FC2ブログ

ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

お気に入りのリストア

バックアップしたお気に入りをリストアします。

IE7でバックアップしたものもIE6にリストアできました。

まず、メニューより「ファイル→インポートおよびエクスポート」を選択します。

okiniiri-in01.JPG

以下の画面で「次へ」をクリックします。

okiniiri-in02.JPG

以下の画面で「お気に入りのインポート」を選択し「次へ」をクリックします。

okiniiri-in03.JPG

以下の画面で「ファイルまたはアドレスからインポートする」でお気に入りのバックアップファイルを指定し「次へ」をクリックします。

okiniiri-in04.JPG

以下の画面で「次へ」をクリックします。

フォルダを指定して、サブフォルダにインポートすることも可能です。

okiniiri-in05.JPG

以下の画面で「完了」をクリックします。

okiniiri-in06.JPG

以下の画面が表示されたら、お気に入りのリストア終了です。

「OK」をクリックしてください。

okiniiri-in07.JPG

 

 


スポンサーサイト



IE7 お気に入りのバックアップ

IE7 でのお気に入りのバックアップです。

メニューバーが表示されていないときは、何もないところを右クリックし「メニューバー」を選択します。

ie7-okiniiri1.JPG

メニューバーより「ファイル→インポートおよびエクスポート」を選択します。

ie7-okiniiri2.JPG

以下の画面で「次へ」をクリックします。

ie7-okiniiri3.JPG

以下の画面で「お気に入りのエクスポート」を選択し「次へ」をクリックします。

ie7-okiniiri4.JPG

以下の画面で「次へ」をクリックします。

フォルダを選択し、一部をエクスポートすることも出来ます。

ie7-okiniiri5.JPG

以下の画面で「次へ」をクリックします。

「ファイルまたはアドレスにエクスポートする」に指定したファイルにエクスポートします。

ie7-okiniiri6.JPG

以下の画面で「完了」をクリックします。

ie7-okiniiri7.JPG

以下の画面が表示されたらお気に入りのバックアップ終了です。

ie7-okiniiri8.JPG

 


フリーソフト「Exma」を使ったOutlookExpressのデータ移行

http://hp.vector.co.jp/authors/VA022434/html/main.htm

フリーソフト「Exma」を使ったOutlookExpressのデータ移行方法を説明します。

Exma4.exe を起動すると以下の画面が起動しますので「Backup」を選択し、ユーザー(通常:メインユーザー)を選択し、「OK」をクリックします。

exma01.JPG

以下の画面が表示されたら、気にせず「OK」をクリックします。

デフォルトではデスクトップに「Exma_bkup」フォルダが作成されバックアップされますので、そのフォルダを移行先のパソコンにコピーします。

exma02.JPG

移行先のパソコンで「Exma」を起動し、「Restore」を選択し、ユーザー(通常:メインユーザー)を選択し、「OK」をクリックします。

exma03.JPG

バックアップフォルダの下のユーザー(通常:メインユーザー)を選択し、「OK」をクリックします。

exma04.JPG

以下の画面で「OK」をクリックします。

exma05.JPG

以下の画面でどちらかを選択するとデータを取り込みます。

exma06.JPG

ただし、現在、XP SP2ではお気に入りは取り込まれないようです。

お気に入りの移行は、IE標準の機能を使うのが無難です。

 

 

 

 


メールをバックアップ出来る「MailStore Home」

http://www.mailstore.com/en/mailstore-home.aspx

 

【使い方】

1)上記のサイトから「MailStore Home」をDLして適当な場所に保存し、「MailStore Home」をインストール

2)「MailStore Home」を起動させたら「Import Message」を選択する。

3)次に使用しているソフトを右の欄から選択する、サーバー上のメールは「POP3」です。
ソフトからバックアップを取る場合は選択した後に出る画面で「OK」を選択するだけで完了
「POP3」などのサーバー上のメールをバックアップ取る人は埋める項目があるので注意

?無事に取り込むことが出来れば画面左のツリー上になっている部分に追加されます
海外製のツールですが日本語には対応してるので文字化け等は一切ありません
これでメールのバックアップを取ることが出来ます、左上のサーチも使いましょう
バックアップを取ったメール内容をCDにも焼くことが出来ます


 BLOG TOP