ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

最近のノートパソコンのPCカードスロットに注意

最近のノートパソコンのPCカードスロットは、外見は同じようなんだが、

「ExpressCard スロット」のことが多いようで、特に通信カードとか使えないことが多いので注意が必要です。

以下の写真はDELLのVostroで、普通のPCカードスロットに見えます。

dell-note.jpg

 

でも、中は以下の写真の「ExpressCard/34」か「ExpressCard/54」しか挿せなくなっています。

300px-PCCard-ExpressCard.png

 

auの通信カードを使うには、以下のアダプターが必要です。

1)auデータ通信端末用エクスプレスカードアダプタ EX111-au

http://www.hsgi-shop.jp/product/117

9,980円

aucard600.gif

 

2)USB接続 データ通信カードアダプター USB2-PCADPJ

http://www.iodata.jp/product/mobile/cable/usb2-pcadpj/index.htm

13,600円

12dh94000000s8aw.jpg

 


スポンサーサイト

VBでネットワークフォルダを指定してOPENダイアログを使用

 

GetOpenFilenameメソッドの既定フォルダを指定するにはカレントドライブ、カレントディレクトリを設定します。
通常だとカレントドライブ、カレントディレクトリの変更にはChDrive、ChDirを使用しますが、
VBA関数のChDriveではネットワーク上の共有フォルダに対応していないため、
WIN32APIのSetCurrentDirectory関数を用いる事がポイントです。
 


Private Declare Function SetCurrentDirectory _
        Lib "kernel32" Alias "SetCurrentDirectoryA" _
            (ByVal lpPathName As String) As Long
 
Public Function NetFileInputDialogDsp(NetPathName As String) As Variant
    Dim ret As Long
 
    'NetPathName 例:\\NetPCName\ShareDir
    ret = SetCurrentDirectory(NetPathName)
 
    If ret <> 0 Then
        NetFileInputDialogDsp = Application.GetOpenFilename("CSVファイル (*.csv), *.csv")
    Else
        MsgBox "既定のドライブ、フォルダが見つかりません"
        NetFileInputDialogDsp = False
    End If
 
End Function

 


Exchange Server 2000 のエラー

データベース "最初のストレージ グループ\プライベート インフォメーション ストア " でエラーが発生しました。
 関数名または問題点の説明: Restrict/SetSearchCriteria
エラー: -1102 Warning: fail to apply search optimization tofolder(FID 1-CA2A)   Retrying without optimization.

詳細については、http://www.microsoft.com/contentredirect.aspを参照してください。

 

上記のエラーについての説明は、以下のサイトにありました。

http://support.microsoft.com/kb/327997/ja

同時に参照するテーブルが多すぎるために、Exchange 2000で選択された方法が機能しない場合に発生するエラーのようです。

 

修正プログラムが以下のサイトで公開されているようです。

http://support.microsoft.com/kb/329882/

 


Cdralw2k サービスは無効であるか、または有効なデバイスが関連つけられていないため・・・

Windows 2000 上で、

Cdralw2k サービスは無効であるか、または有効なデバイスが関連つけられていないため、開始できませんでした。

イベントビューアに出力されました。

 

理由は、以下にありました。

http://support.microsoft.com/kb/811614/ja

 

 


ギリシャ数字

http://www.slg.ne.jp/contents/sub/common/greek.html

 


1 モノ
2 ジ
3 トリ
4 テトラ
5 ペンタ
6 ヘキサ
7 ヘプタ
8 オクタ
9 ノナ
10 デカ

 


Word でフォントサイズを変更するショートカット

Word でフォントサイズを変更するには、メニューからフォントサイズを選べばできるのですが、

ショートカットを覚えておくと便利です。

 

文字列を範囲選択し、

「CTRL」キーと「Shift」キーを押した状態で、「>」キーを押すと、

フォントサイズが1サイズ大きくなります。

「CTRL」キーと「Shift」キーを押した状態で、「<」キーを押すと、

フォントサイズが1サイズ小さくなります。

 

「もうちょっと大きくしたい」とか「もうちょっと小さくしたい」とき便利です。

 

ただし、Excelではできませんでした。あしからず・・・

 

 


Windows 7の「Windowsタッチ」機能

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20091016/1029665/

 

Windows 7パソコンのトレンド機能といえば、「Windowsタッチ」という記事がありました。

「マルチタッチ」に対応しているパソコンなら、指で画面を触って操作できるようで、Windows 7の「Windowsタッチ」機能を使い、マウスやキーボードよりも直観的に操作できるようです。

マルチタッチなので、複数の指でさまざまな操作が可能です。

写真を拡大したり、移動させたり、手書き風のイラストも描けます。

メーカーによっては、タッチ機能をより活かすための独自ソフトを開発して搭載してきているようです。

 

富士通「FMV-BIBLO MT」は、タッチパネル式の12.1型ワイド液晶を搭載するようで、価格は15万円前後です。

家の中でテレビを見ながらネットで調べ物をしたり、電話をしながら手書きのメモをしたりするためのモデルということなので、詳細レビューがでてこないとわかりませんが、安価に検査関係の仕事に使えそうです。

thumb_250_06_px250.jpg

 

<追伸>

先日放送されたフジテレビの番組「情報エンタメLIVEジャーナる! 」で、Windows 7のデモを行ったところ、

生放送中にタッチパネルが反応せずにスタジオの面々が苦笑い状態になった。

日本マイクロソフトの樋口社長も、『Windows7』のプロモーションでタッチパネルがなかなか反応しなかったようだ。

タッチパネルが反応しなかったのは照明が強すぎたのが原因だったようだが、

そのへんの確認をしていなかったのも、マイクロソフトのあせりを感じます。

 

<追伸2>

Microsoft幹部の話によると、一部のマルチタッチ機能は現在開発中のOffice 2010に統合される見通しということです。

 

 

 

 


Exchange Server 2000 では、削除の設定がストレージ容量管理に有効

Exchange Server 2000 では、ストレージの最大が16GBですぐにいっぱいになってしまいます。

こまめにメンテナンスしているのですが、ストレージの「削除の設定」が有効のようです。

保存設定が有効なのは、「削除済みアイテム」「削除済みメールボックス」だけではないようです。

送受信に使った領域も関係があるようです。

 

削除の設定は、「システムマネージャー」の「プライベートインフォメーションストア」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。

exchange2000sizeset1.jpg

 

以下の画面で「制限」タブを選択し、「削除済みアイテムの保存期間」「削除済みメールボックスの保存期間」を30日から10日に変更しただけで、

「オンラインでのディスクの最適化」で4GB近くの空き容量ができました。

exchange2000sizeset2.jpg


bing のウェブマスターツール

いつのまにか、「bing」のウェブマスターツールが日本語化されていました。

 

http://www.arnebrachhold.de/redir/sitemap-lwt/

 

上記URLにアクセスすると、以下のページが表示されます。

 

ユーザー登録は、「新規登録」をクリックします。

以下のページで情報を入力し、登録します。

 

以下のようなメールが届きますので、指定されたアドレスにアクセスします。

bing-add3.jpg

 

以下のページで「OK」をクリックしたら、ユーザー登録完了です。

bing-add41.jpg

 

しかし、ウェブマスターツールにログインしたのですが、中身は英語でした。。。怒

bing-add5.jpg


EASEUS Partition Master を使いCドライブを広げる

数年前に買ったノートパソコンのハードディスクは40GBというのがよくあり、

そのうえ、メーカーによっては、Cドライブ20GB、Dドライブ20GBと分けてあるのもありました。

しかし、長年使っていると、どんなに不要なファイルを消しても、

Cドライブが20GBでは、すぐに空き容量がなくなってしまいます。

 

そこで、フリーソフト「EASEUS Partition Master」を使ったCドライブの広げてみます。

ただし、Dドライブに空き容量があるのが条件です。

「EASEUS Partition Master」は、以下からダウンロードできます。

 

http://www.partition-tool.com/

 

インストールが終了したら、「スタート→プログラム→EASEUS Partition Master 3.5 Home Edition→EASEUS Partition Master 3.5 Home Edition」を選択して、「EASEUS Partition Master」を起動します。

easeuscdriveresize1.jpg

 

以下の画面で、Dドライブを選択し、「Resize/Move」をクリックしてください。

easeuscdriveresize2.JPG

 

以下の画面でバーの左端をドラッグして、縮小サイズを設定します。

グレーの部分が空き領域ですので、目安にしてください。

そして、「OK」をクリックします。

easeuscdriveresize3.JPG

 

以下の画面で、Cドライブを選択し、「Resize/Move」をクリックしてください。

easeuscdriveresize4.JPG

 

以下の画面でバーをドラッグして、右端まで伸ばします。

そして、「OK」をクリックします。

easeuscdriveresize5.JPG

 

以下の画面で、左下の「Apply」ボタンをクリックします。

easeuscdriveresize6.JPG

 

以下の画面で「Yes」をクリックします。

easeuscdriveresize7.JPG

 

以下の画面で「Yes」をクリックします。

パソコンを再起動し、起動直前にドライブサイズを変更します。

easeuscdriveresize8.JPG

 

Windowsが起動したら、以下の画面が表示されますので、「はい」をクリックし、再度、再起動してください。

ディスク構成が変わり、Windowsが新しいデバイスとして認識したと思われます。

再起動が終了したら、Cドライブを確認してみてください。

空き容量が増えていると思います。

easeuscdriveresize9.JPG

 

 


BUFFALO NAS のエラーランプの見方

BUFFALO NAS のエラーランプは、長い点滅と短い点滅の組み合わせでエラー内容がわかるようになっているようです。

 

http://qa.buffalo.jp/eservice/esupport/consumer/esupport.asp?searchtype=normal&id=BUF12156

 

長い点滅の回数は、コードの10の位の数字を、 短い点滅の回数は、コードの 1の位の数字を表現します。

そして、以下の表からエラー状態を判断します。

今回遭遇したエラー内容は、長い点滅1回、短い点滅6回で、「E16」となり、ハードディスクを認識していないとのこと。

サルベージ業者行きかな・・・泣

buffanaserr1.jpg

 

以下がランプ状態の説明です。

buffanaserr2.jpg

 


プリウスは、なぜ3ナンバー

プリウスの新型3ナンバーなんだな・・・

よくみると大きくなってるなって思っていたら、

旧プリウスも3ナンバーなんですね。

ぐぐってみたら、

室内幅を狭くせずに側面の衝突安全性を確保するためドアを厚くしているためのようです。

全長4700mm、全幅1700mm、全高2000mm、総排気量2000cc

このいずれか一つでもオーバーすれば3ナンバーになります。

以前は3ナンバーになると自動車税が一気に2倍くらいになっていたので、

メーカーも無理して5ナンバーサイズに納めていましたが、

今は自動車税は排気量のみで決まるので2000cc以下の3ナンバー車が増えてきています。

 

 


EASEUS Partition Master を使い新しいドライブを作成

新しいパソコンをOSプリインストールで購入すると、最近はたいてい大容量ディスクでもまるごとCドライブで設定されてきます。

そこで「EASEUS Partition Master」を使い既存ドライブ領域を縮小し、新しいドライブを作成する方法を説明します。

 

「EASEUS Partition Master」は、以下からダウンロードできます。

http://www.partition-tool.com/

 

「スタート→プログラム→EASEUS Partition Master 3.5 Home Edition→EASEUS Partition Master 3.5 Home Edition」を選択して、「EASEUS Partition Master」を起動します。

easeus-newdrive1.JPG

 

私はパソコンの構成上、Dドライブを縮小します。

ここをCドライブに置き換えてください。

以下の画面で、縮小するドライブを選択して、「Resize/Move」をクリックしてください。

easeus-newdrive2.JPG

 

以下の画面でバーの右端をドラッグして、縮小サイズを設定します。

グレーの部分が空き領域ですので、目安にしてください。

そして、「OK」をクリックします。

easeus-newdrive3.JPG

 

以下の画面で、左下の「Apply」ボタンをクリックします。

easeus-newdrive4.JPG

 

以下の画面で「Yes」をクリックします。

easeus-newdrive5.JPG

 

以下の画面で「Yes」をクリックします。

パソコンを再起動し、起動直前にドライブサイズを変更します。

Windowsが起動したら、再度、再起動してください。

easeus-newdrive6.JPG

 

次は新しいドライブの追加です。

「スタート→マイコンピュータ」を右クリックし、「管理」を選択してください。

クラッシックスタイルの場合、デスクトップの「マイコンピュータ」を右クリックし、「管理」を選択してください。

easeus-newdrive7.JPG

 

以下の画面で「デスクの管理」を選択し、作成された未割り当て部分を右クリックし、「新しいパーティション」を選択します。

easeus-newdrive8.JPG

 

以下の画面で「次へ」をクリックします。

easeus-newdrive9.JPG

 

以下の画面で「次へ」をクリックします。

パーティションは、一般的に「プライマリパーティション」でいいと思います。

ドライブ数が多くなってくると、「拡張パーティション」しか選べなくなります。

easeus-newdrive10.JPG

 

以下の画面で、新しいドライブ(パーティション)のサイズを確認し、「次へ」をクリックします。

「最大ディスク領域」に表示されたサイズが指定されていますが、基本的にはそのままでかまいません。

easeus-newdrive11.JPG

 

以下の画面で「ドライブ文字」を指定し、「次へ」をクリックします。

私はパソコンの構成上、Fドライブを縮小します。

みなさんの構成にあわせ、指定してください。

easeus-newdrive12.JPG

 

以下の画面で「次へ」をクリックすると、ドライブのフォーマットを開始します。

フォーマットには相当時間がかかりますが、「クイックフォーマットする」にチェックを入れておくと、数秒から数十秒で終わります。

easeus-newdrive13.JPG

 

以下の画面で「完了」をクリックしてください。

easeus-newdrive14.JPG

 

以下の画面がフォーマット中の画面です。

easeus-newdrive15.JPG

 

フォーマットが完了すると、以下のように、新しいドライブが「正常」という表示に変わり、利用可能となります。

easeus-newdrive16.JPG

 


CDBurnerXP による音楽CDのバックアップ

CDBurnerXP による音楽CDのバックアップ方法を説明します。

CDBurnerXP は、「コピーコントロールCD」t記載されているCDもバックアップできました。

 

CDBurnerXP を起動したら、「ディスクのコピー」の「オーディオのコピー」をクリックします。

 

以下の画面でコピー元のディスクとコピー先のドライブを選択し、「OK」をクリックします。

 

以下の画面で「詳細設定を表示」をクリックします。

 

コピー元とコピー先ドライブが同じ場合、以下の画面が表示されますので、「取り出す」をクリックし、CDを入れ替えます。

 

以下の画面が表示されますので、「ディスクの書き込み」をクリックします。

 

バックアップが終了したら、以下の画面が表示されますので「OK」をクリックします。

 

以下の画面で「閉じる」をクリックして終了です。


静電気がたまってパソコンが起動できない

 

静電気がたまってパソコンが起動できないってことがありました。
パソコンの電源を押したところ、立ち上げた際画面は真っ暗なままで、
カバンマークの「A」と「↓」が点灯、カバンマークの「9」が点滅している状態です。
パソコンはDELLです。

 

サポートに電話して、教えてもらった対処方法は、
本体にさしてあるすべての付属品(電源ケーブル、マウス等)を抜き、
電源を落とし、本体バッテリーを取ったあと、
電源ボタンを10秒ほど押しっぱなしにすると、放電するとのことです。

 

電源ケーブルのみの差し込み、立ち上げ問題なければ完了です。


 


XP で Windows Serach のアンインストール

Windows Serach はローカルファイルを含め、検索がすばやく簡単にというふれこみでしたが、動作が重くなるわなセキュリティー的に心配だの、問題点も多いです。

最近は、Windows XP プリインストールのパソコンを買うと、既にインストールされているようで、邪魔くさいので、アンインストールしました。

アンインストール方法は、 スタートメニューより「設定→コントロールパネル」を選択します。

 winserchdel1-.JPG

 

コントロールパネルから「プログラムの追加と削除」を起動します。

winserchdel2.JPG

 

「現在インストールされているプログラム」の一覧から「Windows Search XXX」を選択し、「削除」ボタンをクリックします。

winserchdel3.JPG

 

以下の画面で「次へ」をクリックします。

winserchdel4.JPG

 

以下の画面で「はい」をクリックします。

winserchdel5.JPG

 

以下の画面で「完了」をクリックすると、Windowsが自動的に再起動し、Windows Searchは無効になります。

winserchdel6.JPG


CULVノートパソコン

昨年、インターネットやメールに機能を絞ることで価格を5万円前後に抑えた「ネットブック」が人気を集めたが、今夏に需要が頭打ちとなり、各社ともネットブックより使い勝手や処理性能を高めた新商品の開発に力を入れだしたようで、それが「CULVノートパソコン」と呼ばれているようです。

インテルの「CULVプロセッサー」(消費者向け超低電圧プロセッサー)を搭載していることから、CULVノートと呼ばれています。

正式な呼び方はいまのところなく、低価格スリムノート、低価格モバイルノート、ネットノートなどと呼ばれることもあるそうです。

秋冬商戦は、国内の大手メーカーが一斉にCULVノートを投入してきており、ネットブックに続く大ヒットになるかも・・・

CULVノートは、ネットブックよりも処理性能が高く、使い勝手が良く、価格は10万円前後・・・なかにはネットブック並に安価な機種もあるようです。

 

 


VBからAccessのクエリを作成

AccessADPの接続先DBに対して、
SQLでCREATE VIEW文を発行します。

Dim cnn As New ADODB.Connection
Dim strSQL As String
'接続確立
cnn.Open "Provider=SQLOLEDB;" & _
            "Data Source=サーバ名;" & _
            "Initial Catalog=DB名;", "ユーザ名", "パスワード"

'CREATE VIEW文発行
strSQL = "CREATE VIEW AS SELECT なんちゃら FROM かんちゃ…"
cnn.Execute strSQL

 


EXCELで図形ツールを切り離す

EXCELで図形を連続して描きたいとき、オートシェイプの上部のグレー部分をドラッグすると、メニューを画面の隅に置き、必要なときに図形挿入が連続してできて便利です。

 

excelzukeikiri1.JPG

 

以下のように好きな場所にメニューをおくことができます。

使い終わって閉じるときは、右上の「×」マークをクリックしてください。

excelzukeikiri2.JPG


EXCELで郵便番号をすばやく入力

EXCELで住所録などを作成する際に、郵便番号や電話番号の数字だけを入力して、後で一気にハイフン「-」を挿入すると便利です。

 

1)郵便番号や電話番号の数字だけを入力します。

2)その列を選択し、書式を設定します。

excelyubin1.jpg

 

3)「表示形式」タブを選択し、「ユーザー定義」を選択し、「種類」テキストボックスに「000-0000」と入力し、「OK」をクリックすると、選択した列の番号が「-」で区切られた表示になります。

excelyubin2.jpg

 


ウイルスソフトの評価を行う専門団体

 

ウイルスソフトの評価を行う専門団体は、2つあるようです。

1)AV-Test
ドイツのマグデブルク大学にある、ウイルス検出率をテスト評価する第三者機関団体です。

2)AV Comparatives
オーストリアを拠点として活動しています。

評価結果については、以下のサイトが詳しく取り上げています。


http://antivirus-news.net/

 

ちなみに、「AV-TESTによるウイルス検出率テスト」9月分発表が以下に
http://antivirus-news.net/2009/09/avtest9g-data.html

 

「AV Comparativesによる遡及テスト結果」9月分発表が以下に
http://antivirus-news.net/2009/09/av-comparatives-g-data-avast.html


 

 

 


Windows Defender のアンインストール方法

「Microsoft Security Essentials」を「Windows Defender」のインストールされている環境にインストールすると不安定になるようです。
Windows Vistaは、「Microsoft Security Essentials」インストール時に、「Windows Defender」は自動的にアンインストールされますが、
Windows XPの場合、「Microsoft Security Essentials」インストール前に「Windows Defender」を手動でアンインストールしなければなりません。
以下の手順に従って、「Windows Defender」がインストールされているか確認し、インストールされていたらアンインストールしてください。

 

まず、スタートメニューより「設定→コントロールパネル」を選択してください。

windefdel1.JPG

 

コントロールパネルから「プログラムの追加と削除」を起動します。

windefdel2.JPG

 

「現在インストールされているプログラム」の一覧に「Windows Defender」があったなら、それを選択して、「削除」ボタンをクリックしてください。

windefdel3.JPG

 

以下の画面で「はい」をクリックすると「Windows Defender」がアンインストールされます。

windefdel4.JPG

 


EXCEL での書式の検索

EXCEL では、書式の検索もできます。

書式を統一したいときなどに便利です。

 

では、シートから「MS明朝」を使ったセルの検索を行ってみます。

検索画面で「オプション」をクリックします。

excel-searchop1.jpg

 

以下の画面で「書式」をクリックします。

excel-searchop2.jpg

 

「フォント」タブを選択し、「フォント名」から「MS明朝」を選択して、「OK」をクリックします。

excel-searchop3.jpg

 

以下の画面で「次を検索」をクリックします。

excel-searchop4.jpg

 

以下のように「MS明朝」を使った文字が入力してあるセルがカレントになります。

excel-searchop5.jpg

 


ウイルス定義ファイル ダウンロード ツール「PTNDOWN」のアンインストール

ウイルス定義ファイル ダウンロード ツール「PTNDOWN」

http://homepage1.nifty.com/tokushima/ptntool/

は自動アンインストールには対応していません。

そこで手動のアンインストール方法を説明します。

「PTNDOWN」が起動時に自動実行される設定になっていたら、スタートアップからショートカットを削除します。スタートメニューから「プログラム→スタートアップ」を選択し、「NAV ウイルス定義ダウンロード」を右クリックし、「削除」を選択します。

ptndowndel1.JPG

 

以下の画面が表示されたら、「ショートカットの削除」をクリックします。

これで、「NAV ウイルス定義ダウンロード」は自動起動しなくなりますので、ここでアンインストール終了してもかまいません。

ptndowndel2.JPG

 

そして、フォルダ「C:\Program Files\PtnDown」をフォルダごと削除したら、アンインストール終了です。

 


VBで処理できないエラーまたは処理しないエラーをユーザーに警告

VBで処理できないエラーまたは処理しないエラーをユーザーに警告する方法として、

Err オブジェクトを使う方法があります。

 

Err.Description

エラーに関連する説明の文字列

 

Err.Source

エラーの発生元のオブジェクトまたはアプリケーションの名前を示す文字列式

 

 


タスクバーに日付表示するフリーソフト「Hime95」

タスクバーに日付表示するフリーソフト「Hime95」の紹介です。

Windows Vista のガジェットを使っていたのですが、どうも邪魔で、いざというときWindowsの影で見えません。

そこで、タスクバーに日付表示するフリーソフトを探していたのですが、これは、Vistaでも動くようです。

以下のサイトからダウンロードできます。

 

http://homepage3.nifty.com/tosikazu/pch/pchHIME95.html

 

以下の画面で「H95V149.exe」の方をダウンロードすると、インストールが実行され、スタートアップにも自動で登録されます。

hime95-1.jpg

 

「H95V149.exe」を実行すると、以下の画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。

hime95-2.jpg

 

以下の画面で、「スタートアップにショートカットを作成する」にチェックをし、「次へ」をクリックします。

hime95-3.jpg

 

インストール直後は、日にちしか表示されないので、右クリックし、表示したい項目を選択してください。

なお、「その他」を選択すると、タスクトレイとカレンダーのポップアップに六曜と二十四節気を表示します。

hime95-4.jpg

 

私は「月」と「曜日」も表示するようにしました。年も表示させたかったけど・・・

hime95-5.jpg

 

また、Hime95の時計表示は使わず、Windowsの時計表示を残したまま、以下の設定で和暦にしておきます。

 

http://bubble2sei.blog69.fc2.com/blog-entry-1350.html

 

すると、Hime95の「日」の部分にマウスポインタをもってくると西暦表示の日付が表示され、Windowsの時間表示の部分にマウスポインタをもってくると和暦表示の日付が表示されます。

hime95-wareki2.JPG

 

Windows Vista でガジェットをなくす

Windows Vista でガジェットが必要なくなったので、起動しないようにしました。

 

ガジェットの適当な場所で、右クリックし、「プロパティ」を選択します。

gajetdel1.jpg

 

以下の画面が表示されますので、「Windows 起動時にサイドバーを開始します」のチェックをはずし、「OK」をクリックします。

次回Windows起動時から、ガジェットは起動しなくなります。

gajetdel2.jpg


Security EssentialsとWindows Defender

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091008/338637/

 

Windows Defenderはスパイウエアのみを検出するのに対して、Security Essentialsは、スパイウエアを含むウイルス全般に対応しているため、Security Essentialsを使用していれば、Windows Defenderは不要とのこと。

Windows DefenderをインストールしているWindows XPのユーザーに対して、Security Essentialsを導入する際には、Windows Defenderをアンインストールするよう勧めています。

Windows Defenderが最初からインストールされているWindows Vista/Windows 7については、Security Essentialsをインストールすると、Windows Defenderは自動的に無効になるようです。

 

 


EXCELで“非表示の行や列を除いて”コピー

Excelでは表中の“見せたくない”(計算のために必要な部分的なデータが入っている)行や列んどを非表示にすることができるのだが,そういった表を別の場所にコピーすると,隠しておいたデータも一緒にコピーされる。

 

以下のようにC列が非表示になっている表をコピーしても、

excelhihyojicopy1.jpg

 

以下のようにC列もコピーされてしまう。

excelhihyojicopy2.jpg

 

そこで隠し技だが、コピーする前に「Alt」キーと「;」(セミコロン)キーを同時に押す。

そしてコピー(「Ctrl」キーと「C」キーを同時に押す)し、別の場所に貼り付け(「Ctrl」キーと「V」キーを同時に押す)を行う。

すると以下のように、非表示の列がコピーされない。

excelhihyojicopy3.jpg

 

 

 


ロリポブログの移行ツール

ロリポブログの移行ツールは、以下のサイトで説明してありました。

 

http://lolipop.jp/manual/user/lolipo-blog-shift/

 

 

 


 BLOG TOP  »  NEXT PAGE