ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

CPCとCPMについて

●CPCとは?
[Cost Per Click]
クリック保証型広告のことでこれが配信された場合、広告主様には1回のクリック毎に課金されます。表示回数に対しては課金されません。広告掲載様サイトには、1回のクリック毎にお支払されます。

●CPMとは?
[Cost Per Mil]
1,000回の表示に対する単価を表しています。広告主様には表示回数毎に課金されます。クリック回数に対しては課金されません。掲載サイト様には、表示毎にお支払されます。小数点以下の発生金額は最終的に四捨五入で整数値にされます。

imps-cts-ctr.png

 

 


スポンサーサイト

アフェリエイトの種類

アフェリエイトには3種類あるようで、以下に説明します。

<成果保証型>

自分のホームページなどに企業の広告(バナーなど)を貼り付けて、その広告を見てクリックした人が、商品を買った場合に手数料(報酬)が貰えるシステム(プログラム)の事です。

FC2アフェリエイトは、このタイプです。左側の以下のアイコンをクリックしてみてください。

<クリック保証型>

自分のホームページに訪問してくれた人が、貼り付けた広告(商品バナーなど)をクリックしただけで報酬が貰えるアフィリエイトプログラムです。

https://www.google.com/adsense/login/ja/

Google Adsenseは、このタイプです。


他に


http://www.customclick.ne.jp/


http://www.onparade.jp/textb/



<バナーを掲載するだけで報酬>

自分のサイトにバナー広告などを掲載するだけで、報酬がもらえるアフィリエイトプログラムです。

Adconmatchは、このタイプだったようですが、今は変わっているようです。

 

<参考>

http://www.boraro.gozaru.jp/affiliate.html

 


Google Analytics でよく訪れられる記事を確認

Google Analytics のレポートページ左下の「コンテンツサマリー」でページビューのランキングが表示されます。

ただ、ファイル名だけで、具体的に何の記事かわかりません。

それを確認するには、みたいファイル名をクリックします。

GoogleAnaConView1.jpg

以下の表示に変わりますので、(1)「このページにアクセスする」をクリックすると確認できます。

また、(2)「コンテンツ」のドロップダウンメニューをクリックすることにより、その他の記事も参照できます。

GoogleAnaConView2.jpg

以下のようにランキングも表示されますので、次に参照したいコンテンツを選択すると、画面が切り替わります。

GoogleAnaConView3.jpg

 


「つぶレコ」でのキーワード検索

「つぶレコ」でのキーワード検索は、つぶやきにキーワードを入れて、「つぶやきにあった商品を見てみる」をクリックすることもできます、正式には、右側にキーワード検索ボックスがあるようですね。

tuburekokeyword1.jpg

キーワードを入力して、「検索」をくりくすると、以下のように関連商品が表示されます。

tuburekokeyword2.jpg


Twitter でアフェリエイト「つぶレコ」

Twitterと連動するアフィリエイトサービス『つぶレコ』が開始されました。

つぶやきの内容に関連した商品のアフィリエイトリンクなどを挿入することができ、

利用者には商品購入に応じた成果報酬が支払われます。

以下が「つぶレコ」のサイトです。

http://tbrc.jp/

登録操作は、いたって簡単です。

「つぶレコ」のサイトで、「今すぐ使ってみる!」をクリックします。

tbrc01.jpg

以下の画面で「同意」にチェックし、「次へ」をクリックします。

tbrc02.jpg

以下の画面で「OK」をクリックします。

tbrc03.jpg

以下の画面で「本登録(メアド登録)する」をクリックします。

tbrc04.jpg

以下の画面で「メールアドレス」を入力し、「送信」をクリックします。

tbrc05.jpg

以下の画面で「OK」をクリックします。

tbrc06.jpg

以下のようなメールが届きますので、URLをクリックします。

tbrc07.jpg

以下の画面で「OK」をクリックします。

tbrc08.jpg

(1)まず、つぶやきというかキーワードを入力します。

(2)「つぶやきにあった商品を見てみる」をクリックします。

(3)商品が表示されますので、つぶやく商品の「この商品をすすめる」をクリックします。

tbrc09.jpg

以下のようにURLが付加されますので、それに紹介文を挿入し、「投稿する」をクリックします。

tbrc10.jpg

以下のような商品紹介のつぶやきがTwitterに投稿されます。

tbrc11.jpg

 


Google フィード向け AdSense

Google AdSense で「フィード向け AdSense」を設定してみました。

まず、以下の画面で「フィード向け AdSense」をクリックします。

googleadssfeed01.jpg

フィード向けAdSenseを使うには、まずフィードを作成しないといけません。

以下の画面の下の方の「新しいフィードを作成」をクリックします。

googleadssfeed02.jpg

以下の画面でフィード向けAdSenseを設定するサイトのURLかフィードのURLを記入し、「次へ」をクリックします。

今回はFC2ブログのURLチェネルをを記入しました。

googleadssfeed03.jpg

以下のように自動的に各値が設定されますので、「次へ」をクリックします。

あとで「フィードアドレス」を自分のサイトに記述することになります。

googleadssfeed04.jpg

以下の画面で「閉じる」をクリックします。

googleadssfeed05.jpg

以下の画面で必要ならばデザインを変更し、「保存」をクリックすると設定終了です。

googleadssfeed06.jpg

以下の画面が表示され、フィード広告表示には10分ほどかかるようです。

googleadssfeed07.jpg

「フィードアドレス」名前下部のサイトのタイトルをクリックすることによりわかります。

googleadssfeed08.jpg

最後に自分のサイトのRSSフィードを変更します。

FC2ブログなので、テンプレートの編集で以下の変更をします。

修正前のコード <link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="<%url>?xml" />

修正後のコード <link rel="alternate" type="application/rss+xml" href="http://feeds.feedburner.com/fc2/JEcQ" title="RSS" />

 

Livedoorの場合は、

修正前のコード

<link rel="meta" type="application/rdf+xml" title="FOAF" href="<$FoafUrl$>" />

修正後のコード

<link rel="meta" type="application/rdf+xml" title="FOAF" href="http://feeds.feedburner.com/livedoor/xFyR" />

 

<参考>

http://adsense.wakal.net/429

http://jukunenaffiliate.blog84.fc2.com/blog-entry-87.html

 


太平洋標準時間

Google AdSense を初めて2日目。

なかなか、今日の分の集計値が表示されないと思ったら、

Googleは、太平洋標準時間を採用しているのですね。

「期間は太平洋標準時間を基準にしています」と書いてありました。

taiheyohyojun1.jpg

ところで、「太平洋標準時間」って、、、、ぐぐってみました。

グリニッジ天文台の世界標準時から 8時間遅れ。

日本から 16時間遅れ。

ただし、アメリカのサマータイム DST実施期間中は・・ 

グリニッジ天文台の世界標準時から 7時間遅れ。 

日本から 15時間遅れ。

まだまだ、昨日になりそうもありません。

http://homepage1.nifty.com/silabel/educ/pst.html

ちなみに、以下のサイトで主な標準時の計算をやってくれます。

http://fas.kaicho.net/tenshow/cgi-bin/jst.cgi

taiheyohyojun2.jpg

 

<追伸>

Google AdSense をこまめにチェックしていたら、

午後4時に日付が変わったようです。

4~10月は16時、11~3月は17時に日付が変わるようです。

 


Google AdSense での検索窓設置

Google AdSense での検索窓を設置してみました。

アフェリエイト的にも有利とのこと・・・

 

「AdSense設定」タブをクリックし、「広告の取得」をクリックし、「検索向けAdSense」をクリックします。

gadsearch01.jpg

以下の画面で「ご利用開始」をクリックします。

gadsearch02.jpg

「検索タイプ」で「選択するサイトのみ」を選択し、

「選択したサイト」で、設置するホームページのURLを記入し、

言語関係は、すべて「日本」を選択します。

注意が必要なのは、「お客様のサイトのエンコード」です。

ホームページのサーバーにあわせ選択してください。

ブログなどのレンタルサーバーであれば、

ホームページソースで以下のようなコードがありますので、それを参考にするといいと思います。

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">

gadsearch03.jpg

以下の画面で、検索窓のデザインを決め、「続行」をクリックします。

gadsearch04.jpg

(1)規約に同意し、(2)名前を記入し、(3)「送信してコードを取得」をクリックすると、検索窓のソースが取得できます。

あとは、そのコードをホームページのソースに貼り付けるだけです。

gadsearch05.jpg


Google AdSense のチャネルを利用した管理

Google AdSense のチャネルを利用すると、複数サイトで広告を出している時の管理に便利です。

ここでは掲載サイトのソースをさわらなくていいURLチェネルを設定してみます。

「AdSense設定」タブをクリックし、「チャネル」をクリックします。

そして、「URLチャネル」をクリックし、「新しいURLチャネルを追加」をクリックします。

googleadchanel01.jpg

広告掲載しているURLを入力し、「チャネルを追加」をクリックします。

googleadchanel02.jpg

下部に登録したURLの一覧が追加されますので、掲載サイトのURLチェネルを繰り返し入力します。

googleadchanel03.jpg

一覧表示されているURLチェネルをすべてチェックし、「アクション→選択したチャネルをアクティブにする」を選択します。

googleadchanel04.jpg

チャネルを管理するには、「レポート」タブをクリックし、「詳細レポート」をクリックします。

「チャネルデータ」を選択し、管理するURLチェネルをチャネルにチェックをします。

ここでは、その下の「すべて」をクリックし、すべてのチャネルを選択します。

最後に「レポートを表示」をクリックすると、レポートが表示されるはずです。

渡しの場合、まだ、始めたばかりでデータはないようですが・・・

googleadchanel05.jpg

 

<追伸>

チャネルを利用したレポートは、細かいカスタム設定やテンプレート設定はいらないですね。

レポートトップ画面で、下部のクイックレポートで十分です。

「今月、チャネルおよび日付別」をクリックしてみます。

gadchanel1.jpg

以下のように今月の日付別、チャネル別に一覧が表示されます。

gadchanel2.jpg


Google AdSense でのマルチパレット

Google AdSense でのマルチパレット機能というのは、定期的に広告のスタイルを自動的に切り替える機能です。

「パレット」のプルダウンメニューで「マルチパレットを使用」を選択します。

gadmltiparet1.jpg

パレットの選択画面が切り替わりますので、「Ctrlキー」を押しながら、採用するパレットを選択します。

左下のサンプルに表示されたように、選択されたパレットに定期的に切り替わる広告画面が設定できます。

gadmltiparet2.jpg

 


 BLOG TOP  »  NEXT PAGE