FC2ブログ

ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

「PowerPoint Viewer」提供終了

「PowerPoint Viewer」の提供が終了して途方にくれていたのですが、
Windows10では、「PowerPoint Mobile」が有効のようです。

https://setsuzoku.nifty.com/koneta_detail/180409000546_1.htm

上記サイトでは、Microsoft Storeで「PowerPoint Mobile」と検索とありましたが、表示されませんでした。
普通に検索したら以下のサイトがあったので入手可能のようです。

https://www.microsoft.com/ja-jp/p/powerpoint-mobile/9wzdncrfjb5q?activetab=pivot:overviewtab

<P.S.>
Office 2013 PersonalがインストールされたWindows10に設定してみました。初回起動時に、MSアカウントを聞いてきます。一度、アカウントとパスワードを入力すると、次回からは普通に使えます。


スポンサーサイト

Officeクリップボード無効化


https://www.attrise.com/ceo/archives/8652


[DAO]新バージョンの違い



https://yaplog.jp/orator/archive/67



chromeで文字化けした場合の解消方法

少し前までのchromeのメニューにはエンコード機能があり、
Unicord(UTF-8)やShift JISなど文字コードの設定をメニューから変更し、
そこから文字化けの対処が行えましたが、最新版Chromeではなくなっているようです。

そこで、以下で紹介されているプラグイン「テキストエンコーディング」をインストールすることにより、
右ボタンで文字コードを変更して対応できました。

https://aprico-media.com/posts/1448




【ディスクコピー後】UEFIモードで起動できない【0xc000000e】

HDDをSSDに変更してスピードアップを図ろうとクローンコピーして起動したら、
エラー【0xc000000e】が発生して起動できない(泣)

DSC_1011.jpg

何度か、再試行していたら、ファイル【winload.efi】にエラーというメッセージが表示されたので、
【0xc000000e】と【winload.efi】でぐぐってみたら、以下のようなサイトがあった。

DSC_1012.jpg

http://blog.livedoor.jp/zeropasoakita/archives/25600296.html

どうも、まれにあるようで、
A.新規にWinodws8~10を導入しないでWindows7以降、数回OSをアップグレードを行っている。
B.過去にWindowsのシステムが入っていたディスクを現在別のデータディスク(別ドライブ)として使用している。
C.ディスクのコピー後、コピー前のディスクを外さずに再起動してしまった。
といったケースなどがあるようで、他にもOSのアップグレードでUEFIの起動がおかしくなることもあるとのこと

まず、2つのソフトをインストールします。

1)MiniTool Partition Wizard
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/partwizhome/
ディスクのパーティーション管理ソフトです。

2)EasyBCD
https://translate.google.com/translate?sl=en&tl=ja&js=y&u=https%3A%2F%2Fneosmart.net%2FEasyBCD%2F
EasyBCD日本語化ファイル
https://mikasaphp.net/download/ja.zip
WindowsVista以降 起動に必要なブートメニューを編集できる管理ソフトです。

・・と、ソフトのインストールまでは行ったが、ブート情報の書き換えが別のパソコンではできないようだ。


<P.S.>
以下にWindows10のインストールメディアからの復旧方法があったので、試してみよう。

https://nasunoblog.blogspot.com/2016/07/wse2012r2-restore-failed-error-0xc000000e.html

以下からWindows10インストールメディアを作成する。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

以下の要領で、Windows10インストールメディアからコマンドプロンプトを起動する。

https://www.pasoble.jp/windows/10/088141.html

使うコマンドは、
bootrec
C:\WINDOWS\system32>diskpart
bcdedit

<P.S.2>
最初のブート情報の書き換えは少し怖いので、<P.S.>のWindows10のインストールメディアからの復旧方法を試してみます。

Windows10インストールメディアを作成し、そのメディアからブートすると、以下の画面が表示されましたので、もしかしたらと思い、「スタートアップ修復」をクリックしてみます。

DSC_1024.jpg

以下の画面で、「Windows10」をクリックします。

DSC_1025.jpg

やっぱり、あまかった。修復できなかったようです。
「詳細オプション」をクリックし、前の画面に戻ります。

DSC_1026.jpg

以下の画面で、「トラブルシューティング」をクリックします。

DSC_1027.jpg

以下の画面で、「コマンドプロンプト」をクリックします。

DSC_1028.jpg

以下の画面で、コマンド「bootrec /scanos」を実行し、ブート対象のボリュームにドライブレター Cが割り当てられているか確認ししたが、正常のようです。

DSC_1030.jpg

とりあえず、bcdedit コマンドを使ってWindows ブート ローダーを修正します。
bcdedit /set {default} device partition=c:
bcdedit /set {default} osdevice partition=c:

DSC_1031.jpg

これで、再起動したら、ブートしました。。。。ほっ
ブートローダーが壊れていたようです。
ブートローダーがどうなっていたかは、確認していませんが・・・



1分?で、Win10のプリインアプリを全削除

1分って?数時間かかったけど、操作は簡単でした。


http://akariba.net/264/uninstall-preinstall-apps-of-the-windows10/


無料の「Office Online」でもう必要十分すぎる件



https://tipstour.net/other/10202


複数の種類のファイルに通しページを付ける

WordとExcelとPDFが混じった複数のファイルをまとめ、通しページを付けたいと相談を受けた。

ドキュワークスなどがあれば、簡単にできるのだが、わざわざ購入するのはと思い、

複数の種類のファイルに通しページを付ける方法を考えてみました。

 

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/pdf_as/

「pdf_as」というPDFファイルの結合とページ番号付加が可能なフリーソフトがあったので使ってみた。

まず、すべてのファイルをPDFに出力します。

わかりやすいように、ファイル名先頭に番号を付けます。

「pdf_as」を起動し、順番にドラッグ&ドロップ。

pdf_as01.png

メニューより、「操作→結合」を選択します。

pdf_as02.png

ファイル名を記入し、「保存」をクリックします。

pdf_as03.png

作成された結合PDFを「pdf_as」にドラッグ&ドロップ。

pdf_as04.png

メニューより「ファイル→ヘッダー・フッター設定」を選択します。

pdf_as05.png

以下がヘッダー・フッター設定画面です。

今回は「ページ番号/総ページ数」の形式にし、位置は右下に設定しました。

「OK」をクリックしたら、ページ番号挿入完了です。

pdf_as06.png

ページ番号挿入前のファイルは「【元ファイル】・・・」という名前でバックアップされます。

pdf_as07.png

ページ番号挿入したファイルを開いてみると、以下のようにページ番号が挿入されています。

pdf_as08.png

 

 

 

 

 

 


2018年5月のWindowsUpdateでリモート接続認証ができなくなった

2018年5月のWindowsUpdateで以下のように表示されリモート接続認証ができなくなった。

5gatuwinupnoremo01.png

グループポリシーを変更することにより解消されるとのことだったが、
Homeエディションではグループポリシーがなく設定できなかった。
以下の対応で、Windows10Homeでは対応できたが、

https://freepc.jp/grouppolicy

Windows8Homeの対応策がみあたらなかったが、やっと、レジストリー変更で対応できることがわかった。

https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/05/02/2018-05-rollup-credssp-rdp/

対応手順は、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
に移動し、「System」を右クリックし、「新規→キー」を選択します。

5gatuwinupnoremo02.png

以下のように、新しいキーが作成されます。

5gatuwinupnoremo03.png

キー名を「CredSSP」とし、それを右クリックし、「新規→キー」を選択します。

5gatuwinupnoremo04.png

以下のように、新しいキーが作成されます。

5gatuwinupnoremo05.png

キー名を「Parameters 」とし、それを右クリックし、「新規→DWORD(32ビット)」を選択します。

5gatuwinupnoremo06.png

以下のように、新しい値が作成されます。

5gatuwinupnoremo07.png

値の名を「AllowEncryptionOracle」とし、それを右クリックし、「修正」を選択します。

5gatuwinupnoremo08.png

以下の画面で、「値のデータ」に「2」を入力し、「OK」をクリックします。

5gatuwinupnoremo09.png

これでやっと、Windows8Homeの対応ができた。



Outlook連絡先の表示順変更

複数のOutlook連絡先を利用するとき、以下の手順で表示順等を変更することもできます。

1)「ホーム」タブを選択します。
2)「アドレス帳」をクリックします。
3)アドレス帳が表示されたら、メニューより「ツール→オプション」を選択します。
4)表示されたアドレス画面で「ユーザー設定」を選べば、表示したくない連絡先の削除や表示順の変更ができます。
 また、「アドレス帳を開いたときに最初に表示するアドレス一覧」で初期表示アドレス帳を設定できます。

Outlook連絡先の表示順変更


 BLOG TOP  »  NEXT PAGE