FC2ブログ

ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

BlogWrite ver: 2.6.6.62(2.6.6.63)

BlogWrite がバージョンアップされているようです。

ver: 2.6.6.62(2.6.6.63)

http://www.witha.jp/BlogWrite/verhistory.html

 

 


スポンサーサイト



「テラ」の上は「ペタ」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%BF

最近、1テラのハードディスクとか売られだしたので、その上を調べてみた。

「ペタ」だそうです。

「1ペタのハードディスク」って、なんか、舌かんじゃいそうですね。。。笑

 

 peta.JPG


オールインワンインターネットスイート「SeaMonkey」

http://codezine.jp/a/article/aid/2361.aspx

Mozillaはオールインワンインターネットスイート「SeaMonkey 1.1.9」をリリース

とニュースがあり、「Composer」と呼ばれるHTMLエディタも付属とあったが、

「KompoZer」と同じく漢字ファイル名は扱えないようです。。。残念!

 

 

 


VB6からEXCELを起動するには

http://homepage2.nifty.com/sak/w_sak3/doc/sysbrd/vb_t08.htm

にVB6からEXCELを起動する方法があったが、スペースがあるパスでエラーになる。。。泣

しかし、解決!

 

Public Function ExecExcel(para As String) As Boolean
  Dim exl As variant
  On Local Error Resume Next
  Set exl = CreateObject("Excel.Application")
  shell exl.path & "\excel.exe " & para, 1
  if err <> 0 then
    ExecExcel = False
  else
    ExecExcel = True
  end if
  On Local Error GoTo 0
End Function

 

上記を以下のように変更したら起動しました。。。

 

Public Function ExecExcel(para As String) As Boolean
  Dim exl As Variant
  On Local Error Resume Next
  Set exl = CreateObject("Excel.Application")
  Shell exl.Path & "\excel.exe """ & para & """", 1
  If Err <> 0 Then
    ExecExcel = False
  Else
    ExecExcel = True
  End If
  On Local Error GoTo 0
End Function


 BLOG TOP