ぴーあーる

プロフィール

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去のログ

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

RSSフィード

ドコモのSPメール設定がパソコンでできる

今は、ドコモのSPメール設定がパソコンでできるようになったようです。
まず、以下のサイトにログインします。

https://www.mydocomo.com/

以下の画面で「My docomo」をクリックします。

spmail01.png

以下の画面で「SPモードの設定・確認」をクリックします。

spmail02.png

私は細かく設定しているので、以下の画面で「メール設定」の「各種設定・確認」をクリックします。

spmail03.png

受信できるアドレスを指定するので、以下の画面で「迷惑メール対策設定」の「指定受信/拒否設定」の「確認/変更」をクリックします。

spmail04.png

以下の画面で「受信するメールの登録」で「確認/変更」をクリックします。

spmail05.png

以下の画面で受信するメールアドレスやアドレスの一部を入力し、「確認」をクリックします。

spmail06.png

以下の画面で「登録」をクリックしたら、受信メール指定の完了です。
パソコンでできるようになって助かりました。

spmail07.png

スポンサーサイト

Amazonで詐欺出品が多発

Amazonで詐欺出品が多発しているようです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000099-it_nlab-sci

マーケットプライスに出店しているところが、乗っ取られているようで、「これは安い!」と思っても、冷静に検討したほうが良さそうです。
しばらくは、マーケットプライスではないもの、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と記述されているものだけに絞って買い物していたほうが無難のようです。
以下のように、記述してあるものを選びましょう。

amazon-sagi1.png

以下のように、Amazon.co.jp が販売、発送していないもので、極端に価格が安いものは危険です。

amazon-sagi3.png

どうしても、マーケットプライスのものを買いたい場合、レビューの日付を確認してみましょう。
詐欺出品は、異常に日付が古いそうです。





「このワークステーションとプライマリ ドメインとの信頼関係に失敗しました」と表示されサーバーにアクセスできない

「このワークステーションとプライマリ ドメインとの信頼関係に失敗しました」と表示されサーバーにアクセスできなくなったが、
以下の記事のように、サーバーをドメインに参加させ直したら、アクセスできるようになった。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2771040/-the-trust-relationship-between-this-workstation-and-the-primary-domain-failed-error-when-you-log-on-to-a-computer-that-is-running-windows-7

domesinrai.png



ネットワーク共有フォルダの古いユーザ名とパスワードをローカルにキャッシュ

Windows強制終了やネットワーク接続箇所の移動の後に、突然、
「~にアクセスできません。このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。アクセス許可があるかどうかこのサーバの管理者に問い合わせてください。ユーザ名が見つかりません。」と出て、アクセス出来なくなることがあります。

sharechasyu01.png

これは、ネットワーク共有フォルダの古いユーザ名とパスワードをローカルにキャッシュしてしまっていることが原因とのこと。
解決するには、コントロールパネルを開き、[ユーザー アカウント]をクリックします。

sharechasyu02.png

以下の画面で、 [資格情報マネージャー]をクリックします。

sharechasyu03.png

ネットワーク共有フォルダのパス名と同じサイトの情報を選択し、[資格情報コンテナーから削除]をクリックします。

sharechasyu04.png

これで、復旧すると思います。

<参考記事>

https://itneko.blogspot.jp/2016/01/windows.html



DELLサーバーでWindows版BIOSアップデートができない場合

リモート環境にあるDELLサーバーのBIOSをアップデートしたいのですが、
Windows版BIOSアップデートがどうしてもできない。。。(泣)

サポートに連絡したら、iDRACでできるかもしれないと言われた。
ただ、iDRACの初期設定は、ローカルでしないといけない。
設定は以下の方法でできるが、次回からはサーバー構築の際は必修ですね。
とくにリモート環境では・・・

http://www.dell.com/support/article/us/en/4/SLN298109/JA

BIOSアップデートは、iDRACのアクセスし、「概要→iDRAC設定→アップデートおよびロールバック」を選択し、BIOSアップデートのEXEファイルをアップロードし、実行したらアップデートできました。

iDRAC-update01.png

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE