ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

ExcelでAmazonWebサービスを使う ・・・Sort

AmazonWebサービスを使うとき検索結果に「Sort」を反映させようと試みたのですが、

 

price:価格の安い順番
-price:価格の高い順番
salesrank:売れている順番

 

のような一般的なソートオプションを使っても、全然返ってきません。

 

http://www.cagylogic.com/archives/2009/08/27000000.php

 

によると、カテゴリー別にできる「Sort」がまちまちなので、

すべてのカテゴリーに対応させるには、相当面倒なロジックを組まないといけないようです。

 

EXCEL上でソートした方が無難のようです。

 

 


スポンサーサイト

ExcelでAmazonWebサービスを使う

ExcelのVBAでAmazonWebサービスを使う方法を調べてみました。

以下のサイトのサンプルが役に立ちました。

DLLファイルが必要なのが気になるのですが、余裕ができたら、DLL部をVBAで作ろうかなと思ってます。

 

http://www2u.biglobe.ne.jp/~MAS/hoka/excelamazon.html

 

ただし、ISBNを入力してAmazon.co.jpから情報を取得するものなので、

キーワードからの検索に改造するには結構苦労しました。

日本語のキーワードの取り扱いには、ちょっと追加が必要です。

 

以下の関数を追加し、キーワードの文字列を変換するとうまくいきました。

 

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4511/vb/sample/ue_utf8.txt

 

取得した情報はXMLなのですが、そのデータ構造に関しては、以下のサイトが役に立ちました。

 

http://www.ajaxtower.jp/ecs/responsegroup/

 

本屋さんでも関連書籍を探してみたのですが、情報が古かったり、肝心な情報がなかったりと、

金を払う程の本はありませんでした。

上記サイトで必要な情報をさぐり、ググって、日本語の解説文をさがすっていう手で進めました。

「amazon api タグ名」ってな検索をすると、結構、ひっかかってくるものです。

 

 

 


Amazon Web サービスに登録

https://www.amazon.co.jp/gp/redirect.html/ref=amb_link_17634006_3/377-9650441-1859655?location=https://aws-portal.amazon.com/gp/aws/developer/registration/index.html&token=44658695A979E38DF758108C1B9D591E9BA586ED&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-2&pf_rd_r=022WVSMHM2ZZ90XNVQJ7&pf_rd_t=1401&pf_rd_p=41792549&pf_rd_i=451209

にアクセスします。

 

メールアドレスを入力して、「Sign in using our secure server」をクリックします。

amazonapiadd1.JPG

 

名前、メールアドレス、パスワードを入力して、「Create account」をクリックします。

amazonapiadd2.JPG

 

以下のようなメールがきますので、指示されたURLにアクセスします。

amazonapipwd3.jpg

 

以下の画面で「Secret Access Key」の下の「Show」をクリックするとKeyが表示されます。

Amazon Webサービスを使うためには、

(1)Access Key ID

(2)Secret Access Key

が必要になります。

amazonapipwd4.jpg


 BLOG TOP