tweet」の設定画面が表示されますので、

基本的に「Twitter アカウント」と「Twitter パスワード」を設定すれば、Twitter にポストで来ます。

最後に「設定の変更」をクリックして設定終了です。

 

オプション

  • Twitter アカウント
    更新通知をつぶやくためのTwitterアカウント。
  • Twitter パスワード
    上記Twitterアカウントのパスワード
  • URL圧縮する
    チェックすると、パーマリンクを TinyURL で圧縮して、Twitter に投稿します。
  • Twitter でつぶやく言葉
    Twitter上でコ更新通知としてつぶやく言葉を編集できます。
    以下の文字は、それぞれ変換されます。

    %TWITTER_ID% - Twitter アカウント
    %SITE_NAME% - サイト名
    %POST_NO% - ポスト番号
    %POST_TITLE% - タイトル
    %POST_EXCERPT% - 投稿内容の抜粋
    %PERMALINK% - パーマリンク

  • 記事本文に "Tweet This" リンクを挿入する
    エントリの末尾に "Tweet This リンクを自動的に挿入します。
  • "Tweet This" リンクの内容、"Tweet This" リンクに表示するテキスト
    "Tweet This" リンクをカスタマイズできます。

"Tweet This" リンクをテンプレートタグとして使う

"Tweet This" リンクをテンプレートタグとして使いたい場合は、以下のコードを利用中のテーマテンプレートに書いてください。

<?php if (function_exists('tweet_this_link')) tweet_this_link(); ?>

 


「Google 日本語入力」の新版公開

「Google 日本語入力」の新版が公開された。

以下のサイトからダウンロードできます。

すでにインストールされている場合、自動的にアップデートされます。

 

http://www.google.com/intl/ja/ime/

 

<新機能>

・郵便番号から住所に変換(法人番号にも対応)

・ひらがなから英単語に変換

 

<機能向上>

・変換精度

・ソフト自体の安定性

・テンキー入力への対応

・かな入力機能に関する修正

 

 


WordPressでブログの更新通知を自動でTwitterに流すプラグイン「Tweetable」

以下のサイトの説明を参考に「Tweetable」をWordPressに設定しました。

 

http://www.ryuzee.com/contents/blog/2760

 

WordPressの「プラグイン」画面で「新規追加」をクリックします。

Tweetable01.jpg

 

検索窓に「Tweetable」を入力し、「プラグインの検索」をクリックします。

Tweetable02.jpg

 

以下が表示されますので、「インストール」をクリックします。

Tweetable03.jpg

 

以下の画面で「今すぐインストール」をクリックします。

Tweetable04.jpg

 

インストールされたら、以下の画面で「プラグインの有効化」をクリックします。

Tweetable05.jpg

 

WordPress左メニューの「設定」の下に「Twitter」という項目が増えているので、これを選択し、

ページ上部の「Register Application」をクリックします。

Tweetable06.jpg

 

Twitter側のアプリケーション登録画面が表示される(下図)ので、必要な項目を入力します。

 

Application Nameはブログの名前
Descriptionはブログの説明
Application WebsiteはブログのURL
Application TypeはBrowser
Callback URLは、前項の画面でページ下部の説明の5番目の項目にあるものをコピペ
Default Access TypeはRead & Write

 

入力が終わったら「保存ボタン」をクリックします。

Tweetable07.jpg

 

Consumer KeyとConsumer Secretが生成されるので、控えておきます。

Tweetable08.jpg

 

Tweetableのセットアップ画面に戻り、最下部の「Continue」ボタンをクリックします。

Tweetable09.jpg

 

以下の画面が表示されますので、先ほどTwitter側で発行されたConsumer Keyと

Consumer Secretを入力し、「Save and Continue」をクリックします。

Tweetable10.jpg

 

Twitterのアカウントを入力する画面が下図のように表示されるので、入力し、

「Save and Continue」をクリックします。

Tweetable11.jpg

 

Twitterアカウントの認証が行われるので、下図の「Sign in with Twitter」ボタンをクリックします。

Tweetable12.jpg

 

アクセス許可画面が表示されるので「許可する」をクリックします。

Tweetable13.jpg

 

wordpress側に戻されるので、画面右下の「finish」をクリックします。

Tweetable14.jpg

 

最後に以下の画面で必要項目を設定して、「Save Change」をクリックしたら終了です。

「Auto-Tweet Posts」で「Automatically tweet posts when they are published」にチェックしたら、

WordPress投稿時にTwitするという意味です。

「Auto-Tweet Posts Prefix」は、Twitter投稿時に付与するprefixです。

最低、以上の2つを設定すればいいようです。

Tweetable151.jpg


読み取れなくなったメディアのデータを復旧する「dvdisaster」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100126/343802/

 

dvdisasterは、メディアに保存されているデータを読み取り、独自のアルゴリズムで計算をして、計算結果を1つのパリティ・ファイルに保存する。

これはいわば、RAID-5構成のハードディスク装置に保存するパリティや、データ圧縮のファイル・フォーマットの1つであるrarで使用される「リカバリ・レコード」と同じ考え方に基づく手法だ。

メディアからデータが読み取れなくなるなどのトラブルが発生した場合には、このパリティ・ファイルを利用して元のデータを復旧させる。

パリティ・ファイルは、設定にもよるものの、おおむね保存されているデータの15%程度の容量となる。

このため、万が一のために複数枚のメディアを作成してデータを冗長化して保存するよりは、かなり効率的な予防的保管方法と言えるだろう。

 


twitter の始め方

twitter の始め方は、以下のサイトがわかりやすかったです。

 

http://www.3v9.net/strugarden/twitter/index.html

 

twitter とは・・・は、以下のサイトが面白かったです。

 

http://maname.txt-nifty.com/blog/2007/12/twitter3.html

 

 

<登録方法>

http://twitter.com/

にアクセスし、以下の画面で「今すぐ登録」をクリックします。

twitteradd01.jpg

 

以下の画面で

名前(ユーザーページのプロフィール(右上)等に表示される名前)を入力します。

ユーザー名URL(http://twitter.com/[ユーザー名]/となります。)を入力します。

既に同じユーザー名のユーザーが存在する場合はエラーとなり、別の名前を指定する必要があります。

パスワード(ログイン時に使用するパスワード)を指定します。(6文字以上)

メールアドレス(登録の確認や、各種通知の受け取りに使用するメールアドレス)を指定します。

上記の文字を入力してください右側の枠に囲まれた部分に表示されている歪んだ形の英単語 2つを、間にスペースを入れて入力します。

以上の情報を入力して「アカウントを登録する」をクリックすると登録が完了します。

twitteradd02.jpg


帝国データバンクの電子入札用カードリーダー

帝国データバンクの電子入札用カードリーダーを久々に設定したのでメモしておきます。

USBタイプを頼んだのですが、封筒に入れられ送られてきて、開封した状態が以下の写真です。

封筒で送るなら、箱は潰れないタイプのものにすればいいので・・・怒

今どき、こんな梱包・・・

tdbecusb1.jpg

 

そして、設定ですが、ドライバーCDも入っていません。

ホームページからダウンロードしろ・・・とのことでした。

http://www.tdb.co.jp/typeA/

にアクセスして、「ダウンロード」「ドライバーソフト」とクリックしていきます。

注意事項ですが、インストール中に指示があるまでは、絶対にカードリーダをパソコンに接続しないでください。

tdbecusb2.jpg

 

ダウンロードしたファイルを解凍したフォルダの中の、「SSC001(USB)」のフォルダを開き、

そこの「setup.exe」を実行し、以下の画面が表示されたら、「インストール」をクリックします。

tdbecusb3.jpg

 

以下の画面で「次へ」をクリックすると、インストールが開始されます。

tdbecusb4.jpg

 

以下の画面が表示されたら、カードリーダーをUSBポートに差し込んでください。

tdbecusb5.jpg

 

以下の画面が表示し、「完了」をクリックすると、パソコンが再起動し、設定終了です。

tdbecusb6.jpg

 


Google Chrome 久々の大幅機能アップ

Google Chrome が久々に大幅機能アップしました。

バージョンは、「4.0.249.78」になるそうです。

 

・ブックマーク同期

・拡張機能

 「はてなブックマーク拡張」や、Gmailチェッカー、Twitterクライアントなど、1,800以上の拡張が公開されている。

 https://chrome.google.com/extensions

・HTML5 サポート

・JavaScript性能向上

 

早速、同期機能を試してみました。

最初の起動画面で、下のほうの「ブックマークを同期」をクリックします。

chorome41.jpg

 

以下の画面で、Googleに登録のメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

chorome42.jpg

 

同期が完了したら、以下の画面が表示されますので、「OK」をクリックします。

chorome43.jpg

 

なお、同機能は「ブックマークマネージャ」からもできます。

chorome44.jpg

 

ブックマークマネージャを起動し、以下の画面の「ブックマークを同期」をクリックします。

chorome45.jpg

 

なお、同期したブックマークは、「Googleドキュメント」で確認、管理することができます。

chorome46.jpg


A9Converter がDWG出力にも対応

以前、DWGファイルのバージョンを下げるソフトとして、DXFファイルにバージョンダウン出来るフリーソフト「A9Converter」を紹介しましたが、DWG出力にも対応したようです。

以下のサイトからダウンロードできます。

 

http://www.a9tech.com/

 

以下の画面で「A9Converter」の下の「Download」をクリックすると、セットアップファイル「A9ConverterSetup.exe」がダウンロードされますので、それを実行するとインストールされます。

a9con-dwg1.jpg

 

スタートメニューより「プログラム→A9Tech→A9Converter→A9Converter」を選択すると以下の画面が起動しますので、

1)変換するファイルをドラッグします。複数ファイルを選択できます。

2)出力形式を選択します。DWGとDXFが選択できます。

3)出力ファイルのバージョンを指定します。(AutoCAD LT97で開きたいときは、AutoCAD 14を選択します)

4)出力フォルダを指定します。

5)「Convert」をクリックすると、変換を開始します。

a9con-dwg2.jpg

 

以下の画面で表示されたら変換終了です。「OK」をクリックしてください。

a9con-dwg31.jpg

 

以下の画面で「OK」をクリックして、A9Converter を終了します。

指定したフォルダに変換されたファイルが保存されています。

a9con-dwg4.jpg

 


WordPressの最大アップロードサイズを変更

http://word-express.net/kowaza-2

 

ただし、ロリポップ、チカッパ、ハッスルサーバーではupload_max_filesizeの編集は許可されていません

 

 


ロリポップでのMySQLの利用

http://lolipop.jp/

 

ロリポップでMySQLを使ってみましたので、作成方法をメモしておきます。

ユーザー専用ページにログインし、「WEBツール」の「データベース」をクリックします。

loli-db1.jpg

 

以下の画面で「データベース作成」をクリックします。

loli-db2.jpg

 

以下の画面で、「作成するサーバー」を選択肢、「データベース名」と「接続パスワード」を入力し、「作成」をクリックします。

 

以下の確認画面が表示されたら、「OK」をクリックします。

loli-db41.jpg

 

以下の確認画面が表示されたら、「OK」をクリックします。

loli-db51.jpg

 

以下の画面が表示されたら、データベース作成終了です。

「サーバー」「データベース名」「ユーザー名」と設定したパスワードは忘れないようにしましょう。

loli-db6.jpg

 


WordPress テーマの「oriental」でタイトルを左寄せにする

WordPress テーマの「oriental」のレイアウトがベストなんですが、

タイトルが右寄せというのが気に入りません。

そこで、左寄せにする方法を調べました。

 

style.cssを編集します。

 

.post h2.posttitle {

padding: 0;

margin: 0;

float: right;

font-size: 1.2em;

}

float: right;

float: left;

に変更します。

逆に投稿日付や分類などは、右寄せに変更します。

small.postmetadata {

font-size: 0.85em;

}

float: right;

を追加し、

small.postmetadata {

font-size: 0.85em;

float: right;

}

とします。

本文のレイアウトが、ちょっとおかしいので、以下を追加しました。

.entry {

padding: 10px 25px;

}

 


激安フォトブック作成サービス「nocoso」

1,000円で写真集を作成してくれるサービスです。

基本的に16ページまでのフォトブックが1,000円なんですが、

1/28までは、キャンペーン中で、40ページまで1,000円です。

https://www.nocoso.net/

ユーザー登録して、画像ファイルをアップするだけです。

ページごとにコメントも入れることが出来ます。

以下が、今回、鬼嫁が作った息子の写真集です。

シンプル版とカバーがつくリッチ版です。

じいちゃん、ばあちゃんの分まで作って、送っていました。

じいちゃん、ばあちゃん大喜びです。。。笑

P1000084-2.jpg P1000085-2.jpg


WebPrintBrowser に用紙幅に合わせる機能が

WebPrintBrowser に用紙幅に合わせる機能が付加されました。。。喜

これで完璧な印刷ブラウザです。

 

さっき、WebPrintBrowser を起動したら、以下の画面が表示されたので、「OK」をクリックしたら、バージョンが2.2.0になりました。

webprint-verup1.jpg

 

印刷レイアウトの指定が「全体を用紙1枚に」と「全体を横幅基準で」に変更されていました。

webprint-verup2.jpg

 

以下の画面がgooのページを「全体を横幅基準で」プレビューした画面です。

印刷すると、用紙幅にレイアウトされ、2ページに印刷されます。

webprint-verup3.jpg

 

以下の画面がgooのページを「全体を用紙1枚に」プレビューした画面です。

ちょっと右側が空白になります。

印刷すると、1ページに縮小され印刷されます。

2ページ目にちょっとはみ出るページなどは、こちらで印刷するといいですね。

webprint-verup4.jpg

 


簿記3級過去問題の解答用紙

簿記3級過去問題の解答用紙は、以下のサイトからダウンロードできました。

112回から123回までの解答用紙のPDFです。

 

http://bookstore.tac-school.co.jp/pages/?add/answer_index#03

 

「よくわかる簿記シリーズ 合格するための過去問題集 日商簿記3級 '10年2月・6月検定対策」の横のボタンをクリックするとダウンロードできます。

boki3-kaitoyosi.jpg

 


いきなりチャレンジ日商簿記2級

「いきなりチャレンジ日商簿記2級」という本を中古で購入し、チャレンジしようとしたのですが、

工業簿記までできそうもありません。

 

http://www.amazon.co.jp/いきなりチャレンジ日商簿記2級-商業簿記編―ダイレクト方式-沢-昭人/dp/4502029505

http://www.amazon.co.jp/いきなりチャレンジ-日商簿記2級―工業簿記編-沢-昭人/dp/4502017914

 

 

3級から受けることにしました。

 

 


簿記3級の過去問題

簿記3級の過去問題は、以下のサイトからダウンロード出来ました。

 

http://www.boki-navi.com/journalizing/3.html

 

 


ガンブラー

トレンドマイクロから電話があり、営業的な電話だったのですが、

「ガンブラー」って知ってますかと聞かれて、知りませんと答えたので、

ちょっと調べてきました。

 

ガンブラーとは、Webサイトを改ざんし、サイトへの訪問者を悪質なサイトへリダイレクトしてウイルスに感染させる「サイト誘導型」攻撃に対する呼称です。2009年5月にリダイレクト先サイトのドメイン名が「gumblar.cn」のサイト誘導型攻撃が話題となったことを契機に、その後はこうした手口の攻撃全般がガンブラーと呼ばれるようになりました。

攻撃者の目的は、個人パソコンや企業システムから金銭につながる情報を盗むことにあります。

2009年末から2010年初めにかけて、国内の有名企業・団体の正規サイトがガンブラー攻撃の被害を受けたため、再び注目を集めています。今回の攻撃では、リダイレクト先サイトから、FTPサーバーのログイン情報を盗むウイルスがユーザーのパソコンにダウンロードされる事例が観測されました。

 

 


WebPrintBrowser での領域印刷

WebPrintBrowser で不満な点ばかり書いてきたので、開発者の方に申し訳ないので、お気に入りの機能を紹介します。

領域印刷機能です。

ホームページの必要な部分のみを領域指定して、印刷できます。

「印刷領域を指定する」をクリックすると、左上に青い領域が表示されますので、それを印刷したい部分に移動します。

webprintryoiki1.jpg

 

印刷したい領域に、青い部分の辺をつかみドラッグして広げます。

そして、「プレビュー」をクリックしてください。

webprintryoiki2.jpg

 

以下のように指定した領域のみのプレビューが表示されますので、「印刷」ボタンをクリックしたら印刷されます。

なお、前画面の「選択領域をコピー」をクリックすると、選択した領域がクリップボードにコピーされますので、ワープロソフトなどで貼りつけて、そのイメージが利用できます。

webprintryoiki3.jpg


SASディスクとSATAディスクの違い

http://www.nec.co.jp/products/express/tech/hddsassat/index.shtml

http://www.atmarkit.co.jp/fsys/kaisetsu/070server_hdd2006/server_hdd2006.html

 

サーバー選定に当たり、HPのオンライン見積もりでは、

SATAディスクは毎日8時間程度の運用を想定していて、24時間運用の場合は、SASディスクを選定しろ

と書いてありました。

 

SASディスクとSATAディスクの違いを調べてみたのですが、

「SAS」は、幅広くサーバに採用されているSCSIの後継にあたり、データ転送能力を向上しています。

SATAと比較して、性能、信頼性が高く、主にミドルレンジ以上のサーバに採用されています。

sata-sas.jpg

 

価格的には、価格.comで調べたのですが、

http://kakaku.com/pc/hdd-scsi/

500GBの最安値で、SATA:4,452円に対し、SAS:19,799円で、約4倍します。

 

2年くらいSATAディスクで24時間運転しているサーバーがありますが、ディスクトラブルはないようですので、

バックアップさえしっかりしていれば、SATAディスクで24時間運転でも、そこまで心配することはないように思えます。

逆にディスクトラブル時に、SASは一般的なパソコンショップでは手に入らず、メーカーサポートに頼るしかないというところがあります。

 

 

 


ポテチの手

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1001/19/news054.html

 

そこまでして「ポテチ」が食べたいかと思いつつも、熱意に拍手!

 

ts_pote02.jpg

 


簿記 TV講座

http://www.gokaku.tv/boki3/kakomon/3_118_1.html

 


最速(?)のファイルコピー&削除ツール「FastCopy」のACL属性

最速(?)のファイルコピー&削除ツール「FastCopy」のオプションで「ACL属性」というのがあるが、

これはフォルダやファイルのアクセス権をコピーするかどうかのオプションです。

http://www.ipmsg.org/tools/fastcopy.html

 

ACL属性に関しては、以下に詳しく説明されています。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/700whatisacl/whatisacl.html

 

fastcopy-acl.jpg

 

フォルダのプロパティを開くと以下の画面が表示され、「共有」タブで共有フォルダのアクセス権を設定しますが、

「セキュリティ」タブで設定するアクセス権がACL属性でAccess Control Listというもので、

簡単に言えば、ローカルアクセス権です。

共有フォルダのアクセス権より、ACL属性が優先されます。

fastcopy-acl2.jpg

 


記号の入力は、Googleに拘らなくても・・・

記号の入力をGoogle日本語入力でと調べてきたんですが、

よく考えれば、MS-IMEのほうが使い易いんだったら、そちらを使えばいいと思うようになりました。

 

以下の言語バーで、青風船みたいなボタンをクリックし、「Microsoft IME」を選択します。

kigounyuryoku1.jpg

 

以下のように「Microsoft IME」言語バーに切り替わったら、「ツール」をクリックし、「IMEパッド」を選択します。

kigounyuryoku2.jpg

 

以下の画面で、左側の「文字一覧」をクリックすると、カテゴリー分けされた画面になりますので、目的のカテゴリーから記号を探せばいいわけです。

kigounyuryoku3.jpg

 

たまにしか使わない記号は、これでいいと思いますし、よく使う記号は、単語登録しておけばいいかなと思います。

 

 


Google 日本語入力での記号入力

Google 日本語入力では、MS-IMEみたいに一覧から記号入力とかはできませんが、

「きごう」と入力すると、以下のようにたくさん変換候補が現れます。

変換候補が158もあるので、ほとんどこれで用が足ります。

googleime-kigou0.jpg

 

また、Zコマンドというのがあって、Zキーとの組み合わせで、以下の記号が表示されます。

おぼえておくと便利です。

googleime-kigou1.jpg

 

 

 


EXCELで矢印キーを押すと画面がスクロールする

Excel で矢印[→]キーを押すと画面がスクロールし、セルの移動ができないときがあります。

画面がいっしょにスクロールしてしまいます。

 

そのときは、

1)キーボードの近くにある[Scroll Lock] ランプが点灯していないか調べます。

2)点灯していたら、[Scroll Lock] キーを一度押します。

3)[Scroll Lock] ランプが消えるとセルの通常の入力ができるようになります。

 

 


巡回冗長検査(CRC)エラーでCD-Rのファイルが開けない

巡回冗長検査(CRC)エラーでCD-Rのファイルが開けないので原因を教えてくれと問い合わせがあり、調べてみました。

結論は、原因は多岐に渡るためわからない。。。でしょう。

しかし、わかりやすく原因、対処方法を説明されているサイトが以下にありました。

 

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2016825.html

http://www.microsoft.com/communities/newsgroups/en-us/default.aspx?dg=microsoft.public.jp.windowsxp&tid=66481ff6-b45d-4131-9374-3bd79c5d99c3&cat=&lang=&cr=&sloc=&p=1

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010431310

 

 

作成した PC で読めるか?

<読めない場合>

・CD-R ドライブの故障 → ドライブ交換

・媒体不良(外国メーカーの安物はトラブルが多い) → 国産メーカーのCD-Rを使う

<読める場合>

・作成時に焼付け速度を低くする

・装置のレンズクリーニングを行う

・CD-Rの表面を柔らかい布等で、清掃する

 

 

CRCエラーとは?

http://deltatech.blog90.fc2.com/blog-entry-56.html

 

とんでもない対処方法

http://freesoft.tvbok.com/tips/hdd/cdrdvdr.html

冷蔵庫で冷やす

 

 


ホームページ印刷ソフト「WebPrintBrowser」がページ全体印刷を実装

ホームページ印刷ソフト「WebPrintBrowser」がページ全体印刷を実装したようです。

わざわざ、作成者の方から直接案内いただいたので、試してみました。

 

以下のベクターからダウンロードできます。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se480750.html

ベクターが最新でない場合、現在、以下のリンクから直接ダウンロードすることもできます。

http://asterware.net/deploy/wpb2b.zip

 

以下の画面のように「通常印刷」「拡大」「拡大(比率維持)」で印刷タイプが切り替えられます。

 

しかし、用紙幅に合わせた印刷機能がほしいですね。

現在のところ、「WPEndia」の利用がメインになっちゃいます。

webprint200.jpg

 

以下の画面が通常ブラウザで印刷した結果です。

まったく違ったレイアウトになっています。

webprint201.jpg

 

「通常印刷」

webprint202.jpg

 

「拡大」

webprint203.jpg

 

「拡大(比率維持)」

webprint204.jpg

 


5GB無料のオンラインストレージ「ネイバー」

http://ndrive.naver.jp/

 

 


ハードディスクは使わないと劣化する

最近、ハードディスクの価格が下がり、Windows標準のバックアップソフトもディスク保存機能がついたので、

バックアップメディアとしてハードディスクを利用している人も多いと思います。

しかし、ハードディスクは使わないと劣化するようです。

保管期間が長くなる(つまりハードディスク本来の使い方をしていない期間が長くなる)につれ、

磁性材料の経年劣化が発生する危険性が高まり、

駆動装置部分も長期間静止状態におかれていることにより不具合が発生することが考えられるようです。

また、使わないので、壊れる予兆もわかりません。

いざ、バックアップが必要になり、ハードディスクからリストアしようとしたら、まったく認識しないということにもなりかねません。

 

以下に、フリーソフト「HDD Walker」 を使った防止方法が掲載されていました。

「HDD Walker」 は、ディスクチェック用に使っていましたが、こういう使い方もできるんですね。

ハードディスクのすべてのセクターをシーケンシャルに読み込むことで再磁化し、

セクターの磁化レベルをリフレッシュすることで、データとしての信頼性を保持できます。

また、ハードディスクを駆動させることにより、駆動装置部分の不具合も予防できます。

 

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100112/343138/

 

 

 


 BLOG TOP  »  NEXT PAGE