ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

「BunBackup」のミラーリング機能

http://nagatsuki.la.coocan.jp/bunbackup/

「BunBackup」で同期をとっていたのですが、バックアップ先の容量がどんどん減っていった。
調べてみたら、「BunBackup」のデフォルト設定でバックアップしていたら、
バックアップ元でファイルを削除しても、バックアップ先は削除されないようです。
「BunBackup」でミラーリング機能を有効にしないといけないようです。

設定方法は、メニューより「設定→機能表示設定」を選択します。
bunbackup-ml01.png

「ミラーリング」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。
bunbackup-ml02.png

各バックアップの設定画面を開き、「詳細」をクリックします。
bunbackup-ml03.png

「ミラーリング」というタブが表示されるようになりましたので、そこの「ミラーリングする」にチェックを入れ、「OK」をクリックすると、ミラリングするようになり、バックアップ元で削除されると、バックアップ時に、バックアップ先でも削除されます。
bunbackup-ml04.png



スポンサーサイト

画像に文字入れくん

画像に文字入れを行うソフトで、このソフトが一番カンタンそうでした。

https://goo.gl/NwUocl





DVDStyler を使って DVD を作成する手順



https://goo.gl/XWiKpG


画像位置情報取得ツール「GetGpsInfo」

画像位置情報取得ツール「GetGpsInfo」は、写真の撮影位置を地図で表示するためのフリーソフトです。

GPS機能付きのデジカメや、スマホで写真を撮影した場合、JPEGファイルにGPS緯度経度情報を付加することができます。
本ツールではその情報を元に、撮影位置を地図上にマッピングして表示します。
また、Google Maps APIを利用し、緯度、経度から、おおよその住所や、標高を取得します。

「GetGpsInfo」は、以下からダウンロードすることができます。

http://www.osadasoft.com/software/getgpsinfo/

ダウンロードしたZIPファイルを解凍すると、フォルダが作成され、そこの「GetGpsInfo.exe」を実行すると起動します。
ファルダにサンプル画像がありますので、それを指定した画面が以下の画面です。
また、一覧のファイル名を右クリックし、「Googleマップで開く」を選択すると、撮影場所をGoogleマップで開けますので、ルート検索などができて便利です。

getgpsinfo01.png




インストール時に不要なチェックをはずす「Unchecky」

PCにソフトウェアのインストール時、チェックボックスを確認せずにそのまま進んだら、
面倒なソフトをインストールされたり、デフォルトの検索エンジンやホームページを変えられたりしたことないですか?
その不要なチェックを外してくれるのが「Unchecky」です。

以下のようにSkypeインストール時に、デフォルトの検索エンジンとホームページを変えるチェックを外してくれます。

0009_m.png

全てではないようですが、インストール時のチェック確認忘れが少なくなるのは確かでしょう。

0010_m.png

ソフトは、以下のサイトから入手します。

https://unchecky.com/

インストール方法や使い方は、以下のサイトにわかりやすく說明してあります。

http://gigazine.net/news/20161003-unchecky-review/




大きく表示できて、インターネット時刻同期ができる「アナログ時計DX」

大きく表示できて、インターネット時刻同期ができるソフトを探していたが、
「アナログ時計DX」は表示サイズを変えることができ、インターネット時刻同期もできるようです。

http://www.softkobo-t.jp/pc_soft.html

マウスを時計上に置き、マウスポインターが時計マークになった時に左クリックすると、マウスポインターが十字矢印に変わり時計の位置をドラッグして変えることができます。

clockdx01.png

マウスを時計の外枠付近に移動すると、マウスポインターが上下矢印か左右矢印に変わり、時計の大きさをドラッグで変えることができます。

clockdx02.png

インターネット時刻同期は、時計を右クリックし、メニューから「日付と時刻の設定」を選択すると同期タイミング等を設定できます。

clockdx03.png

マシン情報をデスクトップに表示させるフリーソフト「BgInfo」

マシン名などの情報をデスクトップに表示するツール「BgInfo」が便利です。
「BgInfo」を各コンピュータ上で実行すれば、簡単にデスクトップ(壁紙)にマシン情報を表示できます。

BgInfo00.png

ソフトは、以下のサイトからダウンロードできます。

https://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bginfo.aspx

BgInfo01.png

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、「BgInfo.exe」を実行すると、以下の画面が表示されますので、「Agree」をクリックします。

BgInfo02.png

以下の設定画面が起動しますので、各項目を設定します。
なお、表示項目の説明は、以下のサイトに詳しく説明されています。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120601/399982/?ST=win&P=2

(1)デスクトップ上に表示する情報を編集します。
(2)表示したい情報をここから選択し、[Add]ボタンをクリックすることで、左側に追加できます。
(3)デスクトップ背景の設定をします。
(4)デスクトップ上の表示位置を設定します。
(5)リモート・デスクトップ接続などのデスクトップにもマシン情報を表示するように設定します。
(6)プレビューを行います。
(7)反映して、デスクトップにマシン情報を表示します。

BgInfo03.png

以下は、)デスクトップ上の表示位置設定画面です。
以下の設定では、デスクトップ右上に表示されます。

BgInfo04.png

なお、設定の説明は以下のサイトがわかりやすかったです。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1105bginfo/bginfo.html



Windowsのタスクを利用した「BunBackup」の自動バックアップ

「BunBackup」の自動バックアップでWindowsのタスクを利用すると、以下のことが可能になります。

1)決まった曜日にバックアップをする
2)スリープ中にバックアップを実行する
3)バッテリで動作しているときは自動バックアップしない
4)アイドル状態の時に自動バックアップする

以下の画面で、「Windows起動時に常駐」ボタンをクリックします。


タスクに登録する「登録名」を入力します。ここは何を入力してもかまいません。
次ぎに、バックアップに使用する設定ファイルを設定します。
次ぎに、「登録先」で「タスク」を選択します。
次ぎに、「登録」ボタンをクリックします。

タスクスケジューラーの画面はと思っていたら、以下の画面で登録したら、タスクスケジューラーに登録されるみたいです。。。驚。

 

タスク実行時の「アカウント」とその「パスワード」を入力します。
ここでのアカウントとは、Windowsに設定しているユーザーアカウントのことです。

 

ここで、タスクの設定を行います。
たとえば、金曜日の12時に自動バックアップしたい場合は、以下のように設定します。


サーバーのパーティション変更もできるフリーソフト「AOMEI Partition Assistant Lite」

サポートされているオペレーティングシステム

Windows Server 2003 それに 2003 R2
Windows Server 2008 それに 2008 R2
Windows Server 2012 それに 2012 R2
Windows SBS 2003, 2008, 2011
Windows Home Server 2011
Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista, XP

http://www.disk-partition.com/jp/partition-assistant-lite.html

以下のような制限事項が有りますが、パーティションサイズを小さくするような単純操作は可能でした。

<制限事項>
AOMEI PA Lite の「パーティションの移動」機能が制限されています。未割り当て領域のサイズは、移動したいパーティションのサイズより小さい場合、それが使用できません。

MdbファイルをAccessがインストールされていなくても作成、編集

MdbファイルをAccessがインストールされていなくても作成、編集できるフリーソフトを2つ見つけたのでメモっときます。
ただし、操作は簡単と言ってますが、両方共、SQLがある程度理解できていないと、条件抽出などは難しいようです。


1)みっちーのデータベースメンテ for Access

http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se258994.html


2)MDB簡易編集

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se510505.html



 BLOG TOP  »  NEXT PAGE