ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

Jwwの図面をExcelに貼付るフリーソフト「Jww to MF」

jwwで作成した図形をそのままエクセルやワードで利用したいと思っても、単純にコピー・ペーストしただけでは貼り付けることができません。

そこで、Jwwの図面をエクセルに貼付るフリーソフト「Jww to MF」を使います。

ソフトは、以下のサイトからダウンロードできます。

http://www.e-tripod.net/htm-dir/soft.html

使い方は、以下のサイトが解りやすかったです。

http://getx3.livedoor.biz/archives/50982685.html

ただ、文章だけだったので、イメージを交えて説明します。

まず、jwwでコピーしたい図形の範囲をまず選択します。そして、[編集]→[コピー] をクリックします。

次に、JwwToMF.exeをクリックしてJwwtoMFを起動します。すると、JwwtoMFによって先ほど選択した図形の範囲が表示されます。
そして、[ファイル]→[クリップボードに画像をコピー] をクリックします。

次に、エクセルやワードを起動させます。そして、[編集]→[形式を選択して貼り付け] をクリックします。ここで図形の貼り付ける形式を[図(拡張メタファイル)]に選択します。これで目的の図形がエクセルやワードのシートに貼付いたはずです。

単純に貼り付けでも、メタデータとして張り付きそうです。

なお、オブジェクトのグループ解除を行うと、Excel上でも簡単な修正ができます。

もちろん、これは同じようにWordでも可能です。

 


スポンサーサイト

DWGファイル用の無償CADソフト「DraftSight」が64ビットにも対応

DWGファイル用の無償CADソフト「DraftSight」が64ビットにも対応したようです。

以下のサイトから入手できます。

http://www.3ds.com/jp/products/draftsight/download-draftsight/

いろいろなOSががサポートされています。

自分のOSの「DragtSightをダウンロード」をクリックして、実行して下さい。

DraftSight64-01.png

以下の画面で「スタンドアロンライセンス」を選択し、「次へ」をクリックします。

DraftSight64-02.png

以下の画面で「使用承諾契約の条項に同意します」を選択して、「インストール」をクリックします。

DraftSight64-03.png

以下の画面で「完了」をクリックして下さい。

DraftSight64-04.png

以下の画面で「電子メールアドレス」を2回入力し、「Industry(業種)」を選択(私はIndustrial Equipment=工業設備)し、「Country(国)」を選択し、「タイトル」で適当な職業を選択し、「アクティブ化」をクリックします。

DraftSight64-05.png

以下の画面で「OK」をクリックします。 DraftSight64-06.png

以下のようなメールが届きますので、以下の「click here」をクリックします。

DraftSight64-07.png

以下のウェブ画面が表示されたら、アクティブ化完了です。

DraftSight64-08.png

なお、以下のPDFが結構わかりやすいく説明されています。

http://www.3ds.com/fileadmin/PRODUCTS/DRAFT_SIGHT/PDF/GETTING-STARTED-GUIDE-JP.pdf

 

また、DWG ファイルと DXF ファイルにはさまざまなバージョンがありますが、ODA ライブラリにより、 DraftSight は 2010 年 5 月時点で 2.5 以降のバージョンの .dwg ファイルと .dxf ファイルを読み取り、 R12 から R2007-2010 までのバージョンに保存できるようになっています。

 

 


Intercad で作成したDXFファイルがAutoCADで開けない

Intercad で作成したDXFファイルがAutoCADで開けない事がありました。

 

エディタで開くと先頭が「AC0141」なので、AutoCAD2000以上で開くハズなんですが・・・

 

そこで、jw_cadで開き、SFCファイルで保存し、再度、DXFファイルに保存したら、

AutoCADで開くことができました。

さすが、共通形式SFCですね。。。

 

ちなみにjw_cadは、評価版 Version 7.00βをインストールしました。

http://www.jwcad.net/download2.htm

 

 


jw_cadでキーを使った画面操作

jw_cadでマウス右ボタンを使ってズームや画面移動ができますが、やはり、CADユーザーとしてはキーボード操作でやりたいものです。

まず、メニューより「設定→基本設定」を選択します。

「一般(2)」タブを選択し、「矢印キーで画面移動、PageUp・PageDownで画面拡大・縮小、Homeで全体表示にする。」にチェックを入れます。

操作は設定のとおりです。

矢印キー=画面移動

PageUp=画面拡大

PageDown=画面縮小

Home=全体表示


電子納品のためのJW_CADテンプレート

http://www.geocities.jp/me109e4jp/DL.html

電子納品のためのJW_CADテンプレートが公開されていました。


Jw_cadで電子納品に挑戦

Jw_cad for Windowsで電子納品CAD製図基準(案)に挑戦

というサイトがありました。

http://www.sou2.com/


JW_CADで画面移動

JW_CADで画面移動は、

マウスの左右のボタンを同時にクリックすると、クリックした点が画面の中心にきます。


JW_CADで画面ズーム

http://www.lynkf.com/2007/07/post_7.html

JW_CADでの画面ズームは、マウスの左右ボタンを両方押して行います。

縮小・・・マウスの左右両方をドラッグしながら、左上に動かす。

拡大・・・マウスの左右両方をドラッグしながら、右下に動かす。


 BLOG TOP