ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

パソコンの画面を使って視力検査ができるサイト


http://about-eye.com/landolt-ring/#i


スポンサーサイト

JR九州ネット予約の際の支払い

JR九州ネット予約の際の支払いがコンビニでもできるようになったと喜んでいたのですが、肝心のセブンイレブンは対象外のようです。
「みどりの窓口」でも支払いができるということだったので、近所の駅でもできるか調べてみました。

http://train.yoyaku.jrkyushu.co.jp/jr/pc/consumer/TopMenu.do

jrkyusyunetpay01.png

「ネット予約」トップページの「きっぷのお受け取り」をクリックします。

jrkyusyunetpay02.png

以下の画面で、「受取駅を検索する」をクリックします。

jrkyusyunetpay03.png

「熊本県内」の「鹿児島本線」で検索したら、こんなにありました。
ほぼ、有人駅には「みどりの窓口」はあるようです。。。ほっ。
いやっ、「川尻駅」がない。。。。格下げかぁ。。。。(泣)

jrkyusyunetpay04.png


JR九州ネット予約のためのユーザー登録


格安のJR九州ネット予約もコンビニ払いや窓口払いもできるようになったということで、会員登録してみました。
JR九州列車予約サービスのトップページへ行き、「新規会員登録」をクリックします。

http://train.yoyaku.jrkyushu.co.jp/jr/pc/consumer/TopMenu.do


jrkyusyunetuseradd01.png

以下の画面で、「会員規約及び上記の内容を確認しました」にチェックを入れ、「会員登録する」をクリックします。

jrkyusyunetuseradd02.png

以下の画面で、連絡用のメールアドレスを入力し、「送信」をクリックします。
従来の携帯メールの場合は、「このアドレスは、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)用です。」にチェックを入れておきます。

jrkyusyunetuseradd03.png

以下のようなメールが来ますので、端末の種類により、どちらかのアドレスをクリックして下さい。

jrkyusyunetuseradd04.png

以下の画面で、個人情報を入力し、「確認画面へ」をクリックします。
「JR九州ジパング倶楽部会員」「Ponta会員」に関しては、入力しなくてもOKです。

jrkyusyunetuseradd05.png

入力内容が表示されますので、間違いなければ、下の方の「登録する」をクリックします。

jrkyusyunetuseradd06.png

以下の画面が表示され、登録完了のメールが送られてきます。
クレジットカードの登録をしなくても、ネット予約できるようになります。

jrkyusyunetuseradd07.png


OneDriveビジネスの設定方法

OneDriveビジネスは、クラウド上に1TBの保存領域が利用でき、OneDriveアプリをインストールすることにより、ローカルファイルと同期し、バックアップとしても、複数パソコンでの作業でも効果を発揮します。

<設定方法>

Office365のトップ画面で「OneDrive」をクリックします。

onedrivebz01.png

以下の画面で「OneDriveアプリの入手」をクリックします。

onedrivebz02.png

ダウンロードした「OneDriveSetup.exe」を実行します。

onedrivebz03.png

インストールを開始します。

onedrivebz04.png

以下の画面で「メールアドレス」にOffice365アカウントを入力します。

onedrivebz05.png

以下の画面で「パスワード」を入力し、「サインイン」をクリックします。

onedrivebz06.png

以下の画面でOneDriveのクラウドデータと同期するフォルダを変更したい場合、「場所の変更」をクリックします。
「次へ」をクリックします。

onedrivebz07.png

既にOneDriveデータがクラウド上にある場合、以下の画面で同期するファイルやフォルダを選択できます。選択したら、「次へ」をクリックします。

onedrivebz08.png

以下の画面で、「OneDrive – XXXXX フォルダを開く」をクリックすると、OneDriveのローカルフォルダが開きます。ここに保存したファイルは、基本的にクラウドデータと同期し、バックアップしたり、複数のパソコンで作業しても、同期状態を保ちます。

onedrivebz09.png

通常、OneDriveフォルダを開く場合は、タスクバーの「青い雲のアイコン」(以後、OneDriveアイコン)を右クリックして、「OneDrive – XXXX フォルダを開く」をクリックします。

onedrivebz10.png

同期フォルダを再設定する場合、OneDriveアイコンを右クリックし、「設定」をクリックします。

onedrivebz11.png

「アカウント」タブを選択し、同期設定の「フォルダーの選択」をクリックします。

onedrivebz12.png



セブンイレブンのスキャナー利用

セブンイレブンのスキャナー利用を考えると、ユーザー登録やメディアなどが不要なスマホアプリ「マルチコピー」を使うのが一番かなと思いますが、以下の説明を見るとドキュワークス形式でしか保存しないような画面になってる。。。。(泣)

https://www.fujixerox.co.jp/solution/multicopy/application/application_multicopy_ios-scan.html

scan_13.png

しかし、以下の記事ではJPEGファイルに保存できてる。
一度、確認の必要ありかな。

http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/blog-entry-558.html

scan_14.jpg


お年玉年賀はがき当選番号チェック

とうとう、大当たり お年玉年賀状&夏のおたより 当選番号チェックサイトがなくなった。。。泣。

使えるサービスは、「お年玉年賀はがき当選番号チェック」くらいかな。
ちょっと、使いにくいけど・・・

http://www.ne.jp/asahi/jin-sato/home/otoshidama/Otoshida01.html

P.S.さっそく便利なやつ探しました。
以下のサイトで同じように2桁入力したらチェックしてくれるEXCELが公開されていました。
それにEXCELなので、当選番号も自分でメンテナンスでき、来年以降も使用できます。

http://www.td-sys.com/2016/01/post-81.html

以下の「C」の部分に、下2桁の番号を入れていくだけです。
20枚までチェックできます。

NENGA.png



Office365の「多要素認証」

クラウドサービスを工事現場でもと勧めるのですが、パスワード認証だけでは頼りないということ。
そこで、Office365の「多要素認証」を試してみました。

「多要素認証」の設定は、管理画面より「ユーザーの編集」をクリックし、設定するユーザーを選択します。

office365tayosoninsyo01.png

下の方の「Multi-Factor Authenticationの管理」をクリックします。

office365tayosoninsyo02.png

設定するユーザーをcジェックシ、「有効にする」をクリックします。

office365tayosoninsyo03_201610171407561f9.png

以下の画面で、「multi-factor auth を有効にする」をクリックします。
これで、「多要素認証」の設定終了です。

office365tayosoninsyo04.png

設定したユーザーでログインすると、以下の画面が表示されますので、「今すぐセットアップ」をクリックします。

office365tayosoninsyo05.png

以下の画面で「認証用電話」を選び、国で「日本」を選びます。
その横の電話番号では、頭の「0」を抜いた番号を入力します。
「テキストメッセージでコードを送信する」を選ぶと、ショートメールで認証番号が送られてきて、それを入力すると認証できます。
「電話する」を選択すると、電話がかかってきて、指示されキーを押すと認証できます。

office365tayosoninsyo06.png



「Googleフォト」で写真の位置情報を確認

「Googleフォト」で写真の位置情報を確認することができます。

まず、「Googleフォト」にログインします。

googlephotomap01.png

そして、位置情報の付加された画像ファイルをドラッグ&ドロップします。

googlephotomap02.png

アップロードが終了し、その画像をクリックし、「!」をクリックすると、右側に位置情報が表示されます。
地図をクリックするとGoogleマップが表示され、ルート検索等ができます。

googlephotomap03.png


Azure Backup のウェブ管理画面で確認できること

Azure Backup の運用を開始したのですが、ウェブ管理画面でできることはあんまりありません。
順に画面を確認していきます。

以下にアクセスし、ログインすると、以下の画面が表示されますので、「契約ID」をクリックします。

https://manage.windowsazure.com/

azurewebmg01.png

以下の画面で、「ダッシュボード」をクリックします。

azurewebmg02.png

以下の画面が表示され、バックアップしているサーバー数とバックアップ容量がわかります。
そして、「クレジットの状態」をクリックすると、現在使える金額が表示されます。

azurewebmg03.png

以下がクレジットの状態を表示させた画面です。

azurewebmg04.png

OneDrive for Business の容量を確認する方法

どうしても、OneDrive for Business の容量を確認するメニューが見つからないと思ったら、
さすが、デスクトップメーカー。。。驚。
ウェブ画面上にはなく、デスクトップからしか確認できなかった。

https://goo.gl/b7JKNF

デスクトップ右下の「雲マーク」を右クリックし、「ストレージの管理」をクリックします。

onedrivebizsg01.png

すると、以下のように全体容量と空き容量が確認できます。
ドキュメントの下の各フォルダをクリックしていくと、各フォルダのサイズも確認できます。

onedrivebizsg02.png


 BLOG TOP  »  NEXT PAGE