ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

備長竹炭

コテツが仲良くなったシロアリ会社さんから、

コテツに特別にとおまけに貰った備長竹炭です。

さすが社交家コテツ。。驚

これを床下に湿度調整、防カビの為強いているんですけど、

遠赤外線効果でけっこう暖かいそうです。

座布団カバーに入れたら、さっそくコテツがぬくぬくと・・・・

 

 

 


スポンサーサイト

一足速いクリスマスプレゼント

鬼嫁に一足速いクリスマスプレゼントもらいました。

新タイプのベビーGです。

かっこいっしょ!

 

 

 

吉田カバンの財布です。

オレンジを持っていたんですけど、汚れるので、今回は黒です。

このタイプは、小銭が入れやすく、入れれるカードの数も多いんですよね。

 

 

 


とろ~りとろける メープルプリン

安い割には、うまかった。

 


ウチコとコテツ

 


GLOVIA-BPで会計年度を修正する方法

GLOVIA-BPで年次繰り越しに失敗した際には、会計年度だけは繰り越されていることがあります。その場合、会計年度を修正しなければなりません。
以下にメモしておきます。

修正方法は、まず、「セットアップ」をクリックします。

gloviaki1.jpg

 

以下の画面で「会社情報」を選択し「会計年度登録」をクリックします。

gloviaki2.jpg

 

以下の画面で繰り越す前の「会計年度」「期数」「機種年月日」を入力し、「自動設定締日」に「99」を入力し、「自動設定した締日を個別に変更しますか?」で「N」と入力し、「適用」を2回クリックします。

gloviaki3.jpg
 


 


GLOVIA-BPのバックアップ

会計ソフトでGLOVIA-BPのバックアップをはじめて行いましたのでメモしておきます。
ターミナルサーバー版です。
バックアップはサーバー端末で行います。ターミナルクライアントではできませんでした。ケチ。
それができたら運用側にバックアップ任せられるのに。。。怒
そういうとこが富士通の気が利かないとこ・・・いつも

 

「プログラム→GLOVIA-BP 会計/T 基本システム→バックアップ→全データのバックアップ」を選択します。

gloviabackup1.jpg


 
全クライアントの会計業務終了を確認して、以下の画面で「OK」をクリックします。

gloviabackup2.jpg


 
以下の画面で「はい」をクリックします。

gloviabackup3.jpg


 
以下の画面で「はい」をクリックします。

gloviabackup4.jpg


 
 
以下の画面でバックアップログを確認したら、右上の×をクリックして終了です。

gloviabackup5.jpg
 


 


Vista で「システムの復元」を無効にする方法

ウィルスがなんども検出される。

http://securityresponse.symantec.com/ja/jp/security_response/writeup.jsp?docid=2004-021914-2822-99&tabid=3

駆除方法を確認するが、Vista で「システムの復元」を無効にする方法がわからないので調べてみた。

 

 

1)「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」→「システム」の順にクリックして開く。

  クラッシック設定の場合、「コントロールパネル」を開き、「システム」をダブルクリックする。

 

2)「システム」ウインドウの左側にある「システムの保護」をクリックする。

vista-fukugenmuko1.jpg

 

3)「システムのプロパティ」が表示されるので、「システムの保護」タブをクリックして開く。

  システムの復元の対象になっているドライブにチェックが付いているので、これを外す。

vista-fukugenmuko2.jpg

 

4)確認画面が表示されるので、ここで「システムの復元を無効にする」を押す。

vista-fukugenmuko3.jpg

 

5)ドライブについているチェックが外れ、「システムの復元」機能がオフになる。

  再び「システムの復元」機能をオンにするには、ドライブにチェックを入れればよい。

vista-fukugenmuko4.jpg

 


OCNのDNSサーバー

最近は、すべてが自動なので、なかなかDNSサーバーアドレスの記載がないです。

たぶん、以下のサイトの記載でいいと思うんですけど・・・

 

http://help.ocn.ne.jp/ols/dup/10987_c_dup_win_chk_vista.html

 

東日本エリア 
(優先 DNS サーバー) 202.234.232.6
(代替 DNS サーバー) 221.113.139.250

西日本エリア
(優先 DNS サーバー) 221.113.139.250
(代替 DNS サーバー) 202.234.232.6

 


ライブドアブログにトラックバック失敗

何度やってもトラックバックに失敗して、

「Your TrackBack Cannot Be Received」とエラー表示されるのでぐぐってみたら、

以下のサイトに説明してありました。

 

http://blog.odorokutamegoro.com/archives/2006/06/23/

 

このエラーはライブドアブログ独自のもので、

トラックバック先のページのURLがトラックバック元(当日誌)ページ内に記述されていない場合、

迷惑トラックバックと判断され発生するようです。

この問題は、トラックバック先のURLをトラックバック元のページに記述しておくことで解決することができました。

 

 


Outlook 2007 で送ったメールが TeamWARE で文字化け

Outlook 2007 で送ったメールが文字化けしていると苦情が来ていたので

そのメールヘッダーを調べてみると、

X-Mailer: TeamWARE Connector for MIME

となっていました。

以下のような情報がありましたので、試してみてたら解消しました。

 

http://www.sekkaku.net/column/1389.html

 

設定方法は、「ツール→オプション」を選択します。

outlook20072TeamWARE1.jpg

 

「メール形式」タブを選択し「文字設定オプション」をクリックします。

outlook20072TeamWARE2.jpg

 

「送信メッセージのエンコード方法を自動選択する」のチェックをはずし「日本語(JIS)」を選択し、

「送信するvCardのエンコード方法を自動選択する」のチェックをはずし「日本語(JIS)」を選択し、

「OK」をクリックします。

outlook20072TeamWARE3.jpg

 

 

 

 

 


「Google Chrome」v0.4.154.25

http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/11/25/chrome0415425.html

 

主な変更点

 

・「ブックマーク マネージャ」を新たに搭載

・個人情報をGoogleへ送信する機能に関する項目が、「高度な設定」タブの「プライバシー」エリアへ統合

・ポップアップウィンドウがまとめて表示される仕組みだったが、本バージョンからは通知ウィンドウを表示

・JavaScriptエンジン「V8」や「Google Gears」のバージョンアップ

・セキュリティ問題の修正

 

 


Prius AirOne M (AW33M)のCPU交換

Prius AirOne M (AW33M)

http://prius.hitachi.co.jp/prius/pc/2005may/air_one/spec_aw33m.html

のCPU交換が可能のようです。

 

http://unkar.jp/read/pc11.2ch.net/pc/1181767487

 

AW33MでセレロンD 2.93GHzからPentium4 3.2GHz(Northwood)へ換装しました。 
うまくいきました。 
FSBが533MHzから800MHzへ変わりました。 
HTも有効になりました。BIOS画面にハイパー スレッディング テクノロジの 
項目が現れました。 
OSをインストールし直さなくてもいいようですし、 
BIOSをアップデートしなくてもいいようです。 
チップセット(865GV)が対応していれば自動的にCPUを認識し、 
デバイスもインストールされるようです。 

 

との記事がありました。

 

Pentium 4 641 Socket775

が今のところ、最安値で6,500円

http://kakaku.com/item/05100010916/

 

 


Windows XP の不要なサービス?

Windowsには、自分では特に設定したつもりはないけれど、自動的に実行され、行われるサービスがあります。

これらのサービスを確認し、不要なものがあれば停止させると起動の高速化に貢献します。

 

[スタート]メニュー-[コントロールパネル]を選択してコントロールパネルを起動します。

[パフォーマンスとメンテナンス]-[管理ツール]で[サービス]を選択します。

[サービス]ダイアログボックスで、停止したいサービスを選択し、[サービスの停止]をクリックすると、サービスを停止することができます。

 

ちなみに、停止してもよいと思われるサービスには以下のようなものがあります。

 

「Alerter」

ネットワーク上で複数のパソコンを管理するためのサービスで、警告メッセージを通知します。

個人ユーザーの場合はあまり必要ないと思います。

 

「Error Reporting Service」

エラーが起きたときにMicrosoftにエラー報告を行います。

エラー報告しても、マイクロソフトは何も解決はしてくれません。

 

「Help and Support」

オンラインヘルプを使用可能にします。

これもたいして役に立ちません。Googleのほうがまし・・・

 

「NetMeeting Remote Desktop Sharing」

ネットミーティングを使用しない場合は停止してかまいません。

 

「Secondary Logon」

別ユーザーへの切り替えを実行します。

実行する必要がない場合は停止してかまいません。

 

 

 


XPロゴを表示させなくする

パソコンの電源を入れるとしばらくして表示されるWindows XPのロゴ。

わずかではあるが、これを表示させなくすると、

画像データの読み込み時間を短縮でき、起動速度を速めることができます。

 

[スタート]メニュー-[ファイル名を指定して実行]を選択します。

[名前]に「MSCONFIG」と入力して[OK]をクリックします。

[システム構成ユーティリティ]ダイアログボックスが起動したら、[BOOT.INI]タブで、[NOGUIBOOT]をオンにして[OK]をクリックします。

次にWindows XPを起動するときからロゴが表示されなくなります。

 

noguiboot.jpg

 


処理を実行させ自動でシャットダウンさせるフリーソフト「Exit-Win」

指定時間にバックアップというのはありますが、

常時起動のサーバーならまだしも通常使っているパソコンがその時間に起動しているか疑問です。

そんなとき、処理を実行させ自動でシャットダウンさせるフリーソフト「Exit-Win」が便利です。

 

http://onegland.hp.infoseek.co.jp/exitwin/index.htm

 

バックアップ用バッチ作成ツール「XcopyGUI」が付属しているようですが、

 

http://bubble2sei.blog69.fc2.com/blog-entry-639.html

 

で紹介した高速がウリの同期ソフト「FastCopy 」を併用すると、処理も速くなります。

 

ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに解凍し、そこの「Exit-Win.exe」を実行すると、

以下の画面が起動しますので「終了時処理内容」にコマンドを記入し「設定保存」をクリックします。

「FastCopy 」を使う場合、以下のコマンドを記入します。

 

「FastCopy 」フォルダ\fastcopy.exe /cmd=sync /auto_close /force_close /bufsize=64 /log /force_start /speed=full /acl=FALSE バックアップ元\ /to=バックアップ先

注)バックアップ元パスの最後には¥マークを付け、バックアップ先パスの最後には¥マークは付けません。

 

exitwin1.jpg

 

以下の画面で「保存」をクリックします。

 

exitwin2.jpg

 

以下の画面で「はい」をクリックします。

 

exitwin3.jpg

 

以下の画面で「OK」をクリックします。

 

exitwin4.jpg

 

以下の画面で「即実行」をクリックすると、指定された「終了時処理内容」を実行後、パソコンをシャットダウンします。

 

exitwin5.jpg


演技派コテツ

最近、近所の人にも有名になったコテツ。

こうやって、窓から寂しそうにたたずむんです。

近所の人に、いつも留守番して偉いねって言われてます。

実は嫁は家に居るんですけど・・・笑

 

それと子供達もときどきコテツに声かけに来るんです。

また、散歩に出ると子供達が寄ってきて、

さわったり、だっこしたり、たいへん人気者です。

 

 


お気に入りの毛玉

アクセサリーのパーツショップで買ってきた30円の毛玉が

だいのお気に入りです。

ペットショップで買ったおもちゃには目もくれずに

ずっと遊んでます。

 

 


あいかわらず変な格好で寝るコテツ

 


送信ドメイン認証対応SPFレコードのnslookupによる確認

http://bubble2sei.blog69.fc2.com/blog-entry-1010.html

 

で説明した送信ドメイン認証対応SPFレコードは、

nslookupにより確認できます。

以下のコマンドです。

 

nslookup -q=txt ドメイン名(メールアドレスの@から後ろの文字列)

 

 

SPFが設定されていると

 

"v=spf1ip4:210.168.199.0/26~all"

 

の様に、該当ドメインからメールが送出されるMTAのIPアドレスリストが表示されます。

 

 

 

SPFが設定されていない場合は以下のようにSOAが表示されます。

 

yahoo.com
    primary name server = ns1.yahoo.com
    responsible mail addr = hostmaster.yahoo-inc.com
    serial = 2006070513
    refresh = 3600 (1 hour)
    retry = 300 (5 mins)
    expire = 604800 (7 days)
    default TTL = 600 (10 mins)

 

 

 


庭に花を

殺風景になっていた庭に、久々に花を植えました。

うちこも満足そうです。。。笑

 

 

 


IDEのハードディスクが異常な品薄状態

IDEのハードディスクが異常な品薄状態です。

 

http://www.dospara.co.jp/5goods_parts/parts_list.php?sc=URIAMT_ASC&sbr=13&h=d&f=d&m=parts&lf=1

 

これは、ドスパラだけなのだろうか?

一時的なものなのだろうか?

生産しなくなったとか・・・・まだまだ、たくさんあるIDEパソコン。。。

心配です。

 

 

 


Exchange 2000 Server で ESMTP コマンドをオフにする方法

http://support.microsoft.com/?scid=kb;ja;257569&x=10&y=13

 

Microsoft Exchange 2000 Server または Microsoft Exchange Server 2003 とその他の SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) メール サーバーとの間の互換性の問題のために、場合によっては最初の SMTP 接続中に通知される ESMTP (Extended Simple Mail Transfer Protocol) コマンドを個々にオフにする必要があります。

ADSIEdit を使用してこの値を変更するには、次の手順を実行します。

1)ADSIEdit を開いてドメイン コントローラに接続します。

2)構成コンテナを開き、次の場所に移動します。

Configuration/Services/Microsoft Exchange/ <会社名>/ Administrative Groups/<サイト名>/Servers/ <サーバー名>/Protocols/SMTP/ <仮想サーバー番号>

exchange-esmtp2.jpg

 

3)<仮想サーバー番号>を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

4)[Select a property to view] で [msExchSmtpInboundCommandSupportOptions] をクリックします。

5)[Edit Attribute] ボックスに、設定する値を入力します。 
 たとえば、8bitmime サポートをオフにする場合の SmtpInboundCommandSupportOptions 値は 3503297 (0x3574C1H) です。

6)[Set] をクリックし、[Apply] をクリックし、[OK] をクリックします。

exchange-esmtp1.jpg

 

7)ADSIEdit を終了します。

 

 

関連

 

http://support.microsoft.com/kb/286673/ja

 

 


フリーのWEBスケジューラー「HOT Scheduler」やっとバージョンアップ

http://bubble2sei.blog69.fc2.com/blog-entry-887.html

 

で紹介しましたが、フリーのWEBスケジューラー「HOT Scheduler」が、やっと、

参照権限のみのユーザーが設定できるバージョンの不具合が修正されました。

以下のサイトからダウンロードできます。

 

http://www.hscnet.co.jp/product/scheduler/

 

以前のバージョンがインストールされていれば、登録とかもいらず、

バージョンアップ版をダウンロードして実行すれば、簡単にバージョンアップできます。

 

これで、ユーザーが「一般ユーザー」「管理ユーザー」「参照ユーザー」3種類で設定できます。

以下のユーザー設定画面の「権限区分」で設定します。

HotSchedul01.jpg

 

また、以前からあった機能かもしれませんが、「予定表行き先」でグループごとに凡例を設定できます。

会議室だったら会議、来客などを設定していたら、スケジュールバーが色分けされて使いやすいと思います。

 

HotSchedul02.jpg

 

せっかく参照権限のユーザーが作成できるようになったので、

「環境設定」の画面で「ログイン画面のお知らせ」にゲストユーザーの説明を記入しました。

 

HotSchedul03.jpg

 

なお、「任意表示設定」でチェックして、各ユーザーのホーム画面の「任意表示」にチェックをすると

ログイン後ただちに任意表示設定したスケジュール表が表示されますので使いやすいです。

 

HotSchedul04.jpg

 

なんか、フリーソフトとは思えない至れり尽くせりのソフトに仕上がってます。最高です。

今後、不具合がでないことを祈ってます。

 

ただ、重複したスケジュールが表示できないのはそのままでした。

できるようにならないかな。

 

HotSchedul05.jpg


Office のセキュリティ更新プログラムをインストールするときにインストール失敗

ここ数週間、Windows Vista のUpdateで'Security Update for Excel 2003 (KB955466): EXCEL' インストールがいつも失敗していました。

エラー内容は以下のとおりです。

 

製品: Microsoft Office Personal Edition 2003 - 更新 'Security Update for Excel 2003 (KB955466): EXCEL' をインストールできませんでした。エラー コードは 1603 です。Windows インストーラでは、ログを作成してソフトウェア パッケージのインストール中に発生した問題の解決に役立てることができます。インストーラのログの記録を有効にする方法については、次のリンクを参照してください: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=23127

 

kb955466err.jpg

 

アップデートプログラムをダウンロードして実行したら、以下のメッセージが表示されました。

kb955466err2.jpg

 

http://support.microsoft.com/kb/957004/ja

を試してみましたが、解決できませんでした。

 

http://www.updatecorp.jp/dd.aspx?itemid=1132

を試してみましたが、解決できませんでした。

 

http://d.hatena.ne.jp/MOZZ/20070801

を参考に所有者の変更をしてみます。

C:\Windows\syatem32\mapisvc.inf を右クリックし、「プロパティ」を選択し、

以下の画面で「セキュリティ」タブを選択し、「詳細設定」をクリックします。

kb955466err3.jpg

 

以下の画面で「所有者」タブを選択し、「編集」をクリックします。

kb955466err4.jpg

 

以下の画面で「Administrators」を選択し、「OK」をクリックします。

kb955466err5.jpg

 

以下の画面で「OK」をクリックしたら所有者が変更されますので、

その後、適当なアクセス権を与えたらUpdate成功しました。

kb955466err6.jpg

 

 

 

 


「フルHD」対応の液晶モニタ

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL_LEAF/20050330/103252/

 

記事によると「フルHD」対応というのは、

解像度が1920×1080なだけで大して意味はなさそうです。

 

主に24インチ以上のワイドモニタ宣伝文句に使われているようです。

 

 


メモリの相性

ドスパラ(http://www.dospara.co.jp/)の通販で、メモリを購入し、

メモリを512MBから1GBにアップしたのですが、メモリはノーブランドを購入したので認識しませんでした。

ドスパラでは、通販の商品でも、ショップでの差額交換が可能でしたので交換して認識したのですが、

ショップ店員の話では、同じ値段ですが、「Transcend」 よりも「Samsung 」のほうが、

相性による問題は少ないということでした。

ちなみに、512MB1枚 1,790円でノーブランドのメモリは、1,314円でした。

500円の差ですので、差額交換は可能ですが、手間、交通費など考えると、

今後、メモリはブランド品を買ったほうがいいようです。

 

 


Word で図形を常に同じ色に設定する

Word で図形を作成すると白い図形が作成されます。

図形を作成したとき、常に赤色で塗りつぶした状態にしたいときは、

赤色で塗りつぶした図形を右クリックで選択し、

「オートシェイプの規定値に設定」を選択します。

すると、常に赤色で塗りつぶした状態で作図できるようになります。

 

word-zukitei1.jpg

 

規定値に戻すには、図形を右クリックし「オートシェイプの書式設定」を選択し、

ダイアログボックスで設定を元に戻します。

また、塗りつぶしの色だけではなく、線の色や太さなども規定値として設定できます。

 

 


Word で表を解除する

ExcelからWordにコピペしたときとか表枠が邪魔なときが多々あります。

そんなときは表を解除すると便利です。

 

解除したい表を選択し、罫線メニューの「変換→表の解除」を選択します。

以下のダイアログボックスで、表を解除した後の表枠の区切り文字を選択し「OK」をクリックします。

 

word-hyokaijo.jpg

 

 


Excel でリンクが設定されたセルを選択だけする方法

Excel でリンクが設定されたセルを選択すると、そのリンク先のホームページを表示しちゃいます。

そのセルを選択してコピーしたりとか、利用したいときは邪魔です。

そんなときは、リンクが設定されたセルをクリック後、ポインタが

人差し指を突き出した手の形から白抜きの十字の形になるまで長押しします。

そうすると、そのリンク先のホームページを表示せずに、

リンクが設定されたセルを選択だけします。

 

 

 


無料で出せる年賀はがき

日本初の「無料で出せる年賀はがき」サービスが始まりました。

以下のホームページから1人160枚まで注文できるようです。

 

http://tipoca.jp/

 

圧着面に広告を載せることで両面が無地のまま使え、

利用者の負担がゼロになるしくみです。

 

「官製」の日本郵政に対して、こちらは私製の年賀はがきですが、

独自のお年玉くじが付いているようで、

1等の賞金はなんと100万円です!

 

しかし、お年玉の抽選方式が違うため、

お年寄りへのウケは、ちょっと疑問ですね。

 

 


 BLOG TOP  »  NEXT PAGE