ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

Office365へのログイン

Office365へのログインアカウントが作成されると、下記のようなアカウント情報が届きます。

365login01.png

下記リンクから、サインインします。

https://www.office.com

アカウント情報をもとにアカウントを入力します。
入力後、「Sign in」をクリックします。
ユーザー名→someone@example:xxxxx@xxxx.onmicrosoft.com
一時パスワード→パスワード:設定されているパスワード

365login02.png

※初回ログイン後、「パスワードの更新」が表示されるので、パスワードを更新します。

サインイン後、Office365のホーム画面が表示されます。

365login03.png



スポンサーサイト

Teamsの使い方


Office365のサービスでチャットベースのコミュニケーションツールが「Teams」です。
小規模なグループやチームでのミーティングや個別のチャットで迅速な意思疎通に威力を発揮します。

まず、Office365にログイン後、「Teams」のアイコンをクリックします。

teams01.png

以下が「Teams」の画面です。左側の「チャット」で個人とのチャット、「チーム」でグループチャット、「会議」でビデオまたは音声会議ができます。
また、右上の「ダウンロード」をクリックし、デスクトップアプリをインストールすることにより、同機能がさらに使いやすくなります。

teams02.png

なお、アンドロイド・スマホの「Playストア」で「teames」を入力し検索し、インストールすれば、スマホからも利用できるようになります。

teams03.png


OneDriveビジネスの設定方法

OneDriveビジネスは、クラウド上に1TBの保存領域が利用でき、OneDriveアプリをインストールすることにより、ローカルファイルと同期し、バックアップとしても、複数パソコンでの作業でも効果を発揮します。

<設定方法>

Office365のトップ画面で「OneDrive」をクリックします。

onedrivebz01.png

以下の画面で「OneDriveアプリの入手」をクリックします。

onedrivebz02.png

ダウンロードした「OneDriveSetup.exe」を実行します。

onedrivebz03.png

インストールを開始します。

onedrivebz04.png

以下の画面で「メールアドレス」にOffice365アカウントを入力します。

onedrivebz05.png

以下の画面で「パスワード」を入力し、「サインイン」をクリックします。

onedrivebz06.png

以下の画面でOneDriveのクラウドデータと同期するフォルダを変更したい場合、「場所の変更」をクリックします。
「次へ」をクリックします。

onedrivebz07.png

既にOneDriveデータがクラウド上にある場合、以下の画面で同期するファイルやフォルダを選択できます。選択したら、「次へ」をクリックします。

onedrivebz08.png

以下の画面で、「OneDrive – XXXXX フォルダを開く」をクリックすると、OneDriveのローカルフォルダが開きます。ここに保存したファイルは、基本的にクラウドデータと同期し、バックアップしたり、複数のパソコンで作業しても、同期状態を保ちます。

onedrivebz09.png

通常、OneDriveフォルダを開く場合は、タスクバーの「青い雲のアイコン」(以後、OneDriveアイコン)を右クリックして、「OneDrive – XXXX フォルダを開く」をクリックします。

onedrivebz10.png

同期フォルダを再設定する場合、OneDriveアイコンを右クリックし、「設定」をクリックします。

onedrivebz11.png

「アカウント」タブを選択し、同期設定の「フォルダーの選択」をクリックします。

onedrivebz12.png



Office 365 のTeamsでチームをつくる

Office 365 のTeamsでチームをつくり、利用を開始します。
まず、以下の画面で「Teams」をクリックします。

teamsgpmk01.png

以下の画面で「チームを作成」をクリックします。

teamsgpmk02.png

以下の画面で、「チーム名」を入力し、「プライバシー」を選択し、「次へ」をクリックします。
「プライバシー」で「プライベート」を選ぶと所有者のみがメンバーを追加でき、
「パブリック」を選ぶと組織内の誰もが参加できるようです。

teamsgpmk03.png

以下の画面のメンバー欄で名前の一部を入力すると候補のユーザーが表示されるのでクリックして選択します。

teamsgpmk04.png

メンバーの追加が完了したら、以下の画面の「閉じる」をクリックし、チーム作成完了です。

teamsgpmk05.png



Office365の「多要素認証」

クラウドサービスを工事現場でもと勧めるのですが、パスワード認証だけでは頼りないということ。
そこで、Office365の「多要素認証」を試してみました。

「多要素認証」の設定は、管理画面より「ユーザーの編集」をクリックし、設定するユーザーを選択します。

office365tayosoninsyo01.png

下の方の「Multi-Factor Authenticationの管理」をクリックします。

office365tayosoninsyo02.png

設定するユーザーをcジェックシ、「有効にする」をクリックします。

office365tayosoninsyo03_201610171407561f9.png

以下の画面で、「multi-factor auth を有効にする」をクリックします。
これで、「多要素認証」の設定終了です。

office365tayosoninsyo04.png

設定したユーザーでログインすると、以下の画面が表示されますので、「今すぐセットアップ」をクリックします。

office365tayosoninsyo05.png

以下の画面で「認証用電話」を選び、国で「日本」を選びます。
その横の電話番号では、頭の「0」を抜いた番号を入力します。
「テキストメッセージでコードを送信する」を選ぶと、ショートメールで認証番号が送られてきて、それを入力すると認証できます。
「電話する」を選択すると、電話がかかってきて、指示されキーを押すと認証できます。

office365tayosoninsyo06.png



Azure Backup のウェブ管理画面で確認できること

Azure Backup の運用を開始したのですが、ウェブ管理画面でできることはあんまりありません。
順に画面を確認していきます。

以下にアクセスし、ログインすると、以下の画面が表示されますので、「契約ID」をクリックします。

https://manage.windowsazure.com/

azurewebmg01.png

以下の画面で、「ダッシュボード」をクリックします。

azurewebmg02.png

以下の画面が表示され、バックアップしているサーバー数とバックアップ容量がわかります。
そして、「クレジットの状態」をクリックすると、現在使える金額が表示されます。

azurewebmg03.png

以下がクレジットの状態を表示させた画面です。

azurewebmg04.png

OneDrive for Business の容量を確認する方法

どうしても、OneDrive for Business の容量を確認するメニューが見つからないと思ったら、
さすが、デスクトップメーカー。。。驚。
ウェブ画面上にはなく、デスクトップからしか確認できなかった。

https://goo.gl/b7JKNF

デスクトップ右下の「雲マーク」を右クリックし、「ストレージの管理」をクリックします。

onedrivebizsg01.png

すると、以下のように全体容量と空き容量が確認できます。
ドキュメントの下の各フォルダをクリックしていくと、各フォルダのサイズも確認できます。

onedrivebizsg02.png


Office365のユーザー追加からOfficeインストール



管理画面の「ダッシュボード」から「新しいユーザーの追加」をクリックします。
office365yseradd01.png


(1) 姓名を入力し、(2)ユーザー名を入力し、(3)パスワードを設定します。
(4)ユーザーに与えるライセンスにチェックをし、(5)「作成」をクリックします。
office365yseradd02.png

以下の画面が表示されたら、ユーザー作成完了です、「閉じる」をクリックします。
office365yseradd03.png

ユーザーは、以下のサイトにアクセスし、「ユーザー名@組織.onmicrosoft.com」でログインします。
https://portal.microsoftonline.com
そして、以下の画面で検索エンジンとホームページ設定を確認し、「今すぐインストール」をクリックし、セットアップファイルを実行します。
office365yseradd04.png

既にOfficeがインストールされている場合、以下の画面が表示されます。
「待つ」をクリックし、Officeをアンインストール後、再度、インストールを行って下さい。
office365yseradd05.png

以下の画面が表示されますが、なかなか終わりません。
office365yseradd06.png

以下の画面が表示されたら、「閉じる」をクリックします。インストール終了です。
office365yseradd07.png

Officeソフトのどれかを起動すると、以下の画面が表示されますので、「同意する」をクリックして下さい。
Officeの利用が可能になります。
office365yseradd08.png


 BLOG TOP