ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

SketchUp [モデルと交差] ツール

[モデルと交差] ツールは、2 つの要素 (ボックスやチューブなど) を交差させることによって、それらの要素が交差するところに新しいエッジや面を自動的に作成できます。

 

使用例として、2 つの異なるジオメトリ (ボックスとチューブなど) を作成します。

sketchup-kosa1.jpg

 

[選択] ツールをクリックし、チューブをトリプルクリックして、チューブのすべてのエンティティを選択します。

sketchup-kosa2.jpg

 

[移動] ツールをクリックし、チューブを動かして、目的どおりにチューブとボックスを交差させます。

sketchup-kosa3.jpg

 

選択された状態のチューブを右クリック し、コンテキスト メニューの [交差]→[モデルと交差] をクリックします。

このツールによって、チューブとボックスが交差するところにエッジが作成されます。

sketchup-kosa4.jpg

 

[選択] ツールをクリックし、不要なエンティティを削除していくと、チューブでくり貫いた形状が現れます。

以下の図では形状がわかりやすいように、ビューの方向を変えています。

sketchup-kosa5.jpg

 


スポンサーサイト

SketchUp 基本的なツールバーの説明

Sketchupmenu01.jpg [選択] ツール

他のツールやコマンドを使用しているときに、変更するエンティティを選択します。

 

Sketchupmenu02.jpg [線] ツール

エッジまたは線エンティティを描画します。


 

Sketchupmenu03.jpg [長方形] ツール

長方形の面エンティティを描きます。

 

Sketchupmenu04.jpg [円] ツール

円エンティティを描きます。

 

Sketchupmenu05.jpg [円弧] ツール

円弧エンティティを描きます。

 

Sketchupmenu06.jpg [コンポーネント作成] ツール

複数のモデル内に配置できる再利用可能なモデルを作成できます。

 

Sketchupmenu07.jpg [消しゴム] ツール

エンティティを消去します。

 

Sketchupmenu08.jpg [メジャー] ツール

距離を測定したり、構築線や構築点を作成することができます。また、モデルを拡大/縮小することもできます。

 

Sketchupmenu09.jpg [ペイント] ツール

マテリアルや色をエンティティに割り当てます。

 

Sketchupmenu10.jpg [プッシュ/プル] ツール

面エンティティを押したり引っ張ったりして、3D モデルの体積を増減します。

 

Sketchupmenu11.jpg [移動] ツール

エンティティを移動、伸縮、コピーします。

 

Sketchupmenu12.jpg [回転] ツール

エンティティを円周上のパスに沿って回転、伸縮、コピーできます。

 

Sketchupmenu13.jpg [オフセット] ツール

元の線から一定の距離のところに線のコピーを作成します。

 

Sketchupmenu14.jpg [オービット] ツール

モデルを中心にしてカメラを回転します。

 

Sketchupmenu15.jpg [パン表示] ツール

カメラ (視野) を垂直または水平に移動します。

 

Sketchupmenu16.jpg [ズーム] ツール

カメラ (視野) を内側または外側に移動します。

 

Sketchupmenu17.jpg [全体表示] ツール

[全体表示] ツールを使用すると、モデル全体が画面内に収まり、かつ描画ウィンドウの中央に配置されるようにビューをズームできます。

 

Sketchupmenu18.jpg [現在のビューを取得] ボタン

[現在のビューを取得] ボタンを使用すると、Google Earth に現在表示されているビューの 2D スナップショットや 3D スナップショットをキャプチャできます。

 

Sketchupmenu19.jpg [地形の切り替え] ボタン

[地形の切り替え] ボタンを使用すると、Google Earth のスナップショット イメージを 2D と 3D の間で切り替えることができます。

 

Sketchupmenu20.jpg [モデルを配置] ボタン

[モデルを配置] ボタンを使用すると、作成した SketchUp モデルを Google Earth に配置できます。

 

Sketchupmenu21.jpg [モデルを取得] ボタン

[モデルを取得] ボタンを使用すると、3D ギャラリーからモデルをダウンロードできます。


 

Sketchupmenu22.jpg [モデルを共有] ボタン

[モデルを共有] ボタンを使用すると、モデルを 3D ギャラリーにアップロードできます。

 


 

<参考>

http://ja.download.sketchup.com/OnlineDoc/gsu6_win/gsuwin.html


SketchUp で階段を描く

SketchUp で階段を描いてみます。

 

[長方形] ツール で階段の引き出し断面を描きます。

sketchup-kaidan1.jpg

 

[プッシュ/プル] ツール で描いた断面を引き出します。

sketchup-kaidan2.jpg

 

階段の側断面を書きます。

sketchup-kaidan3.jpg

 

[プッシュ/プル] ツール で描いた断面を押し込みます。

sketchup-kaidan4.jpg

 

反対断面まで押し込むと、階段の出来上がりです。

sketchup-kaidan5.jpg

 


Google SketchUp の人は約180センチ

Google SketchUp の起動時に表示される人は寸法の目安のためと思うんですけど、

いったい身長何センチの人なんだろうと思い調べてみました。

線ツールで始点を原点とし、人の頭までドラッグし、そのまま青い軸に近づけたら、

「点から軸方向」と表示されたところで長さを確認しました。

約180センチのようです。

誤差は、髪の毛のオブジェクトが複雑で、認識した点によりずれるようです。

sketchup-hito.jpg

 


Google SketchUp の単位がテンプレート変更

Google SketchUp で数値入力すると、どうもおかしいなと思っていたら、単位がインチでした。

sketchup-mm1.jpg

 

メニューより「ウィンドウ→環境設定」を選択し、

sketchup-mm2.jpg

 

以下の画面で「テンプレート」を確認したら「インチ(木工加工)-3D」になっていました。

これを「メートル(ミリメートル-3D)に変更することにより、入力数値の単位もミリメートルになりました。

sketchup-mm3.jpg

 

SketchUp を起動しなおすと、以下の画面のようにL定規から人に変わっていました。

sketchup-mm4.jpg

 

 


ビデオチュートリアルによる「SketchUp」の勉強

http://www.sketchupjapan.com/video.php

 

 


SketchUp (r)を楽しむ

「SketchUp (r)を楽しむ」

http://blog.goo.ne.jp/fkeebie

というブログでわかりやすく「SketchUp 」の使い方が説明してありました。

ただし、ソフトは英語版の「SketchUp 」での記事です。

でも、記事は段階的でわかりやすいです。

 

以下のサイトに記事の一覧もありましたので、興味のある記事から読めます。

http://www.fiberbit.net/user/mo7d964/list_1.htm

 

 


「Google SketchUp」でお家の基本形

はじめての「Google SketchUp」でお家の基本形を作ってみます。

 

まず、「長方形」ツールで床を描きます。

Sketchup-oie1.jpg

 

原点をクリックし、対角点を指定すると長方形が作成されます。

直接数値を入力しても作成されます。

たとえば「20,20」と入力し、リターンキーを押せば、20×20の正方形が作成されます。

Sketchup-oie2.jpg

 

「プッシュ/プル」ツールで床を選択し、上にドラッグすると立方体が作成されます。

直接数値を入力しても作成されます。

たとえば「-20」と入力し、リターンキーを押せば、高さ20の立方体が作成されます。

Sketchup-oie3.jpg

 

「線」ツールで屋根の天端にあたる部分を選択します。

真ん中あたりで中点と表示されたときクリックすると真ん中です。

Sketchup-oie4.jpg

 

もう片方の中点を選択すると屋根の天端の線が作成されます。

Sketchup-oie5.jpg

 

「移動/コピー」ツールで屋根の天端の線を選択します。

Sketchup-oie6.jpg

 

上のほうにドラッグすると屋根らしくなります。

Sketchup-oie7.jpg

 

なんじゃこりゃって感じなんですけど、達人に言わせると、この組み合わせで、ほとんどの図形を作っていくそうです。

 

 


フリーの3D モデリング ソフト「Google SketchUp」

Googleからフリーの3D モデリング ソフト「Google SketchUp」が公開されているようです。

以下のサイトからダウンロードできます。

 

http://sketchup.google.co.jp/

 

CADデータからのコンバート機能もあるようなので、プレゼンテーション用途などであれば利用できそうです。

 

ただ、現在、Windows Vistaではダウンロードできないようです。

ダウンロード画面が真っ白になります。

以下のコメントにより解決しました。

お名前はわかりませんが、ありがとうございました。

「日本語(自動選択)」までは試してたんですが・・・

メニューの「ページ→エンコード→Unicode(UTF-8)」を選択することにより、表示できるようになりました。

ただ、対象OSが「Windows 2000/XP」となっているのが気になりますが・・・・

Sketchup-down.jpg

 

 

 


 BLOG TOP