ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

農業農村工学会CPD会員登録


http://www.jsidre.or.jp/

にアクセスし、「CPD技術者継続教育機構」をクリックします。

nocpdadd01.png

以下の画面で、「CPD個人登録について」をクリックします。

nocpdadd02.png

以下の画面で、「WebシステムからのCPD新規個人登録は、こちらから。」の「こちらから」をクリックします。

nocpdadd03.png

「登録状況」は、会員でもCPD個人登録者でもないので、「どちらでもない」を選択し、
CPD個人登録をするので、「CPD個人登録を申込む」を選択し、開始年月を選択し、「入会・登録条件の確認」をクリックします。

nocpdadd04.png

以下の画面で、「入会・登録申込みへ」をクリックします。

nocpdadd05.png

そして、登録画面では、以下の情報を入力します。
 氏名
 ヨミガナ
 性別
 生年月日
 最終学歴(卒業学校名)
 学部・学科
 卒業年月日
 所属機関区分・・・会社員のため「民間」を選択
 所属機関名称・・・会社名を入力
 所属部課または学部学科名
 所属機関住所
 所属機関電話番号
 メールアドレス
 自宅住所
 自宅または携帯番号
 連絡先・・・「所属機関」か「自宅」か、農業農村工学会からの連絡および学会誌等の送付先を選択。

ない、請求先を一本化する場合、全員のCPD個人登録後、以下から団体登録します。

http://www.jsidre.or.jp/dantai/




スポンサーサイト

監理技術者資格者証インターネット申込み

監理技術者資格者証の更新は、インターネット申込みが簡単そうです。
まず、以下のサイトにアクセスします。

http://www.cezaidan.or.jp/

以下の画面で、「監理技術者資格者証インターネット申込み」をクリックします。
kanrigisinsei01.png

以下の画面で、「同意する」をクリックします。
kanrigisinsei02.png

以下の画面で、「申込みはこちらから」をクリックします。
kanrigisinsei03.png

今回は更新のみなので、以下の画面で、「更新申請」の「申込む」をクリックします。
kanrigisinsei04.png

以下の画面で、「交付番号」「有効期限」「生年月日」を入力して、「上記内容で既資格者証情報を表示する」をクリックすると、ほとんどの情報の入力の必要はありません。
kanrigisinsei05.png

私の場合、名前が数文字「?」になっていて、市町村統合で住所が少し変わったところがありました。
あとは、「メールアドレス」を2度入力して、申請を続けます。

CPDSウェブセミナー「デキスク」が一般向けに

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/knp/product/20150325/695792/?bpnet

「デキスパート」を所有していない会員などでも利用できるようになった。
価格は、1法人年間6万4800円(税込み)で何人でも受講できるとのこと。

 

http://www.kentem.jp/dekisuku/

 

 


建設業復興基金での監理技術者講習の申込み

CPDSユニット稼ぎに絶好の・・・やっと、やって来ました。

建設業復興基金での監理技術者講習の申込みを500円安いインターネットでヤってみました。

まず、以下のサイトにアクセスし、申込みページヘ進みます。

http://www.fcip-ko.jp/

kanrigikosyu01.png

以下の画面で「インターネットでお申し込みの方」をクリックします。

kanrigikosyu02.png

以下の画面で「企業申込」をクリックします。

kanrigikosyu03.png

以下の画面で、「同意する」をチェックし、「次へ」をクリックします。

kanrigikosyu04.png

以下の画面で、「メールアドレス」を入力し、「登録する」をチェックします。

kanrigikosyu05.png

以下のようなメールが届きますので、URLをクリックします。

kanrigikosyu06.png

アンケートに答え、「次へ」をクリックします。

kanrigikosyu07.png

「登録する」をクリックします。

kanrigikosyu08.png

以下の画面で、「ログイン」をクリックします。

kanrigikosyu09.png

「受講を申し込む」をクリックします。

kanrigikosyu10.png

日程をチェックし、「次へ」をクリックします。

kanrigikosyu11.png

イカンの画面で、「次へ」をクリックします。

kanrigikosyu12.png

以下の画面で、「決済手続きへ」をクリックします。

kanrigikosyu13.png

「コンビニ・銀行/ゆうちょ」を選択して、「確認画面へ」をクリックします。

kanrigikosyu14.png

以下の画面で、「確定」をクリックします。

kanrigikosyu15.png

以下の画面で、「決済URL」をクリックし、支払票を印刷し、支払います。

kanrigikosyu16.png

「必要書類の一括ダウンロード」の「ダウンロード」をクリックすると、必要書類がダウンロードされます。

kanrigikosyu17.png

以下の書類に指定サイズの写真を貼ります。

kanrigikosyu18.png

以下の用紙で封筒を作成し、書類を郵送します。

kanrigikosyu19.png

 

 


CPDSクロソイドWEBセミナー受講

CPDSクロソイドWEBセミナーを申込み、受講料を送金したら、翌日、以下のようなメールがきました。

記載されているURLをクリックすると、セミナーのログイン画面が表示されます。

clothoid01.png

メールに記載されている「ID」を「CPDS No(ログインID)」に記入し、「PASS」を「パスワード」に記入し、「ログイン」をクリックします。

clothoid02.png

以下の画面で「動画を見る」をクリックし、受講したい「受講カリキュラム」をクリックします。

clothoid03.png

以下の画面で「キ(再生ボタン)」をクリックすると、動画の再生を開始します。

再生時間が右下に表示されますので、目安にしてください。

clothoid04.png

 

受講証明書を印刷するまでの手順は以下のようになります。

(1)動画が終了してから、動画下の「問題」ボタンをクリックし、問題用紙を印刷します。
(2)問題解答後、動画下の「解答」ボタンをクリックし、解答用紙を印刷した後、答え合わせをします。0点でも受講証明書は発行されるようです。
(3)答え合わせが終わったら、動画下の「受講証明」ボタンをクリックし、受講証明書発行画面に移動します。

clothoid05.png


(4)受講証明書の記載内容に誤りがないことを確認してください。(この際、必ず受講時間の「総合」の項目が30分以上になっていることを確認してください。30分未満ですと、一般社団法人全国土木施工管理技士会連合会の定める1ユニットあたりの受講時間に満たず、ユニットが認められません)
(5)右下の「印刷」ボタンをクリックし、受講証明書を印刷します。右下に印刷ボタンなんか表示されなかったんで、ブラウザの印刷を使って印刷したけど・・・・いいのかな?

(P.S.)サポートにメールしたところ、ブラウザからの印刷で大丈夫とのことです。

clothoid06.png


(6)印刷した受講証明書をもって、各自でユニットの申請をします。

(注)動画視聴中は、ページを移動しないようにしてください。受講時間がリセットされることがあります。

(注)早送り等の操作をすると受講時間が30分に満たずユニットが認められないことがあります。

 

 


CPDSクロソイドWEBセミナー申込み

CPDSクロソイドWEBセミナーに申し込んでみました。

http://clothoid.info/

サイトに「会員登録申請用紙ダウンロード」というのがあり、PDFをダウンロードできるのですが、FAXなのかメールなのか、申請方法がわからなかったので、お問い合わせ先メールアドレスにメールしたら、申請用紙がワードファイルで送られてきました。

そして、「ご案内.pdf」に、FAX番号とメールアドレスが記載されており、申請はどちらでもいいようです。

clothoid01.png

「Webセミナー(CPDS)規則.pdf」というのが添付されていて、そこには、ホームページの案内の「受講期間 登録完了後1年間」とは違い、「この度お申し込みいただいたセミナーの受講期限は平性27年3月31日までとなります。」と書かれてあった。。。泣。

clothoid02.png

4月まで待つわけにもいかず、申込書を記入し、FAXした。

すると、数分後には「振込手続き依頼書」がメールで送られてきた。

支払期限は1週間後、もう少し猶予が欲しいところですが、経理に頼み込み、ギリギリOK。

 

 

 


CPDSクロソイドWEBセミナー

わりと安いCPDSウェブセミナーが見つかりました。

http://clothoid.info/

 

受講料 年間3800円(税込)/人

ユニット数 6ユニット

受講期間 登録完了後1年間

 

 


利用人数無制限のCPDSウェブセミナー「デキスク」

「デキスク」とは、利用人数無制限のCPDSウェブセミナーです。

税込み 32,400円で1年間、6ユニットまで、受講することが可能です。

以下から申し込めます。

http://www.kentem.jp/dekisuku/

 

受講者が多いとお得ですね。

 

無料の「Webラーニングプラザ 技術者 eラーニング」

格安の「ワイズWEBセミナー」に次ぐ、注目用品です。

 

 


建設業で本当にあった心温まる物語

以下のPDFに厳選の5話が掲載されています。

http://www.hata-web.com/syoseki/images/book_sample.pdf

「父が残る場所」

私の父は左官屋でした。子供のころは、父が職人であることを恥ずかしく思った時期もありました。ただ、なんとなくそう思っていました。近所に出かけても、市外に出かけても父は必ず「この家の壁はお父さんが塗ったんだ」とか「ここの玄関のタイルはお父さんが貼ったんだぞ」と得意気に言っていました。その頃は「ふーん」とあまり気に留めていませんでした。しかし自分が働くようになり気のついたことがありました。それは自分のしてきた仕事が形になって残るということです。そんな職種はほかにはあまりありません。何年、何十年たっても変わらず自分が手がけたものがそこに2 あるのです。うらやましい限りです。そんな左官屋の父も、もういません。しかし実家に帰ると父が自分でデザインし貼ったタイル張りのお風呂が待っています。父の自信作のお風呂場はいない父を感じられる場所でもあります。そんな場所があるということは、職人の家族の特権だと自負しています。

 

http://www.hata-web.com/syoseki/index.html#s-12

 

 


ワイズWEBセミナーの受講

有料ですが格安のCPDS認定「ワイズWEBセミナー」を受講してみました。
http://www.wise.co.jp/webseminar/
にアクセスし、手順に従って受講申し込みをして、支払いが確認されると、以下のようなメールが送られてきます。
指示されたログインページにアクセスし、「ログインID」と「ログインPW」でログインします。

wise00.png
 
以下の画面で必要事項を入力し、「登録」をクリックします。

wise01.png
 
 
以下のような画面で動画視聴と確認問題を繰り返す形式でウェブセミナーが進行されます。
注意が必要なのは、右上の受講時間です。セミナーが終了しても、受講時間が指示された時間を超えなければ、受講証明書は印刷できません。また、受講証明書を印刷しないまま、ブラウザのバツマークで中途で終わらせししまうと、全てがやり直しになってしまいます。

wise02.png
 
すべてのセミナーが終了したら、以下の画面で「コースの最終ページへ」をクリックします。

wise03.PNG
 
以下の画面で「受講証明書を印刷する」をクリックします。

wise04.png
 
 
右上の受講時間が指示された時間を超えているのを確認し(1)、「受講時間が150分を超えているので、受講証明書を印刷する」をクリックします。

wise05.PNG
 
受講時間が指示された時間を超えていない場合は、以下のような画面が表示され印刷できません。

wise06.png
 
以下が受講証明書です。CPDS学習プログラム・学習履歴の申請でこれを添付し申請します。

wise07.png
 


 BLOG TOP  »  NEXT PAGE