ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

こうくんかわいいしょ

20080531115218

スポンサーサイト

箱の中からチュウしてうーちゃん

20080530202432

EXCEL計算結果がエラーのとき0表示させる

EXCELでは、計算に使用しているセルに文字列が入力されると

計算結果がエラー表示になります。

これを避けるために、文字列を0とみなすことが出来ます。

メニューより「ツール→オプション」を選択し、「移行」タブを選択し、

「計算方式を変更する」にチェックを入れ「OK」をクリックします。

以下のように、文字列を0とみなして計算します。

 


Windows 2000 は標準機能でリモートコンピュータのシャットダウン機能を持っています

Windows 2000 は標準機能でリモートコンピュータのシャットダウン機能を持っています。
  1. 「マイコンピュータ」を右クリックして [管理] をクリックします。
  2. [コンピュータの管理(ローカル)] を右クリックして [別のコンピュータに接続] をクリックします。
  3. 一覧から接続したいコンピュータを選択して接続します。
  4. [コンピュータの管理(接続したコンピュータ)] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。
  5. [詳細設定] タブをクリックし、「起動/回復」ボタンをクリックします。
  6. 「シャットダウン」ボタンをクリックします。
  7. シャットダウンオプションを選択して「OK」をクリックします。

当然ですが、シャットダウン先のコンピュータに対するシャットダウン権限が必要です。

 


Windows 2000/XP で緊急シャットダウン

システムに問題が発生した時に、Windows NT/2000/XP を通常の手順でシャットダウンしようとしても反応がなく、シャットダウンできないことがあります。
この場合でも、次の方法で緊急シャットダウン可能な場合があります。
  1. Ctrl+Alt+Del キーを同時に押してセキュリティダイアログを表示させます。
  2. Ctrl キーを押しながら「シャットダウン」ボタンををクリックします。

Windows XP で「ようこそ」画面が有効な場合、Ctrl+Alt+Del でセキュリティダイアログが表示されないため、次の手順で緊急シャットダウンを実行します。

  1. Ctrl+Alt+Del キーを押し、タスクマネージャを起動します。
  2. メニューバーの [シャットダウン] をクリックします。
  3. Ctrl キーを押しながら、[コンピュータの電源を切る] をクリックします。

 

 


鬼嫁手作りの抹茶プリン

20080528220638
鬼嫁が手作りの抹茶プリンを作ってくれました
意外にあっさりとして
おいしかったです
黒蜜も最高です

記事にこもった感情を分析できる「KiTT」

http://kitt.jp/

自分のブログにどんな話題が多いか、どんな感情がこもっているかなどを分析できるサービスです。

ためしに解析してみたら、このブログは、

 

このブログからは怪しいと疑っていることが感じとれます

ということ。

なんじゃそりゃ・・・

 

 

 


システムのプロパティで表示されるメモリ容量が少ない

http://h50222.www5.hp.com/support/EN334UT/use/72658.html

コンピュータがチップセット内蔵のグラフィックスコントローラを使用している場合、 コンピュータに搭載されているメモリ (以下、 メインメモリ)の一部をビデオメモリとして使用します。

そのため、 システムのプロパティで表示されるメモリ容量がメインメモリより少なく表示されます。

 

s-DTQA000358_000.jpg

 


600円の偽クロックス

20080526234245
鬼嫁に600円の偽クロックス買ってもらいました
前の偽クロックスより
ちょっと涼しいです

Office 97 のテンプレートフォルダの確認

Office 97 のテンプレートフォルダは、Wordでしか変更できません。

確認もそうです。たとえ、ExcelのテンプレートフォルダもWordで設定します。

 

Wordを起動し、メニューより「ツール→オプション」を選択します。

 

「既存のフォルダ」タブを選択し「ユーザーテンプレート」をダブルクリックします。

 

以下の画面にテンプレートフォルダが表示されます。

 

 


Windows Strage Server 2003 でネットワークアクセスできない・・・追記

http://bubble2sei.blog69.fc2.com/blog-entry-612.html

でWindows Strage Server 2003 でネットワークアクセスできないときの対処方法をかきましたが、

それでも匿名ユーザーからはアクセスできませんでした。

 

確認してみると、ローカルアクセス権にEveryoneがありませんでした。

 

対策は、共有の設定画面で「セキュリティ」タブを選択し「追加」ボタンをクリックします。

 

以下の画面で「Everyone」を入力し「名前の確認」をクリックし、「OK」をクリックします。

 

匿名ユーザーに変更権も与えるときは、「変更」を許可し「OK」をクリックします。

 

 


ホワイトプランのからくり

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080523/1012578/?P=2

1)午後9時から午前1時までの時間帯を有償としていることだ。この時間帯は最も通話が集中する時間帯であり、この時間を有償とすることで、トラフィックの集中を避けるとともに、通話料という収益を確保。

2)ソフトバンクモバイル以外への通話を有償とすることで、そこから収益を確保。ソフトバンクモバイルの累計シェアはわずか17%。単純計算で、83%がソフトバンクモバイル以外との通話であることを考えると、そこから収益を得ることができる。

3)ホワイトプランの契約者がWebを閲覧する場合には従量課金となり、パケットし放題の契約を結ぶためには、別途1029円の費用と、最大4410円となるパケット費用を支払う必要がある。  これがホワイトプランの隠れた収益源になっている。

 


熊本城 本丸御殿に初潜入

熊本城の本丸御殿に初めて行ってきました。

一般公開から1ヶ月・・・そろそろ人は少なくなったかなと思ったけど、まだまだ混雑していました。

 

まず、地下入り口へ進みます。

 

当時は地下からしか入れなかったようです。

20080525-02CIMG0310

 

ここが地下入り口です。

20080525-03CIMG0312-2

 

以下の写真が地下通用口内部です。

歴史的な建物なのに新築のにおいがするのって不思議です。

しかし、ここから中には入れませんでした。

20080525-04CIMG0314-2

 

中に入るには正面の玄関からでした。

20080525-05CIMG0325

 

昔のキッチンだった大台所という部屋から見えた天井裏です。

20080525-06CIMG0317-2

 

広々とした大広間です。

20080525-07CIMG0319

 

大きな廊下が続きます。

20080525-08CIMG0320

 

廊下の横は「遠山の金さん」のオシラスみたいになっていました。

20080525-09CIMG0321

 

廊下の奥に「昭君の間」があったのですが、撮影禁止でした。。。残念

下の写真はその付近を撮ったのですが、少し襖絵が見えてます。

これを撮ったとき「撮影禁止!!」って警備員に怒鳴られました。

「外側もいけないの?」って言ったら、「この角度ならOKかな・・・」って。。。ほっ

20080525-10CIMG0323

 

ちなみに、5/23から、本丸御殿は撮影解禁になったようです。

ラッキーでした。

ただし、若松の間、昭君の間などは、撮影禁止のようです。

以下の熊本城公式ホームページをご覧下さい。

http://www.manyou-kumamoto.jp/contents.cfm?id=650

 

 

 


オムロンUPSで停電対策・・・いざ、停電の時は?

http://www.omron.co.jp/ped-j/product/ups/bx35-50f/bx35-50f.htm

 

オムロンUPSを接続し、付属ソフトの「PA」をインストールしたんですが、

以下がその環境設定画面です。

電源異常を発生したら、60秒後にシャットダウンを開始します。

そして、その600秒(10分)後に、UPSが停止します。

よって、停電が1分以上続いたら、11分間はパソコンの電源は入れないで下さい。

停電発生から11分後にUPSが停止しますので、パソコンが起動していたら、いきなり落ちます。

あせらず、UPSが一度停止するまで待ちましょう。

そのとき、停電が復旧していたら、UPSもすぐき起動します。

 

 


無償のPDF変換ツール「PrimoPDF 4.0」日本語版

無償のPDF変換ツール「PrimoPDF 4.0」の日本語版を提供開始した。

http://www.xlsoft.com/jp/products/primopdf/index.html

 

前のバージョン(Ver 3.1)では日本語ファイル名が指定できないという、日本で使うには致命的なバグがありましたが、今回も日本語(2バイト文字)のファイル名は文字化けして表示されるというバグは残ったものの、自分で入力しなおせばPDFファイルが作成できるようになったとのことです(もちろんPDFファイル中の日本語は文字化けすることはありません)。

 

 


YAMAHA音声会議システム

YAMAHA音声会議システムを使ってみました。

http://www.yamaha.co.jp/projectphone/products/50r/index.html

とても操作が簡単で、音質もよかったです。

同時接続が、最大8拠点というのが、もう少し欲しい気がします。

 

「PJP-50R」と「PJP-100H」を接続して試してみたのですが、以下は「PJP-50R」の操作です。

 

1) ネットワークケーブルを本体に接続し、 一端をハブに接続してください。付属のケーブルの他に10mのケーブルも同封しています。ハブまでの距離が遠いときは、 そちらをご使用下さい。

2) 電源ケーブルを接続し、 コンセントに差し込めば、音声会議システムが起動します。

 

 

 

3)呼び鈴がなりましたら、このボタンを押してください。音声会議が開始されます。

 


停電復旧時に自動的に起動するBIOS設定

DELLのWindows Strage Server 2003 「PowerVault NF100」

を停電復旧時に自動的に起動するようにするため、

通電したら電源がはいるようにするBIOSの設定です。

ちなみにこの設定は、メーカー、機種によって違いますので、あしからず・・・

 

起動時に「F2」キーを押し、BIOS設定画面を起動します。

「System Security」を選択し、リターンキーを押します。

次に出てきた画面で「AC Power Recovery」を選択し、「←」「→」キーで「On」を選択し、リターンキーを押します。

あとは「Esc」キーを押して、「Save」を選ぶと有効になります。

F1000157.jpg

 

しかし、UPSがないと、いくらこの設定してもパソコンが壊れるのは時間の問題です。

ちなみにUPSはオムロンの「BX50F」を使い「PA」をインストールしました。

http://www.omron.co.jp/ped-j/product/ups/bx35-50f/bx35-50f.htm

64ビットでも動いているようです。。。ほっ

 


Windows Strage Server 2003 でネットワークアクセスできない

DELLのWindows Strage Server 2003 「PowerVault NF100」

http://configure.apj.dell.com/dellstore/config.aspx?c=jp&cs=jpbsd1?&l=ja&oc=6286SStandardNF100&s=bsd&fb=1

でネットワークアクセスできないと散々、悩んだのですが、結局、ファイヤウォールの設定でした。

DELLさん初期設定厳しすぎです。。。泣

 

「ローカルエリア接続」を右クリックして、「プロパティ」を選択します。

以下の画面で「詳細設定」タブを選択して「設定」ボタンをクリックします。

「除外」のタブを選択すると、「ファイルとプリンタの共有」にチェックが入っていませんでした。

チェックを入れたら、共有にアクセスできるようになりました。

 


Symantec AntiVirus Corporate Edition アンインストール

http://www2.itc.nagoya-u.ac.jp/service/qa/qa35.htm

 

 


ネットワーク経由でコンピュータへアクセス

ローカル セキュリティ ポリシーの

ネットワーク経由でコンピュータへアクセス

の英語表示は、

Access this computer from the network

 


匿名ファイル・アクセスを許可する

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/785anonacc/anonacc.html

 

 


Windows 2003 のデバイス検出能力は低い

Windows 2003 のデバイス検出能力は低いので、キーボードのドライバーを手作業で変更しなければならないときがあります。
PS/2 キーボードも英語101キーボードとしか認識せず、106/109キーボードへドライバーの変更をおこなわなければならないときがあります。

下記の例は日本語106/109キーボードを付けているのに英語101キーボードとしてしか認識してない状況を示しています。

コントロールパネル→システム →デバイスマネジャを開きます。


右クリックでプロパティを選択します。


ドライバのアップデートを選びます。


「検索しない」を選択します。


「手動」を選んで「次へ」をクリックします。


「検索しない」を選択し、「次へ」をクリックします。


下図のようにチェックを外して、右側でスクロールして「Japanese PS/2 Keybord [106/109 Key]」を見付けます。


以下の画面で「Yes」をクリックします。


以下の画面で「Yes」をクリックします。

以下の画面で「完了」をクリックします。


以下の画面で「yes」をクリックし、再起動します。


デバイスマネージャで「Japanese PS/2 Keybord (106/109 Key)」にちゃんと変っていれば、キートップと文字が一致して、日本語入力もOKとなります。

 

 


Windows StotageServer 2003 R2 でのソフトミラーリング

ここでのソフトミラーリングとは、OSの標準機能のミラーリングです。

今回、はじめてWindows StotageServer 2003 R2 でのソフトミラーリングを行なったので、その手順を説明します。

それも64ビット版です。。。。怖

 

まず、「ディスクの管理」画面で、対象の1枚目のディスクを右クリックして「新しいボリューム」を選択します。

以下の画面で「次へ」をクリックします。

以下の画面で「ミラー」を選択し、「次へ」をクリックします。

以下の画面の左側のリストから、ミラーリングする2枚目のディスクを選択し「追加」をクリックします。

以下のように、右側のリストに追加されたら「次へ」をクリックします。

以下の画面で、ドライブ文字を割り当て「次へ」をクリックします。

以下の画面で「このボリュームを次の設定でフォーマットする」を選択し、各設定を行い、「次へ」をクリックします。

以下の画面が表示されたらミラーリング設定終了です。

「完了」をクリックすると、フォーマットを開始します。

 

 


リンク切れチェックツール「孤島発見器」

自分のホームページの中で、参照されていないファイルやリンク切れがあるファイルを見つけだします。

 

「暗黙のファイル名」が1個しか指定できないのが難点・・・

 

<使い方>

http://hp.vector.co.jp/authors/VA014575/chicchi/kotou/readme.html

 

<アイコンの意味>

□・・・HTMLファイル

・・・HTMLファイル (存在しないファイルへのリンク(無効リンク)を含んでいる)

□・・・JPEGファイルかGIFファイル

□・・・その他のファイル

□・・・トップページ

□・・・そのHTMLファイルが含む<A NAME="..">タグ、 つまりアンカーを表します。

□・・・選択したトップページからはリンクをたどってもたどり着くことのできないファイル

□・・・そのフォルダの中に□□を含んでいる

 

<ダウンロード>

http://hp.vector.co.jp/authors/VA014575/chicchi/

 

 


リンク切れチェックツール「Devi」

http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se381326.html

デッドリンクチェッカー [Devi]は

実行したが初期化に失敗しましたと表示され起動しなかった。

 

WindowsXP Pro SP3

 

 


メールに「dat」という拡張子のついたファイルが添付されてきた

メールに「dat」という拡張子のついたファイルが添付されてきた。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411342354

MacやThunderbird でファイルを添付すると起きるようです。

拡張子を変更するだけで開けるようですが・・・

http://www.55555.to/

「極窓」で何のファイルか判断してくれます。

ダウンロードした実行ファイルを実行すると、直下に「極窓」というフォルダが作成されます。

そのフォルダの「極窓.exe」を実行します。

はじめて実行するときは、以下の画面が起動しますが、ファイルの判定には関係ないのでわたしは「キャンセル」しました。

以下の画面も初めて実行するときのみ表示されるのですが、わたしは「キャンセル」しました。

やっと「極窓」の画面が起動しました。

ファイルの判定は、この画面に拡張子「dat」のファイルをドラッグし、「判定」をクリックするだけです。

ボタンの下にファイルの種類が表示されます。

今回「Microsoft PowerPoint Slide Show File」と表示されました。

パワーポイントのスライドショーファイルです。

「変換」ボタンをクリックすると、対応する拡張子に変換してくれます。

今回は「pps」と変換してくれました。

パワーポイントのスライドショーファイルは、Office Personalでも表示されるようです。

ダブルクリックしたらスライドショーが始まりました。

 

「極窓」の詳しい使い方は、以下のサイトがわかりやすかったです。

http://www.oshiete-kun.net/archives/2007/06/08_0024.html

 


こてつのM字開脚

20080520214419

常駐させても軽快なセキュリティソフト「イーセット スマート セキュリティ」

http://news.livedoor.com/article/detail/3644994/

にセキュリティソフト「イーセット スマート セキュリティ」の記事がありました。

めちゃくちゃ軽いようです。

1本目4,200円が高いか安いかは、ご自分でご判断下さい。。。

 

以下はメーカーサイトのパフォーマンス比較です。

img_f-speed.jpg

 

メーカーサイト

http://www.eset-smart-security.jp/

 

 


パソコンの捨て方

リサイクル法などで複雑になったパソコンの捨て方、以下のサイトに簡単に説明してありました。

「不要品を無料で回収します」とアナウンスしながら市中を回る回収業者に出すのはトラブルになるケースが多いそうです。

ただほど高いものはないと言いますからね・・・

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080512/301353/

pc-haki.JPG

 

 


Windows Vista で「ipconfig /release」が実行できない

IPアドレスの再取得(更新)をする場合、コマンドプロンプトで

IPCONFIG /RELEASE

を実行し、

IPCONFIG /RENEW

を実行するのですが、以下のように「管理者特権が必要です」 となり操作出来ません。

 

ip_cf_01.jpg

 

その場合は左図のように、コマンドプロンプトの右クリックメニューから 「管理者として実行」 を選んでください。

 

ip_cf_02.jpg

 

 


 BLOG TOP  »  NEXT PAGE